とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

ブラジルレインボーボアの拒食は10月~11月頃から始まり、
床材交換、湿度調整などに気を遣い、
一旦は回復したかのように見えました。

が、その後は拒食が再発しました。

非常に困っていました。

そんな時、ふと「成長につれて水入れがもうだいぶ小さいな」と思い
水容器をかなり大き目のものに替えました。

替える際、ブラジルレインボーボア本体をまじまじと見ていると大問題を発見しました。
普段は拒食中の個体をハンドリングすることは避けていますが、
ふと気づきました。
尾の先端が1㎝程度が黒く完全に壊死していたのです。

明らかに脱皮不全により死んだ組織でした。
(なお、幸い総排泄孔よりはぐっと尾部先端に近く、
総排泄孔は特に異常は認められませんでした。)

「これが拒食の原因だったのでは」と思い
日々のヘビの摂餌、脱皮について記録したノートで振り返ってみました。

「10月1日、ブラジルレインボーボア脱皮。
10月の20日頃から摂餌が激減。」
という経時的変化が明らかになりました。

これは時系列的に見ると尾の壊死というストレスがあって、
拒食に至ったものと考えられました。

今週末に獣医さんのところでダイヤモンドバックテラピンの定期処置の予約を取っていたので、
この壊死箇所も診てもらおうと思いました。
局所麻酔をして、壊死部分を切離、かな・・・などと考えていました。

とりあえず大きなサイズの水容器を入れたところ、
早々に水容器の中に移動しました。
今までの成長スピードを考えたら、もうとっくに水容器は小さかったのです。

全身状態は悪くないようでしたので週末の獣医さんまで経過を見守ろうと思っていたところ、
昨日脱皮した形跡を発見しました。

「これはもしかしたら」と思い見てみると、
やはり壊死部分でぴったりと脱皮殻が止まってしまっています。 

脱皮殻をそっと剥いていきます。
すると、壊死部分は何の抵抗もなく脱皮殻の方へくっついていきました。

その壊死組織が取れたところの箇所の写真です。
 ブラジルレインボーボア、壊死組織が取れたところの箇所です

出血も軽微なものでしたので、圧迫止血をした後、
イソジンで消毒しておきました。

30分おきに何度かチェックしましたが、
特にそれ以上の出血なども見られませんでした。 

とりあえず今日はこの処置がストレスになったでしょうから、
そっとそのまま置いておきました。

翌日、「多分、いける・・・」という期待と共に
軽い霧吹きを先行させてマウスを投入しました。

5分後・・・
食べている!!!

ブラジルレインボーボア、食べている!!!1

食べている!!!
ブラジルレインボーボア、食べている!!!2
 
食べている・・・!!!
食べ終わりそうだ・・・!!!
ブラジルレインボーボア、食べている!!!3
 
今回の症例で学んだことは、

・拒食に陥った時はまず最低限のハンドリングで全身に問題がないことを確認する。
  ヘビのチェックが終わったらそれから環境の見直しを行う。
  経過を観るのはこの2点を十分行った上でとする。

・ヘビの脱皮に際しては、脱皮後必ず尾の先端まで脱皮殻が抜けていることを確認する。

・湿度に弱い一部のヘビを除き、水容器は全身が浸かれるものを選ぶ。

といった点でした。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、
当たり前のことができていませんでした。

こういったピットフォールが本当に重要だと思い知りました。 

パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングがどんどん変化してきています。
以前もご紹介させていただいたかと思いますが、
変化スピードが速いのでまたご紹介させてください。

購入したての頃はパプアンカーペットパイソンそのものでした。

2014年11月5日
 2014年11月5日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングです1

2014年11月5日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングです2

全体的にピンクがかっている、ベージュと茶色の組み合わせという、
比較的パプアンカーペットパイソンの一般的な印象です。

それが、
2014年12月25日
2014年12月25日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングです

徐々にピンクが消え、若干緑がかってきたような印象です。

さらに、
2015年1月20日(購入時から3か月近く経過しています)
2015年1月20日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリング全体像です
 
2015年1月20日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリング頭部です

ピンク味はすっかり消え、緑色が全体に広がってきています。
斑紋も色が薄くなりました。
全体的にすっきりとした、涼やかな印象です。

パプアンカーペットパイソンぽさが残っているとしたら、
厚みのあるごつい頭部でしょうか。

サイズもすっかり大きくなってきました。

緑色のカーペットパイソンが現れるとは、
さすがシブリングです。
これからさらに緑色が濃くなるのか、あるいはまた違う変化をするのか、
楽しみな個体です。

実はこの個体はカーペットパイソンの大家、
Marc Menses氏の元で生まれた仔です。

モレリア属の中で最も好きな、カーペットパイソンです。 

もう何度も紹介させていただいていますが、
エメラルドツリーボアの食餌風景です。

高さ90㎝のケージから60㎝のケージに移ってもらって、
幸い拒食もなく無事に過ごしています。

また、エメラルドツリーボアはしばしば脱水と肥満、消化管機能障害が問題になります。
独特の形のとぐろを巻く結果、消化管機能が他のヘビに比べ弱いという情報を得ていました。

