とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

先日、ジムグリパイソンの受け取りに行った時に、
店舗で偶然見つけました。

比較的最近まで、小型のパシフィックツリーボアにはあまり興味がありませんでした。

が、あまりにも家にいる生体たちがレイアウトを必要としない種ばかりなので、
レイアウト飼育に適し、かつ顔は恰好良いCandoiaということで購入を決めました。

ハンドリングしても失禁するくらいで攻撃はしてきません。

が、購入を決めた後問題が明らかになりました。
活ヤモリしか給餌していないというのです。
夜、活ヤモリをケージ内に入れておくと次の朝には消えるらしいのです。

活マウスはいつか必要がある時が来るだろうと思っていましたが、
活ヤモリにはまだ心の準備ができていませんでした。

活ヤモリの容器を覗きましたが、
小さいベージュのヤモリたちがちょこんと卵トレーの紙にくっついていました。

(だめだ)と悶絶しました。

最初の1週間で冷凍ヤモリを食べなければ、
2週目から活ヤモリにしようと思いました。
1週間あれば活ヤモリへの情を断ち切ることができるかもしれません。

小型のボアなので、長期の絶食はやや不安があります。

(逆に言えば、活ヤモリだけは食べてくれるということだ)と思い連れ帰りました。

幸い、連れて帰った日に脱皮をしたので、
脱皮の翌々日、空腹感が増しているであろう日に給餌をしてみることにしました。

ケージ内に軽く霧吹きをして、
30分後ぐらいのところでそっと冷凍ヤモリをヘビの脇の枝に置いてみました。
部屋の電気を消し、入眠しました。

翌朝、ケージを覗くと冷凍ヤモリが消えていました!!
これで、冷凍ヤモリで育てていくことができます。

もう少し大きくなる余地があるようですから、今後が楽しみです。 

レイアウトと言いつつ、ただ魚用に売られている木の枝を組み合わせただけですが
かなりワクワクします。

ヘビはどこかな
パシフィックツリーボア、どこかな
 
ああ、いたいた
パシフィックツリーボア、いたいた
 
横顔はCandoia、ナンヨウボア属独特の顔です
パシフィックツリーボア、横顔は独特です
 
ちなみに、パシフィックツリーボアの学名がCandoia Carinataであることから、
「カリナータ」と呼ばれたりもするようです。

ナンヨウボア属最小です。
頭部は私の小指の爪と同じくらいしかありません。 

今日、飼育5か月目にしてようやく、
モルカンパイソンの餌サイズをファジーからホッパーへ上げることができました。

モルカンパイソンベビーは小食家で餌は1週間に1回しか食べず、
これまでも何度かホッパーに挑戦してきましたが、
大きいことを嫌がって口を付けませんでした。

今日、(そろそろまた一回挑戦しようかな・・・)とふと思い
ホッパーを給餌したところ食べてくれました。
大変喜ばしいことです。

小食家なので成長もとてもゆっくりで、
後から来たインランドカーペットパイソンやコロンビアレインボーボアに
圧倒的にサイズ負けしてしまっています。

が、コンスタントに摂餌してくれているだけで確実に成長していくでしょうから、
こんな形のジワジワした成長もまた楽しいものです。

2014年12月14日

家に迎えた当初です
モルカンパイソン、2014年12月14日の姿です


2015年1月13日

少し黄色味が増してきました
モルカンパイソン、初回脱皮後の姿

2015年3月13日

色が揚がると同時に少し体も大きくなってきました。
モルカンパイソン、2015年3月13日です
 
2015年4月27日

ついにホッパーを食べました
モルカンパイソン、2015年4月27日です
 
こうして写真を連続して並べてみると、
確実に大きくなってきていることがわかります。

予備能の低い小さい時期は尚早に駆け抜けてしまいたいのですが、
如何ともし難い個体の性質として大食小食ありますから、
温かい目で見守っていきたいと思います。

以前から、地味な体色に華やかなモザイク模様の散る
ジムグリパイソンはいいなあと思っていました。

また、購入するのであればぜひ繁殖にも挑戦しようと考えていました。

繁殖データの乏しい本種ですが、
いつか皆が「そういえば最近ジムグリパイソン見ないよね」となり、
捕り尽くされたジムグリパイソンはもう二度と見られなくなってしまうかもしれません。

また、発見された当初は頭骨の形状からパイソンに分類されましたが、
現在はラバーボアなどと近縁でボアに分類するという流れになっているようです。
ということは胎生で出産するので、卵の管理が不要です。

