イグアナがフトアゴヒゲトカゲのケージの前を通過すると、
フトアゴヒゲトカゲは喉元が真っ黒になり激しくボビング(頭を上下に振る仕草)します。
一方、イグアナはデュラップ(喉元の大きな垂れているもの)を広げるもののボビングはしません。
むしろ、飼っているイグアナのボビングを見たことがないように思います。
でももう少し大きくなったら、発情期に手を焼くようになるんでしょう。 

フトアゴヒゲトカゲ目線
フトアゴヒゲトカゲ、ボビング攻撃

イグアナ目線
イグアナ目線の黒いフトアゴヒゲトカゲ

ちなみに、放し飼いをするに当たって心配なのが温度と湿度なのですが、
温度は、一日エアコンを付けたままにし
また爬虫類ケージが20個近くあるのでほぼ30℃近くで推移しています。
本人が気に入ってよくいる場所もグールドモニターのケースの上なので30℃を切ることはありません。
私が寝る時は念のため暖かいケージ内に収納しています。
朝には颯爽と温室の引き戸を開けて外へ出てきますけれども。
一方湿度は、以前は加湿器を使って部屋全体をある程度加湿していたのですが、
トゲオアガマを飼うようになってから加湿を止めたのでそれがやや心配なところではあります。

まあ幸いいまのところ本人の健康状態はすこぶる芳しく、
今日もゴミ箱をあさって土だらけのしおれた小松菜を食べた形跡がありました。

台所で野菜を触っていると、猛然とやってきてズボンからTシャツまで駆け上がり
餌をねだる様を見ていると、心底「イグアナ、いいなあ」と思います。

ブログランキングのブログ紹介欄に、「トゲオアガマ愛してます。」と書きましたが、
「トゲオアガマ大好きです。イグアナ愛してます。」
と書いた方が正確だったかもしれないとすら思います。
そしたら、ブログタイトルも「いぐ男の毎日」に変えないといけませんね。