とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

スマトラブラッドパイソンが、跳ねました。

数週間前に、スマトラブラッドパイソンが大きくなり摂餌もコンスタントになってきたことから、
スマトラブラッドパイソンとガイアナレインボーボアの場所を交換しました。

スマトラブラッドパイソンはそれまでのプラスチックケースを離れ、
60cmの爬虫類ケージに移動をしました。 
ガイアナレインボーボアは爬虫類ケージを離れ、
プラスチックケースに移動しました。

やはり、プラスチックケースと爬虫類ケージでは見え方が違います。

爬虫類ケージですと常に全方向性に生体が見えるのに対して、 
プラスチックケースは蓋を開けないと全貌が見えないこともままあります。

摂餌や温浴や普段の様子が見える爬虫類ケージはいいなあと改めて思いました。

いずれは総ての生体を爬虫類ケージに入れたいな・・・という野望も湧きました。

スマトラブラッドパイソン、摂餌中です。

そんなところ咥えてもだめです
スマトラブラッドパイソン、摂餌中です1
 
あーそうそうそこです
スマトラブラッドパイソン、摂餌中です2

アガー
スマトラブラッドパイソン、摂餌中です3
 
ズルズル
スマトラブラッドパイソン、摂餌中です4
 
グネグネムニャムニャ
スマトラブラッドパイソン、摂餌中です5
素晴らしい食べっぷりに満足しました。

温浴中です
スマトラブラッドパイソン、温浴中です
 
とこのような平和で微笑ましい姿を見せていたスマトラブラッドパイソンでしたが。

昨日、スマトラブラッドパイソンのケージの上によじ登ったサルバトールモニターを回収しようとしたところ、 
「バギャン」という凄まじい振動を感じました。

スマトラブラッドパイソンが跳ねている、キレていると思いましたが、
引き続きサルバトールモニターの回収作業を続けていると
連続して「バギャンバギャン」という凄まじい振動が手に伝わってきました。

あまりに凄まじいアタックで、ケージのガラスが割れるのではないかとすら思いました。

このツチノコ体型は全身がしなる筋肉でできていると思えば、
その跳力と重量で全身を使った凄まじいアタックを繰り出せるのも納得です。

かつてWC個体の流通がメインだった頃のブラッドパイソンは
それはもう激しい気性だった、
けれどFHやCB個体が増えた現在はその頃の成りを潜めていると言われます。

が、それでもキレどころが今一つ掴み辛く、本気で飛びかかってきた時は
惨事になるとも言われます。

今回もキレられた理由は不明です。
普段は体を持たれても、ケージメンテナンスをしていても
たまに噴気音をフガフガ言う程度です。

が、この全身で繰り出すアタックの野性味も魅力だと思えるなら、
普段のハンドリングのしやすさ(もちろん個体によりますが)を含め、
ハーフ&ハーフの性質バランスは非常に魅力的です。 

スマトラブラッドパイソン、魅力的です
実は見た目が不明なまま、
スマトラブラッドパイソンというだけで取り置きをお願いしてしまった個体ですが、
偶然にもこのモノトーンの印象と紅い虹彩が際立って美しい生体を迎えることができました。

前回の体重測定で結構それだけで楽しいなと気付き、
また今日も測定してみました。

あー大人しく
サルバトールモニター、「あー大人しく」

1348gですか 
サルバトールモニター、1348gです
同年3月9日の測定値が1313gなので、
3週間で35gの増加ですか。

正常の範囲が不明ですが、餌喰いもよく室内での運動量もそこそこあるので、
側腹部の皴と併せて考えてまあいいのでしょうかね。

あたたかい
サルバトールモニター「あたたかい」

おやすみなさい
サルバトールモニター、「おやすみなさい」
 

脱皮祭のおそらくグランドフィナーレ、バイパーボアの脱皮が終了しました。

昨日脱皮しているところも見ていたのでできればその最中の写真も撮りたかったのですが、 
天井に吻端を押し付けたりしているところも見えたので、
脱皮を失敗してはいけないと思い蓋を外すのを我慢しました。

脱皮前です
バイパーボア、脱皮前です
目に蝋を押し込んだかのような白濁の質感、
全体のぼやけた色調、さらに周りのミズゴケのごちゃごちゃ感と合わさって
何もかもが残念な状態です。

脱皮後です 
バイパーボア、脱皮後です
おお、総てがスッキリしました!!

