とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

元々、黄色と黒色から成る体色の動物は好きでした。
ヒョウ、エンゼルフィッシュ、グールドモニター、サルバトールモニターなどなど。 

そして最近、新たな出会いがありました。
ジャングルカーペット パイソンです。

どうも世間では既にカーペットパイソンブームが来ていたようなのですが、
つい最近までヘビにあまり関心のなかった私は全く知りませんでした。

その中でも目を引いたのがジャングルカーペットパイソンです。
ビビッドな黄色にソリッドな黒色、シャープな顔立ちとスリムな体型、
非常に格好よく思えました。

早速行きつけの爬虫類ショップに行き馴染みの店員さんにお聞きしてみると、
「ジャングルは元々いたのがいるけれど、今日はダイヤモンドカーペットがお勧めです、
非常に綺麗なのが来てますよ」
とのこと。

確かにダイヤモンドカーペットパイソンは小花柄が程よく規則的に側腹部に並んでおり
とても上品で綺麗でした。
他のケージも見てみると、グラニット(大理石柄)などもいて目移りします。

いろいろ悩んだ末決め兼ねて、
その日は元々連れて帰る予定だったブラジルレインボーボアだけ連れて帰りました。 

その次の週、マラヤンブラッドパイソンのベビーを連れて帰る日、
どうしても気になってまたカーペットパイソンコーナーを覗きました。

ジャングルカーペットパイソンの中でも比較的コントラストがはっきりしている仔を
ケージから出してもらいましたが、
色合いはやや曖昧な印象でした。
模様も繋がりがやや曖昧です。

が、「うーーーーん」と悩んでいるうちに、
今までになくハンドリングが楽しく感じられる仔であることに気付きました。 
程よく指に絡みつつ、程よく動いて、
非常に手馴染みがよかったのです。

途端に色合いが曖昧なことも個性のうち、むしろ上品にすら思えて
「この仔ください」とお願いしていました。

ハンドリングのストレスで拒食したりしないようハンドリングは1日1回、5分以内と決めていますが、
あまりの心地よさについ時間をオーバーしてしまったり、
「もう1回だけ・・・」と寝る前にケージから出してしまったりしています。

1回の給餌に3分くらいかかる
(舌先でマウスを1周ちろちろと再三確認、最後に小口で噛み付きます)
ことはむしろ繊細で愛おしいとすら思えます。 

ジャングルカーペットパイソン、ハンドリング中
 

エメラルドツリーボアの咬蛇姿勢は非常にかっこよく、
アトラスの表紙に採用されていたりするものですが、
自分に向かってこのポーズをされているとなかなか写真を撮る余裕がありません。

が、先日、エメラルドツリーボアのケージのすぐ脇でサルバトールモニターが寛いでおり、
エメラルドツリーボア側が咬蛇姿勢を取っているというシーンに遭遇しました。

斜め上から
エメラルドツリーボア、咬蛇姿勢を上から
 
正面からです
エメラルドツリーボア、咬蛇姿勢を正面から

 正面からだと、まるで自分がロックオンされたかのような緊張感でゾクゾクしました。

また、別の日帰宅すると見たこともないポーズを取っていました。

???
エメラルドツリーボア、謎の姿勢

私の気配ですぐにいつものとぐろポーズに戻っていきましたが、
これはリラックスポーズなのでしょうか??

サルバトールモニターも元気です。

ぼくはおうさま
サルバトールモニター、ぼくはおうさま
 

先日、心が折れて管理をできなくなってしまってトカゲやカメたちを爬虫類ショップに引き渡しに行ったその際、
「綺麗なヘビを連れて帰りたいな・・・」と思いヘビコーナーに寄りました。

久々のヘビコーナーはいろいろ魅力的な種がいます。
先日ご紹介したアルバーティスパイソンのベビーなどもいましたし、
それだけで目を引くサンフランシスコガータースネークなどもいました。

