爬虫類たちの寛ぐ姿には、いつも癒されます。
特に、トゲオアガマは寛いでいたり眠っていたりする時間が長く感じます。
草食というとサバンナのシマウマたちのように一日中草を食べているようなイメージがありますが、
それは哺乳類だからかもしれないです。
哺乳類は生きているだけで体温を保つための一定の代謝が必要ですが、
爬虫類にはそれがありません。
生きるために必要な基本的なエネルギーは外気温の熱エネルギーによって供給されます。
なので、そこから必要な+αは少なくて済み、
結果的に体重当たりで見た時哺乳類よりも小食となるのかもしれません。

寛いでます
(ゲイリートゲオアガマ)
寛ぐゲイリートゲオアガマ


何なの
こちらを睨むゲイリートゲオアガマ


ねー、ちょっと(右上ご注目)
告げ口ゲイリートゲオアガマ

何かあの人こっち見てくるの
ヒソヒソゲイリートゲオアガマ


やめてよー
再びこちらを睨むゲイリートゲオアガマ