とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。


キタアオジタトカゲ
アオジタトカゲは、好き嫌いが分かれるトカゲであるとよく雑誌などには書かれています。
「スキンク科」と言われる種族に属していますが、彼らはよく言えばツヤツヤ、悪く言えばヌメヌメして見えます。
眼光もやたら鋭いです。
ヘビが嫌いな人はあまり好きではないかもしれません。
日本の草むらの日向で見かける、銀色~青銅色のピカピカしたトカゲもスキンク科です。
私の父は、
「小さい頃大きいお祖父さんお祖母さんの田舎を訪ねると、道端にアオダイショウがいたりした。
怖くて怖くて、一歩一歩後ろに下がっていって、ヘビの姿が見えなくなると本当にほっとした。
田んぼのあぜのところにもいて、カエルが襲われたりしているのを見ると心底怖かった。
トカゲも、日向のところで妙にピカピカ光っていたりして、僕が見かけると同時に向こうも察して、さっと草むらの中に消えていくそんな姿が怖かった。
それが原風景になっていて、今でも爬虫類がとても怖いし苦手だ。」
という話をしていました。 
爬虫類が好きでない人には全く受けない、そして爬虫類好きの中でも好きな人は一群に過ぎない仲間たち、それがアオジタトカゲです。
「ツチノコ」みたい、という話もあります。
まあ誰も本物の確証のあるツチノコは見たことがないのでみんなの想像するツチノコに過ぎないのですが。
では、ツチノコはアオジタトカゲなのでしょうか。
ツチノコが頻繁に目撃されたのは1960年代で、アオジタトカゲが輸入されるようになったのはここ十数年の話ですから、飼育されていたアオジタトカゲが逃げ出して目撃されてツチノコと称された、というには残念ながら時代が違います。
では、あらためて私の飼っているアオジタトカゲたちをご紹介していきたいと思います。

以下、キタアオジタトカゲです。 
最も環境適応能力が高く、またアオジタトカゲの中でも最大の体長になるため多く販売・飼育されています。
キタアオジタトカゲ
申し訳程度の前肢がついているのがおわかりいただけるでしょうか。

アオジタトカゲの名前の由来になった、青い舌を出し入れして様子を窺っています。
顔だけ見ていると実にヘビのようです。
キタアオジタトカゲ・舌
手前にあるのはスプーンです。
スプーンを見せると怒って口を開けて威嚇してくるのが一般らしいのですが、彼はむしろ興味津々です。

ジロジロ
キタアオジタトカゲ

ベロー
キタアオジタトカゲ・舌=

次は、黒い四肢、黒いバンドの入った尾、頭の模様の乏しさが妙に「江頭2:50」を彷彿とさせるアンボンアオジタトカゲです。
アンボンアオジタトカゲ

アンボンアオジタトカゲ


顔はキタアオジタトカゲに比べ少し優しげに見えますが、実際は性格的に荒くケースの中を覗き込んだだけで「シューシュー」という威嚇の噴気音を出してきます。
また、以前キタアオジタトカゲと同じケージに入れたら、アンボンアオジタがキタアオジタに噛み付くという事件も発生しました。

次は、キメラアオジタトカゲです。
キメラアオジタトカゲ
アンボンアオジタ以上に神経質で、こっそり撮影するのに苦労しました。
一般的にも「キメラは荒い」と言われているようです。
まだ全長10cm程度の幼体なので体に帯状の模様が入っていますが大人になるにつれ段々と模様は薄くなっていきます。
薄くなる程度は個体差があります。
色は一般的に「シルバー系」と「ゴールド系」に分かれ、この個体はゴールド系です。
話が逸れますが、フロリダで毎年開催される爬虫類エキスポでは、「キメラおばちゃん」なるブリーダーが存在し、その人のブースで売られているキメラアオジタはやたら高いのだそうです。
が、高いのには理由があり、成長すると完全に模様が消え、完全なゴールドになるのだそうです。
我が家の個体もどんな風に育つのか、楽しみであります。
 

