とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

昨日、「おすすめがいるからおいで」という連絡で伺ったお店で、
ガーデンツリーボアに出会いました。

それまでも、黄色や褐色のガーデンツリーボアは見たことがありましたが、
今回7匹の入荷の中で圧倒的に光る個体がいました。

斑紋があやふやな個体たちの中で、
網目をかぶせたようなくっきりとした美しい斑紋のガーデンツリーボアに出会ったのです。 

これほど美しいガーデンツリーボアは見たことがありませんでしたので、
連れて帰ることにしました。

正面像です
ガーデンツリーボア、正面像です

後姿です
ガーデンツリーボア、後姿です
 
ガーデンツリーボアは斑紋、色の多様性から海外ではコレクションとして買い求められる、
とても人気のあるヘビらしいです。

また、後から調べたところ、この色彩はマグダレナ産に多く、
希少な存在だそうです。 

今まで目にしてきたどのヘビよりもワイルドな雰囲気の個体でした。  

アルビノのサルバトールモニターの右目が白内障になったようです。
アルビノのサルバトールモニターの右目が白内障になったようです
瞳孔のところが白くくすんでいるのがおわかりいただけるかと思います。

左目の方は問題なさそうです
アルビノのサルバトールモニター、左目の方は問題なさそうです
が、いずれ両目とも白内障が進行し失明するかもしれません
 
アルビノ姫への愛おしさは日々只々深まるばかりです
アルビノサルバトールモニターへの愛情は深まるばかりです
 

昨日、コメント欄で「よんね」さんから、
ブラッドパイソンの記事のリクエストを戴きました。
ありがとうございます!

嬉々として撮影した写真をご紹介させていただこうと思います。

マラヤンブラッドパイソンです
2015年6月のマラヤンブラッドパイソンです
 
2014年10月頃のマラヤンブラッドパイソンです 
マラヤンブラッドパイソンベビー、全体像です
既に結構大きいです。

嫌そうにしていますが、計れました
2015年6月、マラヤンブラッドパイソンの体重測定です
 
スマトラブラッドパイソンです
2015年6月のスマトラブラッドパイソンです
すっかり大きくなりました。

意外とマラヤンブラッドパイソンと同じくらいのサイズです
2015年6月、スマトラブラッドパイソンの体重測定です

2014年9月頃です 
 スマトラブラッドパイソン、イケメンです
成長したスマトラブラッドパイソンは曖昧な茶色が消え黒面積が増えてなかなか男前です。

mini_IMG_7910
 こうしてみると、やはりほぼ同じサイズですね。

今回迎えたのは、
昨年迎えたコーンスネーク「バブルガム」ペアのブリーダーさんのところから来た、
「バブルガム」メスです。

偶然同時に「レムケライン」も扱っていたようで、
そちらの方にばかり注目が行ってしまったようですが、
店長さんが「毎年ここからしかバブルガムは仕入れません」と言い切る
国内有名ブリーダーさんです。

遺伝子プールという観点からは他の系統の生体のDNAも入れたいのですが、 
せっかく綺麗に発色する系統ならば多少の近親交配もやむを得ないでしょう。

ピョコ
コーンスネーク「バブルガム」メス、ピョコ

ピュルル
コーンスネーク「バブルガム」メス、ピュルル

ピュッ
コーンスネーク「バブルガム」メス、ピュッ

この撮影中、常に尾は「ジャー」と威嚇音を発していました。
これはコーンスネーク「バブルガム」メスのお家芸ですかね。

昨年、2014年12月に迎えた「バブルガム」のメスです  
コーンスネーク「バブルガム」メス
 
上記のメスが2015年5月にはこのような感じになりました。
2015年5月18日のコーンスネーク「バブルガム」のメスです

今後が楽しみです。

昨日から何となく調子が悪いように見えるサルバトールモニターなのですが、
餌を夢中で食べたりするあたり、飼い主の思い過ごしなのか・・・などと考えています。
明日の様子を見て、明後日の診察を受けるかどうかを決めようと思います。

今日は元々お取り置きしてあったコーンスネーク「バブルガム」のメスを受け取りに、
ショップへ向かいました。
去年購入したバブルガムのブリーダーさんから同じく入荷したとのことです。

そこで、特別目を惹いた生体がいました。
スポッテッドパイソンのグラニットです。

今までスポッテッドパイソン自体は見る機会がありましたが、
「グラニット」タイプは初めてでした。

小柄なパイソンですが、オーストラリア原産で繁殖生体のみが出回るため、
日本に輸入される数はさほど多くないようです。

「グラニット」 は元々御影石を意味します。
この生体は「グラニット」パターンとのインヴォイスで、、
生体の背側を中心に小さなスポットが広がっています。
スポッテッドパイソン、背側の模様です
繊細な模様が実に美しいと思いました。

