とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

数日前にダイヤモンドバックテラピンの腹側の甲羅の変色、変形に気付き、
今日獣医さんに診てもらってきました。

私はヒーターによる火傷かと思っていたのですが、
獣医さんは一目見るなり「あーテラピンにはよくある、感染だね」と言いました。

そして、器具を用いて患部をほじり始めると、中からとめどなく白い感染壊死組織が出てきました。
ほじるのに妨げになる甲羅部分はハサミで切り取られました。
とにかくほじってほじってほじりました。

ほじりながら、
「テラピンは元々水の出入りの激しい綺麗な汽水域に棲んでいるから、水にうるさいんだよね。
大人になるとそれなりに抵抗力もつくんだけど、仔ガメのうちは特に。
飼育下では自分の糞の細菌に感染しちゃうことが多い。
しかも、外側に向かって菌塊ができたり、
感染巣が周囲の組織からくっきりわかれている場合はいいんだけど、
周囲組織との境界が不明瞭な場合は、治療しても治療しても再発することが多い。
これは、長期戦になるよ。」
と言われました。

ひとしきりほじり終えると、イソジンで消毒して最後に抗生剤を注射しました。
自宅で使う、抗生剤+キトサンの外用薬ももらいました。

週2回の換水頻度で最初の数か月間は問題なく管理できていたことを考えると、
気温が上がり水に細菌が繁殖しやすくなってきていたのかもしれません。
特に換水頻度が少なかったといったことは指摘されませんでした。

現在の、毎日換水+フィルターの濾材にサンゴ石+人工海水の素を規定量の半分、の管理は
継続していったらよいとのことです。
水替えの際に外用薬を患部に垂らして1時間程乾燥させ、
水槽に戻してやるようにと指示されました。

感染ということなら、なるたけ水槽内もシンプルにした方がいいと思われるので、
流木は撤去しました。

「本来なら大きな水槽でしっかり泳がせてやるべきなんだけど、
仔ガメのうちはプラケースで毎日換水してやるくらいでもいいかもしれないね。」
と言われました。

1週間後に再診予定です。

ダイヤモンドバックテラピン、患部処置後です。
獣医さんがほじっている様子を横で見ながら私が「ひどい・・・」と呟いたら、
「んーみんなこんなもんだよ。」と言われました。
ここに毎日外用薬を垂らします。
ダイヤモンドバックテラピン、患部

ダイヤモンドバックテラピン、獣医さんから帰宅して一息。
ダイヤモンドバックテラピン、帰宅して一息

頑張ろうね。

帰り際に獣医さんに新しい獣医用麻酔薬の話をされ、
麻酔談義に花が咲いたのがせめてもの明るい話題でした。
もしかしたら、気落ちしている私を気遣ってくださったのかもしれません。

昨日、ダイヤモンドバックテラピンが何となく活気がないのに気付きました。
いつもなら、私が水槽の前を通過するだけで即座に餌くれ踊りが始まるのに、
大人しくバスキングしているだけで特に反応しません。

夏場なので水質悪化が早いのだろうかと、水替えをすることにしました。
水替えをして、カメ本体は異常がないかと見たところ・・・
甲羅の一部が変色、変形していました。

以前は水槽のヒーターにカバーを付けていましたが、
どうもカバー自体が汚れが溜まりやすく不潔の原因になっているように思われたので、
数か月前からカバーを外していました。

ダイヤモンドバックテラピン自体は泳ぎが上手で
水底のものにずっとくっついていることはまずないため、
これで問題は起きないだろうと思っていました。

が、水槽に入れている流木には時折しがみついて遊んでいたため、
流木とヒーターは離してセッティングするように気を付けていました。

しかし、前回はそれを忘れてしまっていました。
流木のすぐそばにヒーターを置いてしまっていました。
そしたら、ヒーターにくっついて火傷をしてしまったようです。

慌てて獣医さんに予約の電話をしたところ、
予約が込み合っているので早くて木曜ということでした。
とりあえずそれでお願いしました。

そして、火傷の一般的な治療として感染対策が挙げられるため、
創部の清潔を保つため水替えは毎日することにしました。

幸い、今日になったらだいぶ活気が出てきて
餌もよく食べています。

大事に至らないことを祈ります。

カメを腹側から見た様子です。
向かって左側が変色、変形しているのがわかります。
ダイヤモンドバックテラピン、火傷1

斜めから見た様子です。
写真ではわかりにくいのですが、甲羅に小さな穴が空いています。
ダイヤモンドバックテラピン、火傷2

今日明日は東京レプタイルズワールド(トウレプ)ですね。
人が多いところが苦手な私は、今まで一度もイベントに行けていません。
普段なかなか目にすることのできない生体、新しい機器展示、
可愛い爬虫類グッズ、楽しいトークショーと素敵なことてんこ盛りなのはわかっているのですが・・・。

