とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

近況は、変わらず食欲旺盛に冷凍ヤモリを食べて元気である、
というところです。

少し前から気付いたのですが、パシフィックツリーボアは顔が、
特に目が愛らしいです。

ヤモリ喰いなのに、ヤモリのような表情をしています。
パシフィックツリーボア、ヤモリ喰いです

体色や模様は地味ですが、お蔭で枯れ枝に擬態することができます。

背側の模様です。
パシフィックツリーボア、背側の模様です

 
完全に2本の小枝になりきりです。
パシフィックツリーボア、2本の小枝になりきる

暑気とクーラーの冷気の寒暖差で風邪をひいてしまいました。

今日は「おはようからおやすみまでわたしを見つめる」ライオンです。
ライオンです
グリーンパイソンのケージの上に乗っています。
 

コーンスネーク「ブラッドレッド」が脱皮しました。

脱皮前です 
オッ
コーンスネーク「ブラッドレッド」、オッ

本日、脱皮後です
2015年7月25日、コーンスネーク「ブラッドレッド」脱皮後です

1回の脱皮で変化を実感できるものではないですが、
脱皮を重ねるごとにどんどん模様は不鮮明になり
地色一色に染まっていくのでしょう。
楽しみです。

コーンスネーク「ブラッドレッド」、健やかです

給餌したてなので、腹部のぽっこり感が目立ちます。
よく食べ、よく遊び(?)、よく眠る(?)、健やかです。
 

お店で樹上性のヘビたちが頭をだらんと垂らしているのを見て、
(この生体は元気がないんじゃないか)と先日まで思っていました。

が、「樹上性のヘビが下を向いているのは、下方や地面にいる獲物を探すため」
という説を耳にし、納得しました。

確かに、射程距離内に入った獲物を仕留めるには、横や上を向いているよりは
下の方が確実です。

下を向いています
ハルマヘラパイソン、下を向いています

今の木を入れてからあまり下を向かなくなりましたが・・・
エメラルドツリーボア、あまり下を向いていませんんが

もはや垂れています
グリーンパイソン、もはや垂れています

 

数週間前に導入したジャガーカーペットパイソンです。

ショップでも落ち着かない様子でしたので、
しばらくはエサは控え、水だけ適宜補充しながら
今日初めて給餌してみました。

置き餌でしたが食べてくれたので、
そろそろ写真をと思いプラスチックケース内の生体をまじまじと見ると、
脱皮前でした。

が空腹が勝って餌を食べたようです。

脱皮間近です
ほげっ
ジャガーカーペットパイソン、脱皮間近です


ジャガーカーペットパイソン側面、脱皮間近です

幸い、ジャガーカーペットパイソンによく見られるという神経障害も目立ちません。

脱皮が終わり、給餌が再開して落ち着いたら
少しずつハンドリングを始めていこうと思います。 

先日、脱皮前の写真を挙げさせていただいた、
ダイヤモンドカーペットパイソンが脱皮しました。

脱皮前です
ダイヤモンドカーペットパイソン、2回目の脱皮が近いようです

本日、脱皮後です
ダイヤモンドカーペットパイソンの脱皮後です

脱皮前と比べると、黒の密度はさほど変わりませんが
若干フラワーの黄色味が出てきてしまいましたかね・・・?

が、まだまだベビーサイズです。
今後の色変化に期待します。 

水族館に行ってきました。

水族館内で懐かしい顔を見たのでスマホで撮影しました。

水族館内のグリーンイグアナです
 
グリーンイグアナです。
熱帯雨林の魚類コーナーの樹上に君臨していました。
フルアダルトと思しく、何よりクレストの綺麗さが際立っていました。

高温多湿、通気性良好、さすがは水族館の水槽内です。

小学生くらいの男の子たちはグリーンイグアナがとても気に入ったらしく、
歓声を上げながら見ていました。

また、グリーンイグアナのぬいぐるみを持っている子も多く、
物販コーナーではグリーンイグアナのぬいぐるみがが爆売れして
ほとんど陳列がない状態でした。

私も購入しました。

以前、「水族館にイグアナがいるのだろうか」と
水族館シリーズのグリーンイグアナ海洋堂フィギュアを見ながら記事を書きましたが、
やはりいるところにはいるようです。 

コーンスネーク「ブラッドレッド」が今朝脱皮をしていました。

早速ピンクマウスのSSサイズを給餌しました。

オッ
コーンスネーク「ブラッドレッド」、オッ

クン
コーンスネーク「ブラッドレッド」、クン
 
クン
コーンスネーク「ブラッドレッド」、クン
 
アガー
コーンスネーク「ブラッドレッド」、アガー
 
ムニャムニャ
コーンスネーク「ブラッドレッド」、ムニャムニャ
 
ズルズル
コーンスネーク「ブラッドレッド」、ズルズル

ワヒャー
ワヒャー

ンガー
ンガー
 
ワヒャッ
コーンスネーク「ブラッドレッド」、ワヒャッ

ア”-
コーンスネーク「ブラッドレッド」、ア”-
 
おしまい
コーンスネーク「ブラッドレッド」、おしまい
 
その小ささと消化器系の脆弱さから「弱い」と評されるブラッドラッドのベビーですが、
一歩一歩ゆっくりと大きくなっていってほしいと思います。

「しっかりとした排泄」、「きれいな脱皮」は無事に成長しているサインです。 

ボールパイソン「プーマ」が脱皮しました。

床において自然な表情の写真を撮ろうと思ったのですが、
猛然と這い回りなかなか写真が撮れません。 

手でササッと丸めながら撮影しました。

オーイ
ボールパイソン「プーマ」、オーイ
 
どこへ行くのー
ボールパイソン「プーマ」、どこへ行くのー

ちょっとー
ボールパイソン「プーマ」、ちょっとー

段々動きが少なくなってきました
ボールパイソン「プーマ」、段々動きが少なくなってきました

ニョキッ
ボールパイソン「プーマ」、ニョキッ
ようやくベストショットが撮れました。

淡いベージュ、オレンジ色と紫のバランスがよく取れていて、美しいと思います。 

このページのトップヘ