今朝、起きたらツギオミカドヤモリ(漢字で書くと「接尾帝守宮」で、帝釈然とした在り様はまさに王様です。我が儘でよく手にも噛み付いてきますし。)のケージの入り口が開いていて、中に本体がいませんでした。
前日の霧吹きの後に少し開いていた入り口をこじ開けて脱走したようです。
今までも家の中でいろいろなものが脱走してきましたがヤモリが脱走したのは初めてでした。
ヤモリが脱走すると厄介なのは、あらゆる壁面にくっつくため、通常のトカゲに比べて隠れる可能性のある場所が4倍くらいになることです。
(ちなみに、数年前に知ったのですがヤモリが壁面にくっつけるのは、分子と分子が引き合うファンデルワールス力によるのだそうです。
ヤモリの足と壁の分子同士が引き合ってヤモリはくっついていられるのです。
すごいですね。)
カーテンの裏側や他のケージの脇、荷物の下など見ましたが発見できず非常に困っていました。
発見できないまま夜になり、ブログの更新をする精神状態ではなく不穏に過ごしていました。
その時、「ゲフッ」という咳をするような音が、ケージを収納している什器(「じゅうき」と読みます。コンビニなどで商品陳列してあるような棚です。)の辺りから聞こえたような気がしました。
ケージの裏側を見ましたが、やはりいません。
念のため悪戦苦闘しながら什器の下部分を外して見ると・・・王様発見せり!

日中はやや寒い室内のどこかに隠れていたのが夕方になり私が床暖房をつけて、一旦床に移動。
しかし、室内がやや暑くなったため床暖房は中止。
段々と冷えてきて動きも鈍くなり(爬虫類はしばしば脱走して寒いところに入り込んでしまうと、そのまま動くエネルギーが得られなくなって動けなくなってしまうことがあります。)、文字通りフリーズ。
そこでホコリを吸ったか何かで咳き込み、発見さる。
そんなストーリーを考えました。

こうして無事に発見、噛み付きに注意しつつ捕獲し、ケージに戻しました。

ツギオミカドヤモリ

・・・・・。


ツギオミカドヤモリ

ベロベロ

グリーンイグアナ・エリスリティック

ウォーッ!!


 

バポナを吊るして数日・・・
アンボンアオジタトカゲのケージに敷いてあるペットシーツ上に動いているダニもいなくなりました。
が、ケージのある部屋の隣室に置いてあったサソリが今日大量死していました。
コオロギやゴキブリは死ぬかもしれないが、サソリくらい頑丈そうな生き物だったら
同じ節足動物であっても大丈夫とたかをくくっていました。
全長20cm程度のダイオウサソリ3匹と3cm程度のイスラエルコガネサソリ1匹が死んでいました。
コオロギは離れた別室でしたが、サソリは隣室に置いたままにしていたのです。
ダイオウサソリの中には出産が楽しみな妊娠中の個体もいました。
出産間際になってくると腹部が大きく膨れ上がってきます。
サソリの中には「出産」する種がいて、ダイオウサソリもそういった種です。
以前、家で出産したサソリの写真をご紹介しておきます。
カメラで動画撮影したものをさらに撮影しているのでやや見づらいですが、まごうかたなき親仔サソリです。

ダイオウサソリ

こんな感じで、出産した仔サソリは1週間くらい母親の庇護下で暮らします。
1週間後には母親の背中から降りて自分で餌を探し始めます。
この時は18匹産まれて、湿度の問題や脱皮の問題、摂餌の問題など種々のトラブルを乗り越えて現在生き残りは3匹です。
その後も、妊娠個体が出産時なぜか出産できずにそのまま命を落とした事例などもありました。
今回は明らかに人災です。
一回バポナを撤去して、ダニとサソリの様子を見ることにします。