肥満に関しては餌の頻度、具体的には週1回にしています。
消化管機能障害に関しては餌サイズ、マウスのアダルトLを使うことで対応することとしました。

一番の問題としては、脱水が非常に心配で、
導入当初から餌のマウスの四肢と尾の基部の筋層に水を12ml注入するということもしていました。

(とある動物園でマウス経由で水の摂取をさせて、
良好な成績を得ているという情報を入手したためです。
なお、腹腔、胸腔への注入は容易ですが、
試した際ヘビが咬んだ穴から大量に漏れ出てしまいました。
そのため、咬まれても水の漏れてきにくい四肢と尾の基部の筋層を選んでいます。)

幸い、皮膚のハリ感に問題はなく、また時折尿と尿酸の排泄も確認できていたので、
「まあ大丈夫なのかな・・・」と思っていました。

 が、先日夜間、偶然ケージの床に置いてある水容器に口をつけて水を飲むのを目撃し、
「意外と自分できちん水を摂取できているのだな」と安心しました。
 
ということで、何回も取り上げさせていただいている
エメラルドツリーボアの食餌風景です。

何度見ても角度や餌の咥え方、頭部の向きなどが異なり格好よく、
飽きずに惚れ惚れとします。

エメラルドツリーボア食餌中
 
顔のアップです。
視線の鋭さが際立ちます。
エメラルドツリーボア食餌中、顔のアップ
 
最近はアマゾンベイスンのCBベビーが少しずつ出回り始めているようです。

アマゾンベイスンはとぐろがサッカーボール大まで大きくなり、
白い斑紋は繋がっていくことが多いようです。
今まで論議の的になってきましたが、
地理的に盆地という形で隔離されているため、
エメラルドツリーボアとは別種という見解になっているようです。
現地でも厳重な保護がなされています。

いつかアマゾンベイスンも育ててみたいものです。 

アルビノマラヤンブラッドパイソンが昨日私の後ろで脱皮を始めたことは
心ときめく出来事でした。
なぜなら、アルビノマラヤンブラッドパイソンが家に来てから
初めての脱皮だったからです。

脱皮前はいつになく不機嫌になりましたが、
何とか写真を撮りました。

脱皮前です。

体色のベージュも赤もくすんでいます
脱皮前、アルビノマラヤンブラッドパイソン全体像

虹彩の色も不鮮明です
脱皮前、アルビノマラヤンブラッドパイソン虹彩

 
この状態がおよそ2週間程続きました。

その間、体に触れると噴気音を上げ、
終いにはこの巨躯で飛び跳ねるという荒技を見せてくれました。

残念ながら記録には残せませんでしたが 、
ブラッドパイソンがFH、CB化が進み大人しい個体が多く出回る現状において、
素晴らしい体験になりました。 

昨日の脱皮を終えた姿です。

くすんでいた赤は元の赤茶色に戻り、
全体的に色が鮮やかになっています
脱皮後、アルビノマラヤンブラッドパイソン全体

体幹です。
T+アルビノ、T-アルビノ、それぞれ好みが分かれるところだと思いますが、
T+アルビノのこの少し淡いベージュを基調として色が展開していくところが非常に好きです。
アルビノマラヤンブラッドパイソンの色調

脱皮不全でないかのチェックのため尾部も観察しましたが、
特に問題はないようです。
むしろ、複雑な模様で赤からベージュへとグラデーションを描き消えていくという、
体幹とはまた一線を画する美しさに目を見張りました。
アルビノマラヤンブラッドパイソン尾部の色調

こちらが右目です。
T+アルビノの特徴、葡萄色の虹彩です。
アルビノマラヤンブラッドパイソンの葡萄色の虹彩です

反対側の左目です。
葡萄色とシルバーが混ざり、美しいオッドアイです。
アルビノマラヤンブラッドパイソン、オッドアイです

このオッドアイがこの個体の決め手でした。

おおよその全体像です。
アルビノマラヤンブラッドパイソンの脱皮後全体像です

ふとした思いつきで体重を測ってみたら3.5kgでした。

サルバトールモニターのアルビノ姫には及びません。
 

以前、スマトラブラッドパイソンの拒食がピンクラットをきっかけに立ち直ったかのように
ブログでご紹介したかと思います。

が、現実は厳しかったです。

「あ、食べてくれたな」と思うと数日後ケージ内に怪しい臭いが充満しており、
床材の水草をかき分けてみると、色の悪くなったピンクマウスが出てくるということが
数回続きました。