最近、爬虫類と「触れ合いたい」ことが多く、
今日はついに家の生体で最も危険な一人、ツギオミカドヤモリのハンドリングを決意しました。

購入してから数回触れたことはありましたが、
ある日突然「グェゲッ」という奇声と共にザックリ噛まれてからは
事あるごとに餌スプーンにまで噛み付いてくる状態になりました。

それからは怖くなり、基本的にハンドリングは諦めていました。

が、今日何を思ったかどうしてもツギオミカドヤモリの「すべすべ感」が堪能したくなり、
革手袋を装着の上ハンドリングすることを決意しました。

おっかなびっくり革手袋の上から。
ツギオミカドヤモリ、革手袋の上で

意外と・・・今日は大人しいな。
よし、ちょっと素手の上に載せてみよう。
ツギオミカドヤモリ、素手の上へ

おお、いける!
反対側の手に載せてみよう。
ツギオミカドヤモリ、最高です

すべすべ、もちもち、ずっしり、最高です!!

猫も見に来ました
ツギオミカドヤモリと猫

この直後猫パンチが発生したので、猫はお引き取り願いました。

ヒョウモントカゲモドキを飼育し始めておよそ1年弱になりますが、
今日初めて脱皮を目撃しました。

数日前からやけに白っぽいなあとは思っていたのですが、
今日ケースの中を見たら脱皮中でした。
しかも、脱皮スピードは非常に早くおよそ5分程度で終わりました。

脱皮が終わると同時に脱皮殻が消えていたので、脱皮殻は食べてしまったようです。
ツギオミカドヤモリも脱皮殻は食べているようですが、
イグアナやトゲオアガマ、アオジタトカゲなどは食べません。
脱皮殻を食べる種と食べない種で何が違うのでしょうか。

幸い脱皮不全などもなく、全身綺麗に剥けました。

意外なことに、今までヒョウモントカゲモドキを触って威嚇をされたことはなかったのに、
脱皮中のヒョウモントカゲモドキを触ったら「ヒョォウ」というような音を出されました。
彼らにとって、脱皮中は真剣勝負なので邪魔をされたくないのかもしれません。

ヒョウモントカゲモドキ、脱皮中

1週間前まで口腔内膿瘍で入院していたゲイリートゲオアガマのその後です。

餌の葉野菜を入れてもすぐに食べる様子はありませんが、
時折床に撒いてあるレンズ豆を拾って食べています。
少なくとも、全く食欲がないとか口が痛くて食べられないといった様子はなさそうです。

全身状態の悪化を反映してか脱皮不全にも陥っていたのですが、
今は脱皮もまた少しずつ進行し始めて下から新しい皮膚が出てきており
全身状態も改善してきているようです。

週末結局体調が悪くて床材総入れ替えはできなかったのですが、
また近いうちにやりたいと思います。

無事に立ち直ってくれることを祈ります。

以下、今日の元気そうな姿です。

すいませーん
ゲイリートゲオアガマ、「すいませーん」

こんにちはーっ
ゲイリートゲオアガマ、「こんにちはーっ」

だれかーっ
ゲイリートゲオアガマ、「だれかーっ」

ちょっとー
ゲイリートゲオアガマ、「ちょっとー」

うわーっ
ゲイリートゲオアガマ、「うわーっ」

ねぇーっ
ゲイリートゲオアガマ、「ねぇーっ」

あーっ だれもいないー
ゲイリートゲオアガマ、「だれもいない」

今日、近場にあったものの一度も行ったことのなかったホームセンターに行ってみました。
なかなか大きく、ペットコーナーもかなり充実しています。
その一角に爬虫類コーナーがありました。