生体の話からは少しそれますが、昨日一眼レフを購入しました。
生体の写真をより綺麗に残したり、野外でいろいろ生き物たちを撮影したりしてみたかったからです。
以前から欲しいとは思っていましたが、今回ブログを始めたら良いカメラがいよいよ欲しくなってしまいました。
ネットでちょっとだけ調べたら、CanonのEOS D60という比較的お手頃価格のものがお勧めされていたのでこれを購入し、レンズは単焦点レンズで始めてみることにしました。
単焦点レンズというのは焦点距離が固定されているものです。
それ以上の難しいことはまだわかりません。
初心者は単焦点レンズで腕を磨きましょうとありました。
一眼レフって何が特徴なのかよく把握できておらず(現在もあまりできていないのですが)、場面に合わせてレンズをいろいろ取り換えられるものらしいです。 
カメラが好きな父に話をしたら、「おお、イオス買ったのか!!」と言われました。
イーオーエスではなくイオスって読むんですか。
「生体撮るんだったら、背の低い三脚とかリモートシャッターも必要になってくるぞ!!!
ミラーあるやつだよな!?
ミラーが付いてるやつがいいぞ!!」
お金がかかります。
まあ、生体が一番お金がかかるんですが。
ちなみにEOSはミラーありです。

本日宅急便で届きましたが、残念ながらメモリーカードがなかったことに気づきました。
amazonプライムで本日届くようにしましたが、あと3分以内に頼まないと本日中に届かないと書いてあったので慌てて16GBのものを何も考えずに買ってしまいました。
これでよかったのでしょうか。
機械に疎い私はよかったのか悪かったのかもよくわかりません。

一眼レフの到来と共に、スマホ写真ともさようならです。
記念に最後に、イチゴをあげた時の写真をアップしようと思います。

オニプレートトカゲ
イチゴは最高だ!!(オニプレートトカゲ)

フトアゴヒゲトカゲ
特に赤黒くなってきたやつは最高だよな!!(フトアゴヒゲトカゲ)

グールドモニター
俺はそんな女子供が喜ぶものは食わねえんだよ!!(グールドモニター)
(ちなみに彼らは女でも子供でもない。)

トーマストゲオアガマ
150Wの超灼熱の中、家族団欒。
 

「我は大きい」、誰でしょうか。

ツギオミカドヤモリ・ニューカレドニアゲッコー

まあ一部隠れているんですが、皆にはわからないだろう。フフーフ。

ツギオミカドヤモリ・ニューカレドニアゲッコー2

まだわからない人もいる・・・かもしれない。

ツギオミカドヤモリ・ニューカレドニアゲッコー3

我こそ世界最大ヤモリ、「ニューカレドニアジャイアントゲッコー」、またの名を「ツギオミカドヤモリ」という。
 
世界記録では全長43cmなのではるか及びませんが、私のツギオミカドヤモリも37cm程度ありなかなかの迫力です。
ツギオの名は、まるで尾が継ぎ足したかのような形をしていることから名づけられました。
一般に動きがゆったりしておりハンドリングが可能とされ、そのビロードのような手触りに夢中になる人も多いようですが、残念ながら私の飼っているツギオミカドは持とうとすると「フェフェッ」「グゥーウェー」のような奇っ怪な声で威嚇してきて、さらに手に噛み付いてきます。
2度ほど噛まれましたが、まるで爪切りで切ったように 切り口はざっぱり切れており大出血でした。
まあ元々着ぐるみのような動きが愛らしかったので今は観賞用と割り切っていますが。
 

ツギオミカドヤモリ・ニューカレドニアゲッコー4

この顔を「悪魔の微笑」と呼ぶマニアもいるらしいです。

ツギオミカドヤモリ・ニューカレドニアゲッコー5
 
ウヒョヒョ。
全く関係ないですが、口元は「ゆうやみ特攻隊」に出てくる、上下の口唇を縫い合わされた悪霊、ミダレガミみたいです。


 

トゲオアガマの床材については、ショップの店員さんに「水草用土」と「鳥用タネ」をそれぞれ勧められたことがあります。
が、実際のところどうなのでしょう?
下記書籍を参考にしてまとめてみました。