拒食再発です。

毎日ケージ内の水容器で温浴させてみたりもしていますが、
一向に何かを食べる様子もありません。

先週はついに脊椎が皮越しに触れるようになったため、
仕方なく強制給餌に踏み切ることにしました。

以前はラットをミキサーにかけていましたが、
ラットは毛が回転部分に引っかかってしまい、
それを時々取り除く必要があって効率的とは言えませんでした。

現在では、ピンクマウスのLサイズを冷凍のまま水と一緒にミキサーで回し、
高頻度で回転する刃の生じる熱によって冷凍を溶かし、
かつピンクマウスをチューブで与えるに適するサイズまで小さくします。

これをシリンジで吸ったものをチューブを通して
ゆっくりと食道~胃へ向かって投与します。

一度に焦って多くの量を入れようとしたり、
腹圧が上がるような暴れさせ方をしたりすると
ピンクマウス液が口腔内へ逆流してきます。

これが気管内に入ると誤嚥性肺炎を起こしますので、
ここの過程がもっとも気を遣います。

また、時折体を左右にくねらせたりした場合は
いったん液の投与を中断してチューブが気管内へ迷入していないことを
しつこい程に何度も確認します。

今回ミキサーを回すに当たって、時間がかなり深夜帯に近かったため、
近隣住民から苦情が来ることを懸念して
ミキサーの回転数をMaxで回し続けるということができませんでした。

このためピンクマウスが十分な破砕をできず、
チューブ内に出し入れして確認したところ、
時折詰りが見られました。

が、得られた上澄みだけでも脱水補正+αは十分期待できるだろうと
慎重に行いました。

本当にヘビの拒食はいつ始まるかが全く予想できません。

店長さんに「大食漢」と言われたハルマヘラパイソンですら、
まだ餌付いていない状態です。

他にも拒食のヘビはおり、一つずつトラブルシューティングしていくしかないな・・・
とは思います。
特にこの時期は大気の乾燥が激しく、
「飼いやすい」と評判のキタアオジタですら昨年半年近く拒食しました。
 
私のスマトラブラッドパイソンは、フルブラック程のインパクトはないにしろ、
クロムヘッド・赤目・モノトーンに近い色調でとてもお気に入りです。
性質も大人しいです。
 
か細い身体に不思議と漲るその圧倒的ボリューム感
スマトラブラッドパイソン、そのボリューム感

赤目にクロムヘッド、その横顔はクールです
スマトラブラッドパイソン、クールなり
 
と、この記事を書いている後ろで
アルビノマラヤンブラッドパイソンが静かに脱皮を始めました。
楽しみです。 

このブログに登場する、ヘビ以外の数少ない生物がサルバトールモニターです。
逆に言えば、私の溢れるトカゲ愛はサルバトールモニターの彼らへのみ注がれていることになります。
 
小さい王様サルバトールモニターは、こんな感じです。

登りたいー
サルバトールモニター「登りたい」
 
のぞきたいー
サルバトールモニター「のぞきたい」
 (ちなみにこの茶色い物体は猫が勝手に爪とぎをして傷んでしまった断熱材です。)

 何もないな
サルバトールモニター「何もないな」
 
 もぐりたいけどもぐれなさそう
潜りたいけど潜れなさそう
 
ウォォォォー
 (!?)
サルバトールモニター「ウォォォォー」
ちなみに、足元の蛍光灯にはプラスチックの透明カバーがかかっています。
周りに飛び散っているのはすべて猫の爪とぎゴミです。 

 デヤァァァァァ
(???)
サルバトールモニター「デヤァァァァ」
 
 ガーッ
サルバトールモニター「ガーッ」

いくぜ!! 
 サルバトールモニター「いくぜ!」

デリャァァァァ
サルバトールモニター「デリャァァァァ」


足元がつるつるのプラスチックのため全く登れず、
最後の2枚をものすごい勢いでエンドレスリピートになります。

こういう動きには脳内中毒性があるのか、
衰えない勢いでこれを5分間 続けていたりします。
部屋には爪がプラスチックを削るガガガガガガというすさまじい音が響き渡ります。

ランナーズハイの中毒性みたいなものなのでしょうか。

登れないことがわかっていないだけ、という可能性もありますが、
彼らは意外と足元の安全確認などには余念がありませんので、
この動き自体を楽しんでいるんだろうと思います。