いろいろ悩んだ末、特定動物外で最長と言われるパプアンパイソンにしました。
3~4m程度になり、太さはさほど出ないようです。

パプアンパイソンを選んだ理由は、
オリーブ色の体色がとても上品で魅力的だったこと、
そして「長く長く育ってくれるならその成長過程に新しい希望を見いだせるかもしれない」と思ったことです。

2m以上ある個体と1mと少しの個体がいました。

長さ以外にあまり大きな差はありませんでしたが、
迷わず小さい方の個体を選びました。
まだまだあどけない顔をしています。

その数日後に、他のお店からオリーブパイソンの入荷連絡をもらいました。
オリーブパイソンはパプアンパイソンとよく混同されるのですが、
オーストラリアの固有種で日本での流通は非常に稀です。
そういった意味では非常に価値のあるヘビではあります。

混同されやすいのは、同じようなオリーブ色をしていて大型化するからです。
また、オリーブパイソンの方が大人しい性格をしているという説もあります。

が、オリーブパイソンは吻端がすっと通っているのに対し、
パプアンパイソンは顔がどちらかというと楕円形で少し間の抜けた愛嬌のある顔をしています。

見ていると思わずニヤニヤしてしまうようなとぼけた顔です。

「お前と先に会ったのも、きっと何かの縁なんだよな」と思い、
オリーブパイソンの話は忘れることにしました。

こんにちは
パプアンパイソン、こんにちは


何かご用でしょうか
パプアンパイソン、何かご用でしょうか

 もう引っ込んでもいいですか
パプアンパイソン、もう引っ込んでもいいですか
 
ちなみに知能はヘビの中で最も高い部類に入るそうです。

ヘビの賢さってどうやって測定するんでしょうね・・・ 

新顔ご紹介も一旦お休みです。

キイロアナコンダが我が家に来てからはや1か月が経ちました。
体重をきちんと測定していないので何とも言えないのですが、
大プラケースに入って我が家に来た彼女は、
1か月で通常の衣装ケースでは溢れ出るばかりのサイズに育ち、
長さは2mを越しています。

ショップのHPで見ると来た当初は120cm程度だったようです。

餌は3日に1回、
当初ラットLサイズ、
全然小さくてすぐにラットLLサイズ、
あれ?まだ小さいぞ?ということでラットXLサイズ
を爆食しています。

来た当初は爬虫類ケージ120cmの半分程度のタッパーケースの水場にいつも浸かっていました。

モジモジ
キイロアナコンダ、モジモジ

可愛がってもらえるかしら、心配
ちょっと不安げなキイロアナコンダ

ご飯が待ち遠しい
ご飯を待つキイロアナコンダ


ワーイ
キイロアナコンダ、ワーイ

ラットヤッホー
キイロアナコンダ、ラットヤッホー

それが、いつの間にか衣装ケースの中では手狭になっていたので、
通常の120㎝水槽に金網の蓋、鎖と南京錠の脱走防止機構を付けて
お引越ししました。

ドギャアアアア(お食餌風景)
キイロアナコンダ、お食餌風景

やだ、歯に毛が挟まっちゃった
キイロアナコンダ、歯に毛が挟まっちゃった

胴体の真ん中よりもラットの方が小さいことをおわかりいただけるでしょうか?
キイロアナコンダ、ラットより大きいです

ただの、脱皮直前の眼の白濁なんだけど、
何か怖いです・・・・。
キイロアナコンダ、眼が怖い


最大9mになりヘビの中で最重量を誇る「グリーンアナコンダ」には負けますが
「アナコンダ」の名に恥じない風格にぐんぐん成長してきています。

ちなみに、性格はイエローアナコンダの方がグリーンアナコンダに比して荒いと言われていますが、
CB個体であることと、たまたまの運の良さからボールパイソン並みの大人しさです。
ヘビ本体が何とも生臭いのでする気がほとんどしないのですが、
首にかけたり腕になじませたりとハンドリングもできます。

