トゲオアガマを飼い始めて当初、我々は一つの事実に驚きます。
それは、「トゲオアガマのケージには水容器が不要である」ということです。

以前、獣医さんに水容器の是非について聞いてみたところ、
「入れても入れなくてもどちらでもよい、
ただ、ひっくり返って湿度が上がったりするくらいだったら入れない方がよい。
トゲオアガマは基本的に溜まり水は飲まない。
繁殖個体だと飲むものもいるが。
健康な個体であれば、食餌から得る水と、
自分の脂肪を代謝して得られる水で十分にまかなうことが出来る。」
と言われました。

確かに、 調べてみたところ彼らの生息区域は年間5mmしか雨が降りません。
そんな環境では、雨水や溜まり水は期待できません。


 
上記の本によると、やはり大半の飼育者、ブリーダーが水容器を使用していないようです。
(上記の本の登場頻度が高すぎて、もはやステマかというレベルです・・・。
他の本もいずれレビューしてみたいと思いますが。 )

脱水、高タンパク食に伴う尿路結石に注意して育てていってあげたいと思います。

そして、初登場、汽水域に生息する唯一のカメ、ダイヤモンドバックテラピンです。

こんにちは、ニコニコ
ダイヤモンドバックテラピン、笑顔のように見えるが実はただの顔の模様である

ワヒャー
ダイヤモンドバックテラピン、夢中になって餌を食べている