もちろん、よい運動になります。

一方、サルバトールモニターのアルビノ姫は・・・

うんどうきらい
サルバトールモニターのアルビノ姫「うんどうきらい」
 

2014年の10月、茶色のパシフィックグランドボアを購入しました。

元々ピンクベージュの個体が欲しかったのですが、 
そちらは全く餌付いていないということで断念しました。

また、茶色の方は腹部の膨らみから持ち腹個体かもしれないという話になり、
茶色の個体を連れて帰ることにしました。

そこから2か月程経ったころでしょうか、
店員さん:「最近はピンクベージュの個体もアシスト給餌でぼちぼち食べてます。
      持ち腹個体はどうなりました? 」
私:「あーいえ、全然変化がありません。」
店員さん:「そうですかー。」 

その年の12月、衝撃を受けました。
ピンクベージュの個体が3匹仔を産んだというのです。

Bob Clark氏の著書では、
「持ち腹個体が時に出産する。
出産前はしばしばほとんど餌を摂らなくなる。
産まれてきた胎仔も小さすぎてうまく育たないことが多い。」
とありました。

ピンクベージュの個体の食欲低下は、
出産の前触れだったのです。

ただ、生存して産まれてきたのは3匹のみで、
あとは死産だったということでした。
流産の胎仔が残存するとしばしば(ヒトなら)重篤な症状を呈します。

ピンクベージュの個体は幸いなことに出産を乗り越え、
新しい飼い主募集中ということでした。

産まれてきた新生個体たちも私の予想より大きく、
餌付け中のようです。

一方、我が家のパシフィックグランドボアは元気に餌を食べ、
きちんと排便、排尿しており健やかそのものです。

 この重厚さです
パシフィックグランドボア、全身の重厚さ

腹部の模様も得も言われぬ様相を呈しており、
またごわつき、ざらつく感覚も腹板の力強さを感じさせます。
 パシフィックグランドボア、腹板
(手の傷はサルバトールモニターにやられたものです。)

顔も、乾燥で粉を吹いてしまっていますが、
カンドイア属の一員の上品な顔立ちです。
パシフィックグランドボア、横顔
 
ちなみに、パシフィックグランドボアはカンドイア属の中でも最大種らしいです。
確かにこの重量感は、他のカンドイアとは一線を画します。

購入当初よりぐっと太さが増してきており、
「もしかしてこの中に元気な胎仔がたくさんいるのかも・・!」
と私は未だ夢を捨てていません。 

キミカブラック、ノーマルタイプのアルバーティスパイソンがさかんに吻端を床に押し付け、
くしゃみを頻回にしていました。
1分に1回程度、かなりの頻度です。

最初は呼吸器疾患を疑いました。
文献によれば、時に分泌物を周囲に擦りつける行動も見られるそうです。
が、分泌物らしいものは見当たらず、
むしろ体の脱皮が近いサインの方が目立っていました。

とりあえず、脱皮に関しては出来ていないようだから、
最初に目に付いたトラブル、脱皮に対処することにしました。
温水に漬けてしばらく様子を見るか・・・と思いました。

30分後、トラブルの元が明らかになりました。

脱皮殻が鼻孔周辺に浮き上がり、それが刺激になって
頻回なくしゃみをしていたのです。
吻端をさかんに床に擦りつけていたのも、
そこから脱皮しようとしていたのだとわかりました。

ゆっくり、数回に分け温水に漬け、体中の脱皮殻を丁寧に取り除きました。

ありがたいことにキミカブラックの中でも大人しい方のノーマルタイプでしたので、
1回軽くアタックされただけで済みました。

頭部は特に慎重に剥きました。
3度ほど温水に漬け直したかと思います。
ピット器官周囲の凹凸の多い箇所、眼球、下顎など剥くのに手間を要し、
時にピンセットも使用して剥き残し、あるいは逆に損傷のないよう
丁寧に 作業しました。

頭部の脱皮殻が外れた時、
「!!!」
と思いました。

そこには頭部全体に架かる大きな虹そのものがありました。

レインボーボアはもちろん虹色です。
鱗が一つ一つプリズムのように光り、
全体に柔らかい光を発します。

が、アルバーティスパイソンの頭部は硬質であり、
そこに虹が架かるともはや神懸かって見えました。

側腹部から腹部に掛けてもプリズムのように光っていました。

 「私はヘビ属の雄、アルバーティスパイソンだ。
何物にも決して屈しない。」
アルバーティスパイソン、頭部の輝き
 頭部が虹色に光っているのが見えるかと思います。
写真では小さくしか写りませんが、実際は全体が光っています。
そして、この睨めるが如き目力が見るものを圧倒します。

側腹部も虹が架かっています。
 アルバーティスパイソン、側腹部の輝き

輝く鱗の小さな傷も、ワイルド個体ならではの「何物にも屈せず、闘ってきた証」そのものです。
アルバーティスパイソン、ワイルドの証

・・・今日もまた、アルバーティスパイソンの記事を書いてしまいました。 

このページのトップヘ