仔リクガメやニオイガメ、スッポン、ヒョウモントカゲモドキなどがいます。
その中に、気になる個体を見つけました。

オオヒルヤモリです。
無論、お店の生体なので写真は撮れませんでしたが、
鮮やかな緑色の体に赤い紋様を持つ、大型の昼行性ヤモリです。

これだけならさほど驚くことはないのですが、
その個体がフロッピーテールになっていたのです。

フロッピーテールとは、生体が頭を下にして壁に張り付いた時に
尾が根元から背側に向かって折れ曲がってしまっている状態のことです。
頭を上にして張り付いても、尾の根元は窪んでしまっています。
本によると、レイアウトにより頭を下に向けている状態をずっと続けていたり、
カルシウム不足の状態だと起こったりするようです。
残念ながら、根治する方法はないとのことです。

入荷日を見たら、平成24年9月とありました。
2年近くこのホームセンターでキープされています。

改めて個体を見ると、フロッピーテールがひどく、
尾の脊椎の椎体が腹側に向かって飛び出しているのがわかりました。

人にケージを覗かれるのには完全に慣れているらしく、
私が顔を近付けて生体の顔に10cmくらいの距離でしげしげと見ていても
逃げる素振りはありません。
吸い込まれそうなほど大きな黒い瞳、美しい体色、そしてフロッピーテールです。

居たたまれない気持ちになりその場を離れました。

帰宅後、爬虫類との「触れ合い」が欲しくなり、
私の飼っている中で限られた「触れ合える爬虫類」、ヒョウモントカゲモドキを手に乗せてみました。

ぬいぐるみみたいです
ぬいぐるみのようなヒョウモントカゲモドキ

すべすべの肌触りと大人しさに癒されます
ヒョウモントカゲモドキ、癒されます

ボールパイソンが、いろいろな意味で目覚めてきているようです。

季節性の拒食は先週終了し、それからは週2回アダルトマウスLをよく食べています。
五感がよりくっきりと目覚めつつあるのか、
昨日はマウスの解凍が終わりマウスの入っている袋を開けた瞬間、
臭いを嗅ぎつけて頭を持ち上げて側面のプレートヒーターにアタックしていました。

解凍と無関係に私が側面のガラスに手を当てただけでも
ガラスを通じて熱が伝わりピット器官(口の上にある温度センサー器官です)が反応するらしく、
舌を出しながら様子を伺っています。

また、私がケージの前を通っただけで振動を感じ偵察のために頭を持ち上げています。

五感が目覚めつつあるのだな・・・と思います。

そして先日、拒食中は我慢していたハンドリングをしようと思い立ちました。
今までケージ掃除などで体全体を持ち上げてケージ内を移動させるくらいのことはしていましたが、
本格的なハンドリングは半年前に購入してから初めてです。
ワクワクします。

さあ、ケージ内に手を差し入れて一気にボールパイソンを持ち上げようとします。

指先が触れた瞬間、

シューーーー・・・

あれ?
何かシューっていっているかも?
気のせいかな?

30秒くらいしてもう一度、触ってみました。
触った瞬間、

シューーーー・・・・

あ、噴気音だ・・・
触るなって言われた・・・

いろいろ目覚めた結果、野性に目覚め触られることの不快さにも目覚めてしまったようです。
拒食すると困るので、不要に触るのはやめようと思いました。

触るだけでこんなに反応するのでは、ケージ掃除も困難になりました。
まあ、しないわけにはいかないので
ボールパイソンに触らないようにしながらすることになると思うのですが。

今日もマウスがうまい!!
ボールパイソン、絶賛お食事中!!
ボールパイソン、絶賛お食事中

今まで何度か、イグアナにラップを誤食させてしまっていましたが、
一昨日も私の不注意からさせてしまいました。

一昨日冷凍コオロギを解凍しようとして、量が多かったのと
イグアナはお気に入りの場所で眠っていたので
「まあ、今日は大丈夫かな・・・」と思ったのが間違いでした。
サバンナモニターのプレートヒーターを少しずらし、
そこに冷凍コオロギを大量に包んだラップを置いておきました。
まだ熱があったのもあり、だるくてそのまま小一時間眠ってしまいました。

目が覚めて、「コオロギ・・・」と思い見に行くと、ラップとコオロギの大半は消失しています。
ぼんやりしていた頭が一気に覚め、「イグアナだ!!」と思いました。

イグアナは元と同じ場所、同じポーズでで昏々と眠っています。
惨状を見ながら、「またやってしまった・・・」と思うと同時に、
切っていたラップのサイズが20㎝×20㎝と今までになく大きかったことを思い出しました。

改めてよく見ても、ラップは残っていません。
「全部食べちゃったのか・・・」
非常に不安になりました。

無事に腸管を通過して欲しいと思いましたが、
昨日と今日の朝排出された便は泥状でラップは含まれていませんでした。

毎日、一応餌は食べていることがせめてもの心の拠り所でした。

そして今日の夕方、犬をいつものように室内散歩に出してやっていると、
犬が何かを見つけて大興奮しています。
犬をどうにか退けて見てみると、それはイグアナの糞です。

しかも、よく見るとそれは糞として排出されたラップの塊でした。

よかったです!
無事に腸管を通過したのです!