なかなかペアの取れるタイミングに出会えませんでしたが、
よくお世話になるお店で今回偶然ペアが揃うということがわかり、
受け取りに行きました。

実際のところ、オスは確実にオスなのだが、
メスはセックスプローブで見るとメスなのだけれど
蹴爪がしっかりしているので確信は持てないということでした。

が、せっかくのタイミングですから、ペアで戴いてきました。

華やかなモザイク模様はピンクベージュで、理想の色味でした。

意外と大きいです
ジムグリパイソン、意外と大きいです
左側の黒い部分は頭部ではなく尾部先端で、
危険を感じるとこの部分を立ち上げ頭部に擬態させて
危険を逃れようとします。

もう一方の個体もかなりボリュームがあります
ジムグリパイソン、もう一方の個体もかなりボリュームがあります

手に持つとずっしりとした重みが感じられます
ジムグリパイソン、ずっしりした重みが感じられます

ずっしりです
ジムグリパイソン、ずっしりです
 
これが飼育中の姿です
ジムグリパイソン、飼育中の姿です
ジムグリの名前通り地面に潜るのです。
そのため、頭部の吻端は少し尖っており、
掘り進むに適した形状になっています。

どこが顔なのかわからないような形態をしていますけれども、
よく見ると小さな目、そしてヘビらしい舌を出し入れする姿が愛らしいです。
茶色く丸い部分が目です
ジムグリパイソン、愛らしいです
 

スマトラブラッドパイソンが昨日脱皮しました。
意外とスマトラブラッドパイソンの脱皮におけるビフォー、アフターを記事にしていなかったので、
今回記事にさせていただこうと思います。

ビフォー
スマトラブラッドパイソン脱皮前です
全体的に色がくすんでいます。

近づいてみると、青味を帯びた灰色が不思議な色合いです。
スマトラブラッドパイソン、脱皮前の色味です
このブラッドパイソンの元々の色味は
ブルーの色彩によって支えられているのかもしれません。

アフター
記憶の中にあるブラッドパイソンより青味が強く残っています。
写真ではきちんとお伝えできないのですが、
ブルーグレーに近い印象です。
須磨と他ブラッドパイソン、脱皮後です