ベー
脱皮後のバイパーボア、「ベー」です
 
以前はスネークフックでなくともピンセットで扱えたバイパーボアですが、
成長し大きくなったのでピンセットでは手が攻撃射程内に入ってしまいます。
スネークフックを使うようになりました。

これだけ脱皮が連続して多数発生すると、
尾の先端の脱皮不全の有無のチェックなどが不十分になっているのではないかと
不安になります。

一応チェックしたつもりですが、この記事を投稿したら
もう一度念のため全員の再チェックをしようと思います。 

ついに、脱皮祭がフィナーレになってきました。
今朝、ハルマヘラパイソンが脱皮しました。

脱皮前
ハルマヘラパイソン、脱皮前です
 うーん、全体的にいまいちですかね。

脱皮後
ハルマヘラパイソン脱皮後です1
恰好いい・・・!
自分の家の生体なのでちょっと恥ずかしいのですが、
あまりの恰好よさに目を離せません。

ハルマヘラパイソン、脱皮後です2
目の輝き、射抜くような鋭い視線がこれはまた何とも見目麗しいです・・・!

脱皮祭は続きます。
今朝、ブラジルレインボーボアの脱皮を確認しました。

脱皮前
ブラジルレインボーボア、脱皮前1

ペロッ
ブラジルレインボーボア、脱皮前2

脱皮後
ブラジルレインボーボア、脱皮後1
こうしてみると、大きくなったと思います。

そして、写真ではお伝えしづらいのですが思いの外色が黒ずんできました(気がしました)。
ブラジルレインボーボア、脱皮後2

2014年9月
2014年9月のブラジルレインボーボアです

・・・意外と色は元々黒かったようです。


一昨日脱皮前の徴候を確認し、
昨日脱皮しました。

脱皮前です
ガイアナレインボーボア脱皮前です
色がくすんだ結果、背部の斑紋も消えてしまっています。

脱皮後です 
ガイアナレインボーボア脱皮後です
こちらがびっくりする程大きな変化を遂げました。

成長につれ、斑紋は消える、だがコロンビアレインボーボア程は消えず、
ブラジルレインボーボア程は残らない。

どんな姿になるのでしょう?

あ、そして、サルバトールモニターのアルビノ姫は
最近排泄がまたいまいち不規則で不安になっていたのですが、
今日帰宅したら寝室一帯を大量の自分の糞を塗り付けた状態でニコニコしていました。

そうそう、それでよいんです
サルバトールモニターのアルビノ姫、それでよいのです

 

本日も脱皮祭なのですが、
祭の話はまた明日にして、
サルバトールモニターのアルビノ姫の寝顔をご紹介です。

グー
サルバトールモニターのアルビノ姫の寝顔横から
鼻の穴のように見えるものの向かって右側のものは、
細い隙間にごりごり吻端を押し込み出血してしまった部分です。

グガー
サルバトールモニターのアルビノ姫の寝顔正面から
 
正面から見ると、アヒルみたいです。 
犬用ベッドは大変気に入っています。 

今度は、コーンスネークのモルフ「バブルガム」のペアが脱皮しました。
一昨日にはメスが、昨日にはオスが脱皮しました。 

せっかくなのでこの4か月間の成長も振り返ってみたいと思います。

まずはオスです。

2014年12月
2014年12月のコーンスネーク「バブルガム」のオスです
辛うじて首の辺りがピンクとグリーンを発色してきているかな・・・?
という印象です。

2015年3月23日
mini_IMG_6473
グリーンと蛍光ピンクが発色し始め、徐々にバブルガムらしい色合いになってきました。
さらに、体格もだいぶしっかりしてきました。

引き続き、メスです。

2014年12月
コーンスネーク「バブルガム」のメスです
 まだグリーンは見られず、ピンクだけが若干・・・という程度です。

2015年3月23日
2015年3月のコーンスネーク「バブルガム」のメスです
ピンクもグリーンも徐々に発色し始めました。

彼らがさらに今後どのように色が揚がっていくのか、
そしてこの脱皮祭はいつまで続くんでしょうか。 

ええと、セントラルパイソンが脱皮しました。
脱皮前の徴候を見落とし、気付いたら今日脱皮していました。

成長と共に美しい赤を発色するセントラルパイソン、
どんな変化を見せてきたでしょうか。

2014年11月2日

家に迎えて数日経過したところです。
2014年11月2日のセントラルパイソンです
 
2015年3月23日

本日です
2015年3月23日のセントラルパイソンです
 
一応脱皮直後なのでこれが現時点での一番はっきりした色調のはずです。
が、えーと、この半年はサイズが大きくなった以外まだ変化を実感できていません。
が、これから赤くなると祈っています。 

他にも目が白濁してきて脱皮前カウントダウンに入っている個体が複数います。
春の兆し(あるいは乾季から雨季への変化)を本能的に感じたとき、
脱皮に至りやすくなるんでしょうか? 

もし何かお考えのある方、自分のところもそうだという方、
コメントをいただければ幸いです。 

このページのトップヘ