餌はもうラットXLでは小さく一瞬で呑んでしまいます。

ということで、新しい冷凍庫も買いましたし、
来週には冷凍ウサギが届くから楽しみに待っててもらおうと思います。

本当は冷凍ブタが欲しいのですが、国内で入手できるところはほとんどないようです。
冷凍ウサギの取り扱いだけでも、ごくごく一部のお店に限られています。

ご紹介していなかった面子、まだ続きます。

アルバーティスパイソンです。

巷では、
・キミカブラック(ティミカブラック)
・それ以外のロカリティー
というおおまかな認識になっています。

頭部は黒と白から成るエナメル質のような質感で、
胴体は鈍い光沢を放つヘビです。

この胴体の色が濃い小豆色のものをティミカブラック
(正確にはティミカはティミカ島というそれ自体ロカリティーなのですが )と呼び、
 それ以外のものは茶褐色、オリーブ色、ゴールドに近い黄色など様々なバラエティーがあります。

ティミカブラックの個体は大型化し、性質は大人しく扱いやすい、
また美しいというので人気があります。
逆に、それ以外の個体は
非常に神経質でアタックを繰り返してくるようなものが多いというのが通説になっています。

ティミカブラックの個体も、あくまで「アルバーティスパイソンの中では比較的おとなしい」という話で、
性質には個体差がかなり大きくあるようです。
まあ全体的に神経質で
×凶暴である
○野性味を決して失うことのない
種類だということです。

で、今回私が購入したこのヘビは「ティミカブラック」というインボイスネームでありながら、
胴体がシルバーに輝くちょっと珍しい個体です。 
元々通常のティミカブラックを探していたのですが、たまたまこの個体に行き当たり、
美しさに魅かれて購入しました。

店長さん曰く、
「同便で到着したティミカブラックは皆同じような体色をしていた。
海外の文献を当たったら、シルバーの個体群についての言及があったので、
そういったものかもしれない」
とのことでした。

性質は、店長さんが既に凄まじいアタックを受けて流血したのを見て
覚悟していました。

 連れて帰ってきて数週間は大人しくしていました。
が、ある日を境に、
突如餌に向かって猛アタック、ガラスに向かって猛アタック、
という状態にここ数日なっていました。

そこでシェルターと水容器の位置に思い当るところがあったので少し調整を加えてやると、
シェルターの中で落ち着き、また採餌もできるようになりました。

美しいヘビなのに、シェルターの中にいる状態しか眺められず実に残念ですが、
昨日奇跡の一枚の写真を何とか撮ることができました。
鱗のささくれのようなものは外傷なのか外部寄生虫なのかが判然としないので、
これも落ち着いたら獣医さんに診て頂く予定です。

おいこら、こっち見てんじゃねーぞ!!
(一応うら若き乙女ですけど)
アルバーティスパイソン、こっち見んな
 
一応、同じシルバーの旦那さんを探しているところであります。 

今日も、まだご紹介していなかった面子を記載させていただこうと思います。

ブラッドパイソンというニシキヘビの一種がおり、
産地の違いからおおまかに
・マラヤンブラッドパイソン
・スマトラブラッドパイソン
・ボルネオブラッドパイソン
と亜種分けされています。

このうち、黒や茶を基調とした色合いの生体が多く散見される、
スマトラブラッドパイソンは写真で見て一目惚れしていました。

特に、黒やグレーのモノトーン調で赤目の個体は写真に穴が空くほど見つめて
憧れていました。

しかし、季節柄かブラッドパイソンの入荷があまりお店になく、
ネットの在庫検索で見つけた地方のお店にまで 行こうかと思う程でした。

が、偶然東京界隈でスマトラブラッドパイソンの在庫が1匹だけあるお店を発見し、
予約して受け取りに行きました。 

実際に見た印象では写真で見た印象より小さく、 ヤングぐらいを想像していた私には
ちゃんと育てられるかという不安がよぎります。
餌は何を食べているんだろう?
ホッパーかな?