Uromastyx (Complete Herp Care)
John F. Taylor
TFH Publications, Inc.
2012-12-01


まず、順番に使っていろいろ試してみるとよいそうです。
では、一番目の床材で「人工芝」あるいは「カーペット」です。
カーペットをケージに使おうとする人がいることにも驚きましたが。人工芝は彼らの穴を掘りたがる性質に一致しておらず、カーペットは手が繊維に絡まってちぎれてしまったり、首が絡まって死んだりするのであまりお勧めできません。
次に「園芸用土」です。これは、人工肥料が含まれていたり、保温性が低く保湿性が高いことからお勧めできません。(ただの土ならともかく、わざわざ園芸用のものを買ってきて使う人などいるのでしょうか。) 
次が「牧草ペレット」です。これは誤飲による影響もなく、むしろ栄養豊かですが、見た目が自然でない、排泄物を吸収した後の処理が大変などといったことが挙げられます。ので勧められません。
そして、「新聞」です。
新聞を短冊状に切ったものは以前から爬虫類業界では安心のクオリティです。
誤飲しにくい、あるいはしても問題にならないという利点もあります。
しかし、トゲオアガマでは掘りたがる性質に適さないことや インクが生体に影響を及ぼす可能性があるのでやはり勧められません。
そして次は「鳥用タネ」です。 これは、一部ブリーダーの間でも評判がよいそうです。
最後に著者本人が最も勧めるのが「砂」です。重いのが難点ですが、細かいタイプを選べば誤飲による腸閉塞も起こしません。爬虫類用である必要もなく、子供の砂場用の砂でよいと書いてあります。

現在は、水草用土と鳥用タネの混ざった床材のケージと、水草用土の床材のケージとあります。次に試すべきは砂ですかね。 

トゲオアガマはなぜか舌をヘビか何かのようにちょろちょろ出して床材を舐めながら歩いていることがあります。
グリーンイグアナでも同じような現象をよく見ます。
トゲオアガマの場合、ちょろちょろ口の中に入っていくこれが土だったりすると、ものによっては腸閉塞を起こしてしまうようです。
非常に可愛い仕草ですが、どうしたものか悩みます。 

体重は、爬虫類を飼う上で人と同じく健康のバロメーターとなります。
急激な体重増加や減少は問題です。
毎日図っても排泄や摂餌などで数グラムは変わってしまうので、一週間おき程度がよいと雑誌で読んだことがあります。
一時に総ての生き物たちの体重を一気に測定するのも大変ですし(そもそも家のグールドモニターのように測れるほどじっとできない生体もいますが・・・)、今日はトゲオアガマたちの体重測定の日にしようと思います。
 
トーマストゲオアガマ アダルト(オス) 101g
トーマストゲオアガマ アダルト(メス) 94g
トーマストゲオアガマ ベビー(オス ) 36g
エジプトトゲオアガマ ヤング(オス) 269g
エジプトトゲオアガマ ヤング(メス) 124g
ゲイリートゲオアガマ アダルト(オス)(1)(左下肢欠損) 136g
ゲイリートゲオアガマ アダルト(オス)(2) 94g
サバクトゲオアガマ アダルト(オス) 137g

トーマスは以前写真掲載した三段お重の下からアダルトオス、アダルトメス、ベビーになります。
ゲイリーは臆病で体重測定後すぐにシェルターに隠れてしまいましたので、エジプトトゲオアガマとサバクトゲオアガマの写真を載せようと思います。

写真1
エジプトトゲオアガマ

まずこちらはエジプトトゲオアガマのオスです。トゲオアガマの中では最大種であり、全長70cmに達することもあります。現在、目測で大体30cm程度です。トゲオアガマに関する論文では、ケージが広々としていた個体群の方が大きくなる傾向を示していたようなのでいずれは120cmケージにエジプトトゲオアガマだけわけてやった方がいいかもしれません。