淡いブルーグレーです
スマトラブラッドパイソン、若干のブルーグレーです
 
体重は750gです。
健やかな成長を祈ります。
スマトラブラッドパイソン、体重は750gです
 

サルバトールモニターのアルビノ姫は1日中部屋の中で自由に過ごしています。

といっても、お気に入りの物陰スポットにいることが大半ですが。

夜間は冷えたりしないように、水温サーモのついている
水を張った衣装ケースの中で休ませています。

が、昨日夜間にアルビノ姫のいつもいる場所を見てもいないのです。

捜索範囲を広くしていき、姫はついに発見されました。

洗濯機の後ろ側へ入り込んでいたのです。
ちなみに我が家の洗濯機はドラム式でなく、縦型のものです。

尾の先がちらりと見える位置だったので、
尾を引っ張ってみましたが、どこかに足場があるらしく
どんどん奥へ引っ込んでいきます。

仕方なく洗濯機の電源、給水栓などをすべて外し、
洗濯機をゆっくり倒して中を覗いてみました。

すると、洗濯槽の外側で姫が内部配線にからみつき、
さらに洗濯槽そのものの荷重が部分的に姫にかかってしまっているようでした。

配線のからみを取り、
洗濯槽の重みがそれ以上姫にかからないように片手で支えて、
ゆっくりゆっくり姫を取り出しました。

終わった時は汗でビショビショになっていました。

「ビデオデッキに入り込んだ」「エアコン内に入り込んだ」というモニタートラブルが聞かれる中で、
「洗濯機に入り込んだ」というトラブルも起こるようです・・・。

姫が無事だったのが何よりです。 

ご飯がおいしい
モグ
サルバトールモニターのアルビノ姫、モグ
 
アガー
サルバトールモニターのアルビノ姫、アガー

もうおわっちゃった
サルバトールモニターのアルビノ姫、もうおわっちゃった

このへんにもうちょっとおちてないかな 
サルバトールモニターのアルビノ姫、このへんに落ちてないかな
 

健康トラブルもなく、元気に暮らしているノーマルのサルバトールモニターの日常です。

体重測定です
サルバトールモニター、体重測定です


給餌回数を増やしたにも関わらず、
2015年3月31日と比べて意外と増えていませんでした。 

2015年3月31日の体重測定ですサルバトールモニター、2015年3月31日の体重測定です
 
最近、サルバトールモニターをケージから出す時に
猫に別室へ行っていてもらうようにしました。

すると、以前のように引き出し内でじっとしたりしているのではなく、
ケージ外へ出ている間中壁をほじったり、
洗濯物へよじ登ったり、運動量が増えた印象でした。 

運動量と摂餌量のバランスだとすると、摂餌量が足りないのかもしれません。
今日から給餌量を増やしてみようと思います。

体重測定は簡便ながら有用な情報をもたらしてくれます。

あーちょっとじっとしててください
サルバトールモニター、「あーちょっとじっとしててください」
 
頼みますから
サルバトールモニター、「頼みますから」
 
あープラスチックケースが倒れるー
サルバトールモニター、「あープラスチックケースが倒れる―」
 
ねむい
サルバトールモニター、ねむい
 
ねました
サルバトールモニター、ねました

グー
サルバトールモニター、グー
 
シャッター音で起きました
サルバトールモニター、シャッター音で起きました
 
毎日祝日、毎日充実
サルバトールモニター、毎日祝日、毎日充実
 

以前から、キイロアナコンダの水槽は流木で作った陸場では手狭になっており、
十分に体を乾かせないことが気になっていました。

そこで、ネットでステンレスの小さな椅子を購入しキイロアナコンダの水槽に入れてみました。

が、数日経ってもキイロアナコンダが登る様子はなく、
仕方なく椅子をどけてまた流木を入れなおしました。 

1週間程前、流木にカビが発生していることに気づきました。

仕方なく流木を撤去し、とりあえずまた椅子を入れておきました。

キイロアナコンダはたまに腰掛けの部分に頭を載せて様子を伺っているようでしたが、
それ以上のことは起きませんでした。

それが、昨晩突如ステンレスの椅子の上に座っているのを発見しました。

キイロアナコンダが椅子に座っています・・・!
キイロアナコンダが椅子に座っています
 
悪くないな
キイロアナコンダ「悪くないな」

ふーん
キイロアナコンダ「ふーん」


まあまあだな
キイロアナコンダ「まあまあだな」
 
この椅子の導入により、椅子の下がスペースとして空いたので、
流木を使っていた時と比べて水面積が1.5倍になりました。
水槽サイズを大きくするより手軽に有効面積が増えました。

ステンレスの椅子なのでメンテナンスも楽かつ衛生的で
非常によいお買い物をしたと思いました。



追記:上記の椅子はスチール(粉体塗装)のため、ステンレスと異なり
足のゴムキャップのところから内部に水が浸入したりすると錆びることもあるかもしれません。
ステンレスという記載が誤っていました。
申し訳ありません。 

脱皮、といっても今回は脱皮のビフォー、アフターではありません。

脱皮後の姿です
コロンビアレインボーボア、脱皮後の姿です
 
脱皮直前に糞をすることはよくあることですが
コロンビアレインボーボア、糞が可愛いのです
この整然と一本にしたかのような糞がどことなく愛らしいです。
この微妙な可愛さをお伝えしたく、本日の記事にしました。

脱皮の後は摂餌です。
ホッパーを食べています。
コロンビアレインボーボア、ホッパーを食べています

食べました。
コロンビアレインボーボア、食べ終わりました

ベロベロベー
コロンビアレインボーボア、ベロベロベー

 

キイロアナコンダの摂餌姿が圧巻であることは知っているつもりでしたが、
また改めてしげしげとキイロアナコンダの摂餌姿を見たくなりました。 

現在メインでキイロアナコンダに与えている500gのラットを給餌しました。
生後1~2か月の子猫と同じくらいのサイズになります。

脱皮直後でしたので、申し訳ないですが脱皮殻が水中を漂っています。
掃除は給餌後にしないとまた咬まれる可能性があるからです。

解凍したラットをキイロアナコンダの上にかざした瞬間、
水から踊り跳ねるようにキイロアナコンダが飛び出してきました。
咬むと、そのまま自重で落ちていき、ザッブンという激しい水音と水しぶきが立ちました。

(この感じで右手を引きずり込まれたのか・・・)とゾワゾワしました。

餌のサイズ的に、餌周囲を2周りくらいしか締め上げていませんが、
その分余った体の太さが目立ちます。

(これで全力で余すところなく巻き付かれたのか・・・)とまたゾワゾワしました。

キイロアナコンダ、体の太さが目立ちます
締め上げられた圧力で、マウスの鼻孔から出血しています。

上目遣いに睨まれているような気すらします。
キイロアナコンダ、上目遣いのようです
 
獲物をゆっくり呑みこんでいきます。
キイロアナコンダ、獲物をゆっくり呑みこんでいきます

体の向きを変えながら、ゆっくりさらに呑みこんでいきます。
キイロアナコンダ、さらに呑みこんでいきます
 
この圧巻の姿を見て、
改めてよく手の皮膚がずる剥けたりしなかったなあと思います。

残念ながら、右手人差し指の根元で損傷した皮神経はまだ再生しておらず、
皮神経の支配域は常にビリビリしており、
損傷部分に力がかかるとビィィィィンとその箇所が痛みます。 
回復してほしいです。 

このページのトップヘ