私: 「今この仔は何食べてますか?」
店員さん:「サイズに応じたマウスやラットを食べています。」

・・・衝撃的でした。
私が、小松菜やバナナでヘビが育つと思っていると思われたんでしょうか。
それ以上の追及はせず、最終給餌日だけ確認してお店を後にしました。

同日、別のお店でマラヤンブラッドパイソンのベビーも購入して帰宅しました。

で、購入数日後、スマトラブラッドパイソンが餌を食べません。
マラヤンブラッドパイソンも餌を食べません。

止むを得ずいつもお世話になっている店員さんに電話相談し、
その日に診てもらえることになりました。
スマトラブラッドパイソンはそのお店で購入した個体ではありませんでしたが、
そちらもお願いできました。

結果、スマトラブラッドパイソンは脱皮前だと教えていただきました。
マラヤンブラッドパイソンは原因が明らかでなく、
環境の変化に伴う拒食の可能性が高いということで 
強制給餌をしていただきました。

ただ、環境面でまだ改善すべき余地もありましたので、それも教えていただきました。
プラスチックケージ内に湿度勾配をつけて床材の水苔に乾燥した場所を作っていましたが、
それは不要でもっとしっかり全体を湿らすようにとのことでした。

確かに、過去の文献にもベビーは湿度が重要とあります。 

帰宅して改善点を変更し、数日したところスマトラブラッドパイソンは無事脱皮して
摂餌を再開しました。
ただ、店員さんから「少し痩せてますね」と言われましたが、
確かに言われてみると背骨がかなりくっきりしています。

寄生虫の影響なども考えられるでしょうが、今はとりあえずしっかり給餌してみて
安定したところでまた必要であれば獣医さんに連れて行ってみようと思います。

ちなみに、マラヤンブラッドパイソンはまだ拒食中です。
今日、初めて自分で強制給餌をして何とかピンクマウスを1匹呑ませることには成功しましたが、
早く摂餌を再開してほしいものです。

アダルトマウスMを食べています。
Lでも十分食べられそうでしたので、次回からはLサイズにアップします。

スマトラブラッドパイソン、摂餌中

 横顔がイケメンです。
性別は未確認ですが。
 スマトラブラッドパイソン、イケメンです

頭部が灰色のものは「クロムヘッド」と呼ばれ珍重されるようですが、
これもクロムヘッドということでよいのでしょうか。

成長に伴って模様が消失したりして変化していくようなので、非常に楽しみです。

数週間前からいたものの、ご紹介していなかった面子です。
ニジボア、レインボーボアと呼ばれる 仲間たちで、
鱗がその名の通りキラキラと七色に光るのが特徴です。

他に、コロンビアレインボーボアも流通が多いですが、
こちらは成長に伴って体の地紋が消失していきます。

地紋が残る分派手な印象のヘビになり、
「ブラ虹」とよく呼ばれます。

家に来た当初は拒食したり、置き餌しか食べなかったりして
パフォーマンスがいまいちでしたが、今はちゃんとピンセットからひったくって
ファジーマウスを食べています。

セッティングとしては、ケージインケージで、外側ケージの全体温度は31℃、
プラケースの中に分厚く引いた水苔に湿度勾配をつけて、
さらにプレートヒーターも引いています。

性格は、ブラジルレインボーボアの方がコロンビアレインボーボアに比べて荒いと言われていますが、
今のところハンドリングできています。
いくらヘビは見て愛でるものとはいえ、
メンテナンスのたびに飛びかかられるのはちょっと大変です・・・。 

全体像はこんな感じです
ブラジルレインボーボア全体像

 手の上でも大人しくしています
ブラジルレインボーボア、手の上にて

ちなみに、既出のグリーンパイソンですが、
「日々緑色になってゆく」だそうなのですが、
どうでしょう、変化はあったのでしょうか。
グリーンパイソンの変化

まだまだですね、これからが楽しみです。 

昨日、エメラルドツリーボアの初給餌日でした。
まだご紹介していないブラッドパイソン兄弟たちに拒食された直後だったので、
食べてくれるかどうか緊張したのですが、無事召し上がられました。