写真2
エジプトトゲオアガマ・サバクトゲオアガマ


手前がエジプトトゲオアガマメスです。オスより3回り程度小さくみえるでしょうか。光線と緊張状態のせいであまり発色はよくありませんが、照明の下で暖まっているとうっすらとしたオレンジ色が発色します。奥はサバクトゲオアガマです。黄色の発色がよいことが窺えます。また、体幹の尾部付近に白くなっているところがありますが、これはショップでの火傷だと思われます。
彼らは活動したり餌を消化したりするにあたって「選好体温」とされる温度まで体温を上昇させなくてはなりません。この選好体温は種によってことなりますが、もともと岩砂漠のようなところで暮らしているトゲオアガマは高温環境に順応しておりその選好体温は50~70℃といわれています。理想的な爬虫類の行動パターンは「選好体温まで体温を上げ、活動、食事、体が冷えてきたらまた選好体温まで上げる」の繰り返しにあります。このため、体を温めるためのバスキングスポットの温度が低いとそこにずっと留まりいわゆる「低温火傷」をしてしまうようです。今は幸いよい行動パターンができているので、火傷も徐々に改善してくることを期待します。 

昨年11月に購入したグリーンイグアナおよび今年1月末に購入したアンボンアオジタトカゲにダニが付いていた件については先日少々書かせていただきました。
ダニは爬虫類飼育をしていく上で避けて通れない問題なので(購入してきた個体に付いていないことが望ましいものの、しばしば付いています)、かかりつけの獣医さんに教えていただいた撃退方法について改めて述べさせていただきます。

撃退の前に、簡単に私の個体の場合の発見経緯を書かせていただこうと思います。
ヘビなどでは、個体が水に入った後ににダニが浮いていることがあるようです。
私の場合は購入した個体をペットシーツに載せていてしばらくして見てみると赤や茶色の小さい粒がペットシーツに落ちており、それが蠢いていて初めて気が付きました。
それでも、イグアナに付いていた赤いダニはあまりにも元々小さく人工飼料のカスにも似ていたため2か月間程気づきませんでした。
血液を吸って丸々としていたものを潰して初めて気が付きました。
無論、体をくまなく観察して早期発見することが一番大切ですが、グリーンイグアナはエリスリティック(黄色色素の欠乏した品種で、体全体が褐色~橙色をしています。部分的に色素が残存していることもあります。)で地の色がダニによく似ていたため、「ダニがいる」という眼差しで見てもなかなか発見することができませんでした。
それでも、クレスト(背部に生えているトゲのようなものです)周囲をよく観察すると小さい粒々が動いているのが見えました。

次に、ダニの撃退方法についてです。
薬局でアース製薬から販売されている「バポナ」という有機リン農薬樹脂シートを購入してきます。
バポナ


これは2012年5月まで購入に当たり書面の必要な劇薬指定でしたが、以降それは解除され第一類医薬品となっています。
「虫コナーズ」では効果はありません。
第一類医薬品は薬局に薬剤師さんがいる時でしか買えません。
まずはそこで爬虫類を置いている部屋の広さに合った「~畳用」のバポナを購入してきます。
爬虫類を飼育している人はしばしば多くのケージ、個体を所有していることが多く、仮に1個のケージでダニが見つかったとしても、他のケージ総てに対し感染が拡大している可能性があります。
このため、部屋の中にケージのある棚の反対側にバポナを吊るして様子を見ます。
バポナは空気より重いので部屋の空気の下の方に貯留します。
一日一回空気を入れ替えて空気中の濃度が高くなり過ぎないようにします。
バポナは化学兵器のサリンと同様の機序を持ちますので、人や生体に影響が出ないとも限りません。
もし体調が不調になることがあれば中止して、程度次第で時に急いで医師を受診することが必要になります。
また、この駆除を行っている間はなるたけケージ内はシンプルなレイアウトとし、ケージ内の清潔にいつも以上に気を配らなくてはいけません。
加えて、生餌のコオロギなどを保管している場合は同じ部屋に置いておくと全滅の可能性がありますので他の場所へ移しておきます(能書きにはゴキブリの駆虫も可能と書いてあります)。
ダニの撃退方法として、小さく切ったバポナをケージ内に吊るす、生体の体に犬猫用フロントラインを塗るなどもあるようです。
が、前者後者の方法とも他ケージへ移行しているダニに対応できないこと、後者の方法では顔に塗れないのでその部分が駆除不十分になってしまうことなどから、部屋にバポナを吊るす方法がお勧めなのだと獣医さんは言っていました。
ダニは、不快である、病原体の保有者となるなどの問題点に加え、脱皮不全なども引き起こします。 なるたけ速やかに除去してやらなくてはいけません。
下の写真は11月に購入した当初のイグアナですが、脱皮不全からクレストがボロボロになっており、足趾も部分的に欠落してしまっていました。脱皮不全は、残存した皮膚の部分が縮まることによってその部分の血流を悪化させて脱落させてしまうことがあるのです。