顔つきはとても上品です。
スポッテッドパイソン、顔つきは上品です

ノーマルのサルバトールモニターに今一つ活気がありません。

やたら暖かいところに行きたがり、
やや傾眠がちで、
ケージの前面ガラスをひっかいて外に出ようとする動きが見られません。

餌は食べましたが、今日の排泄物の量はいつもに比して少ないような気がしました。

この様子が続くようなら、今週木曜にモルカンパイソンの再診が控えているので
そこで診てもらうようにします。

心配です。
サルバトールモニターの具合が悪そうです

以前からいる、セントラルパイソンを迎えてから約7か月が経過しました。

2014年11月2日
セントラルパイソン、顔です
赤くなるよ!!と言われて迎えた生体です。
ここから赤くなっていくのか・・・!と胸が躍りました。

2015年2月15日
(あんまり赤くならないなあ)と思いつつ半年弱が経過したところです。
 2015年2月25日、セントラルパイソンです

2015年6月8日現在
フゴフゴ噴気音をあげていました。
寝込みを襲われたからかもしれません。
 
が、色は明らかに変化し始めました。 
 2015年6月8日、セントラルパイソンです
(プラスチックケースの蓋を開けたら猛然とダッシュしそうでしたので、
プラスチックケースをひっくり返して写真を撮りました。)
頭部の色が抜けてきています。

赤銅色に近い色に少しずつ成長してきているのかもしれません。
今後に期待です。 

なかなか、ケージのイメージと一致する枝はないものですが、
今回は偶然素晴らしい枝を見つけました。

樹上性のグリーンパイソンやエメラルドツリーボアが喜びそうな形です。

グリーンパイソンの縦90cmケージでは少し枝の高さが足りないので、
エメラルドツリーボアのケージに入れてみました。

当然憤怒です
エメラルドツリーボアのケージに新しい枝を導入しました

だいぶ落ち着いてきたところです。
木のY字になっているところを利用していて、非常に見栄えします。
エメラルドツリーボア、非常に見栄えします

かつてこんなにエメラルドツリーボアの横顔が恰好よく見えたことはありませんでした。
エメラルドツリーボアの横顔が恰好いいです

今日のグリーンパイソン、ブルーコンドロです。
2015年6月7日のグリーンパイソン、ブルーコンドロです
 
以前はエメラルドツリーボアとグリーンパイソンで比較した時に、
エメラルドツリーボアの方が風格がある気がしていました。

が、グリーンパイソンはそれぞれの個体の個性溢れる模様があり、
それを愛でるというエメラルドツリーボアとは全く違った魅力に溢れていることに
ようやく気づきました。 

今家のグリーンパイソンメンバーには、先日迎えたばかりのビアク産ベビー、
1年弱前に迎えたデザイナーズグリーンパイソン、
これも先日迎えたばかりのブルーコンドロのグリーンパイソンがいます。

このうち、ビアク産ベビーは輸入業者さんに元々ストックされていた個体で、
ショップに取り寄せ依頼してからたった1日で家にやってきたのですが、
事前情報は「ファジーマウスを食べている」でした。

しかし、だいぶ情報が錯綜したようで、
来たグリーンパイソンベビーはピンクマウスSから始めるサイズでした。

グリーンパイソンビアク産ベビー、小さかったです
フラッグ(白く抜けている部分)も多く、どんな個体になるのか楽しみです。

目が赤いです・・・!
グリーンパイソンビアク産ベビー、目が赤いです

そして、先日劇的な色変化を見せてくれたデザイナーズグリーンパイソン。
ソロン産♂×ビアク産ブルーコンドロ♀の組み合わせで産まれた仔です。
デザイナーズグリーンパイソンです

この2匹と1円玉を並べてみると・・・
グリーンパイソン2匹と1円玉を並べてみると
今回迎えたベビーが本当に小さく見えます。

以前からいた方は頭部が青みが強くなってきているように見え、
頭全体ブルー、体幹ビアクという個性的な風体になってくれるのではないかと
期待しています。

そして、ブルーコンドロとはこの大小感・・・!
遠近法を用いて尚この様子です。
 グリーンパイソンビアク産ベビーとブルーコンドロを並べました

今日、モルカンパイソンを獣医さんに診てもらいに行ってきました。

1週間程前に水様性の下痢を数回繰り返し食欲も落ちているようだったので、
予約の取れた今日に行きました。

診察中、モルカンパイソンがいつもの大失禁をし、
獣医さんの白衣、床など諸々が汚れました。

が、尿だけの失禁であり、糞は排泄孔からちょろっと顔を出している程度でした。

すると、獣医さんは軽くしごいて残っていた糞を全部出しました。

便秘していた脇をすり抜けた便汁が出て、
下痢に見えていたようです。

糞の検体が得られたので、すぐに顕微鏡で観察し、
大量の原虫がいることが明らかになりました。

原虫自体は元々少量はいるものですが、
ここまで多量なのはやはり便秘は原虫症と考えてよいのではないかということで、
抗原虫薬を打っていただき帰ってきました。

来週、再診の予定です。

原虫症です、モルカンパイソン

 

このページのトップヘ