噛み付いて、締め上げて・・・
エメラルドツリーボア、マウスを締め上げる

 咥え直して
エメラルドツリーボア、マウスを咥え直し

モガー
この姿勢のまま呑み込んでいきます
マウスを呑み込んでいくエメラルドツリーボア

鳥の羽を貫通するために発達したと言われる牙が目立ちます
エメラルドツリーボアの牙

今回給餌したのはアダルトマウスのLサイズです。
同じように樹上でとぐろを巻くグリーンパイソンよりも消化能力は高いらしいですが、
それでもこの独特なとぐろの巻き方は消化に不利らしいので、
これを週1ペースにします。 

寝室が、アルビノサルバトールモニターのお姫さまを住まわせるために、
室温30℃、湿度60%という設定になっています。
ベッドの足元は床の敷毛布と暖突上部から発せられる熱により
異常に暑くなっています。
当然、人間が快適に眠れる設定とは程遠く、
最近の夜間は人工芝をひいた居間にごろ寝しています。 

ごろ寝の利点もあります。
床の高さの生体を眺めながら寝られるという点です。
今まではキイロアナコンダの美しい模様を眺めてニヤニヤしながら寝ていました。

残念ながら、今日風邪をひきましたが。

昨日から、寝ながら見られるメンバーに新しい面子が加わりました。

エメラルドツリーボアです。

グリーンパイソンももちろん素敵ですが、エメラルドツリーボアのイケメン度合は
ちょっと並みでないと感じていました。
多分ピット器官の並び方による印象の受け取り方の問題です。

昨日、よく行く爬虫類ショップに行きました。
そこで、いつもお世話になっている店員さんに、
「とげ男の毎日」が私によるものであることに先日気付いたと言われました。
時々見てくださっているそうで、とても嬉しかったです。

で、その日のお勧めはダイヤモンドカーペットパイソンでした。
とても綺麗だったのですが、 私はまだエメラルドツリーボアに未練がありました。

いろいろ悩んだ末、エメラルドツリーボアにしました。
これでツギオミカドヤモリの時には生かされているとは言い難かった高さ90㎝のケージが生きます。

その日は他に買った生体もあったのですが、
とりあえずエメラルドツリーボアの話です。

残念ながらデジカメの電池が切れていたのでスマホで写真を撮りました。

まじイケメン
エメラルドツリーボア、まじイケメン

あれ? 
エメラルドツリーボア、妖怪人間
 
これ、妖怪人間ベムか公然わいせつカットかのどっちかじゃないか?

照明の当て方を考えないと、毎日妖怪人間を見ながら寝ることになります。 

アルビノのサルバトールモニターです。

元々視力も弱く、右後足が昔トラップにかかった時の傷でうまく動かなくなっている、
紫外線も浴びられない病弱なお姫様・・・という感じでしたが、
寝室での放し飼いでよく体を動かすようになったせいか
最近「トゲオアガマ化」しつつある気がします。

部屋をケージに見立ててプレートヒーター代わりの電気敷毛布と断熱材を床にひいたり、
暖突をベッドの底面に付けてバスキングスポット代わりにしたり、
部屋に専用のヒーターを2つ、加湿器を準備したり、
床を全面人工芝にしたりしました。 

最初のうちは毛布の上で休んでいるだけだったのが、
今では部屋の壁を叩く、ベッドの上で居眠りをしている私の顔の上を走るなど
かつてのトゲオアガマやイグアナを彷彿とさせるバイオレントな行動が増えてきました。

ちなみに排泄は全部水容器の中でしてくれています。

獣医さんからは「肥満の一歩手前」と言われているので、
食餌制限と運動管理で元気に育ててあげたいです。

暴れた結果、荷物が崩れて下敷きになりました。
「ウヒヒ」
荒ぶるサルバトールモニター

そして、グリーンパイソンはいきなり脱皮不全です。
グリーンパイソン、脱皮不全
脱皮直前に餌を食べてしまったからでしょうか・・・。
それにしても、本来なら剥け始めの最初となる頭部が全く剥けていないとはこれ如何に。 

このページのトップヘ