2014020306
 

昨年11月から、現在日本で最も人気のあるヘビの一種、ボールパイソン(ニシキヘビです)の「シナモン」という形質のオスを飼っています。
購入して間もなく最初の脱皮をしましたが、湿度不足から脱皮不全をおこしてところどころ脱皮がうまく行えていない箇所が発生し、獣医さんに剥いてもらう結果になりました。
今回、数日前から脱皮の徴候である「目が白濁してくる」という現象が見られたので脱皮が近いとは思っていました。
獣医さんからアドバイスされた、濡れたタオルを入れておくというアドバイスに従ってその通りにし待っていたところ、一時間程前に脱皮をしました。
今回は問題なく20分程度で総て綺麗に剥けて成功でした。
以下、ボールパイソン本体とその脱皮殻です。

ボールパイソン

ボールパイソン・脱皮

ボールパイソン・脱皮

ボールパイソン・脱皮

ヘビの脱皮殻は財運のお守りとされています。
彼の脱皮殻にも何か効能があるかもしれません。
何はともあれ、綺麗に脱皮できたことはヘビの健康の証であり、とても嬉しいので乾かして記念に取っておこうと思います。

 

一昨日購入したアンボンアオジタトカゲにダニが付いていることが発覚しました。
爬虫類に付くダニにも何種類かあって、以前はグリーンイグアナに針先ほどの赤い小さなダニが付いていたこともあります。
その時は最初はダニと思わなかったのですが、赤い丸々とした物体がペットシーツの上で蠢いていたので潰したら中から血液が出てきたという事例で、獣医さんの指示でバポナ(有機リン、つまり農薬などでよく使われている成分です。最初「ぱぼな」かと思いましたが、「ばぽな」でした。)を吊るして1か月近くかけて撃退しました。
それがつい先日までの戦いでした。
ダニの面倒さを思い知った事件でした。
また、ダニはそれ自体が個体にとっても飼い主にとっても不快であるのみならず、ダニによって媒介される疾患もありますのでしっかり駆虫しなくしてはいけないのです。
しかし、今回購入したアンボンアオジタトカゲにはきちんとした検疫期間(病気や寄生虫がいないかどうか、単独飼育してチェックする期間です。3か月程度設けることが望ましいです。)を設けず、ケージがもうあまり置けないことを理由にそのままキタアオジタトカゲのケージに入れてしまいました。
入れて数十分後にアンボンアオジタトカゲがキタアオジタトカゲに噛み付いているのを目撃したため慌てて衣装ケースにアンボンアオジタを移しました。
そして翌日何気なく衣装ケースを覗いたところ、中に敷いてあったペットシーツにシャーペンの折れた芯先程度の黒いダニが大量に付いているのに気づきました。
アンボンアオジタはダニ持ちだったのです。
またバポナに登場してもらい、アンボンアオジタの駆虫、そしておそらくうつったと思われるキタアオジタの駆虫に取り掛かっています。
全く厄介なことこのうえありません。
そして、駆虫が終わったとしても二人の相性を考えると同じケージに入れるわけにはいかず、新しいケージの準備が必要になります。
ダニの話ばかりですと気も滅入りますので、トッケイヤモリの姿と鳴き声で本日はお終いにしようと思います。
鳴き声はなかなか飼育下では聞けないのでyoutubeからいただきました。
トッケイヤモリ、学名はGecko geckoです。

トッケイヤモリ



このページのトップヘ