改めて、イグアナに非常に申し訳なく思うと同時に、
状況的にどんなに大丈夫そうであっても
イグアナが動き回る飼育部屋の中でコオロギを解凍するのは二度と止めようと思いました。

ラップの塊を含む糞
ラップの塊を含むイグアナの糞

犬のケージを棚に組み込み、棚の編成を変えたところで
新しくお気に入りの場所を見つけました。
いよいよ天上人じみてきました。
天上人、グリーンイグアナ

今日、獣医さんのところへゲイリートゲオアガマの退院の迎えに行ってきました。

ゲイリートゲオアガマは、10日程前から嘔吐のような動作と食思不振があったので、
1週間前に獣医さんのところへ連れて行き、口腔内膿瘍と診断されました。
1週間入院して、補液、抗生剤治療をしてもらっていました。

獣医さん曰く、
「1週間で感染のコントロールが完全に出来たかどうかは微妙なところなんだけど、
とりあえず餌は取るようになったから、家で様子を見てください。
内服薬の投与は難しいから、抗生剤はこれでお終いにします。
また調子が悪くなるようだったら、すぐに連れてきてください。」
ということでした。

とりあえず連れて帰ってきて、いつものケージに放したところ
いそいそとバスキングをして、体が温まったところで
地面に落ちているレンズ豆をせっせと食べ始めました。

なお、バスキングスポットはバスキングライトの向きを調整することで、
獣医さんのアドバイスに従って80℃近くに設定し直しました。

明日、ケージ床材の総入れ替えもしようと思っています。
今度は、アクアソイル(水草用の土)なしで、鳥用の種のみで床材を構成するようにします。
加えて、ホームセンターでバスキングスポットに置く用のレンガか何かも買ってきます。
以前購入して置いてみた石はどれもトゲオアガマたちに不評で、
全く上に乗ろうとしませんでした。

これで問題なく立ち上がってくれることを祈っています。

帰ってきたゲイリートゲオアガマ
帰ってきたゲイリートゲオアガマ

よくぞ帰ってきてくれた
ゲイリートゲオアガマ、帰ってきてくれてうれしい

同居人のサバクトゲオアガマ
同居人のサバクトゲオアガマ

キタアオジタトカゲの拒食が数か月の長きに渡っています。

昨年秋に拒食した時には、獣医さんに
「冷凍コオロギよりもCAN O' CRICKETSの方が反応がいいかもしれない」と言われ、
実際冷凍コオロギには見向きもしなかったのがCAN 'O' CRICKETSは食べました。
それからしばらくして、冷凍コオロギの摂餌も再開しました。

CAN O' CRICKETSはフタホシコオロギの半生缶詰です。
開けると、独特のコオロギ臭がします。
カン・オー クリケット CAN O’ CRICKETS 35g 爬虫類 餌 エサ 缶詰 関東当日便
カン・オー クリケット CAN O’ CRICKETS 35g 爬虫類 餌 エサ 缶詰 関東当日便

今回の拒食に際しても、この話を覚えていたので何回かCAN O' CRICKETSを試してみましたが、
残念ながら食べてくれませんでした。

数日前、
「ボールパイソンの拒食が終了したのだから、
キタアオジタトカゲの拒食ももうそろそろ終了かもしれない。
もう一度CAN O' CRICKETSを試してみよう。」
と思い、急きょ取り寄せました。

一昨日CAN 'O' CRICKETSが届いたので早速あげてみたところ、5匹程食べました。
ここ数か月冷凍コオロギを一切食べていなかったことを考えると進歩です。

今日もあげてみたところ、8匹程食べました。
明日もあげてみて、体重を測って前回の体重測定から減っていなければ経過観察とします。
減っているようだったら、明後日ゲイリートゲオアガマの退院を迎えに行くのと一緒に、
獣医さんに診てもらうことにします。

今日もややだるいです。
早く休むことにします。

グガー!
(フトアゴヒゲトカゲ)
フトアゴヒゲトカゲ熟睡

このページのトップヘ