今まで何度か、イグアナにラップを誤食させてしまっていましたが、
一昨日も私の不注意からさせてしまいました。

一昨日冷凍コオロギを解凍しようとして、量が多かったのと
イグアナはお気に入りの場所で眠っていたので
「まあ、今日は大丈夫かな・・・」と思ったのが間違いでした。
サバンナモニターのプレートヒーターを少しずらし、
そこに冷凍コオロギを大量に包んだラップを置いておきました。
まだ熱があったのもあり、だるくてそのまま小一時間眠ってしまいました。

目が覚めて、「コオロギ・・・」と思い見に行くと、ラップとコオロギの大半は消失しています。
ぼんやりしていた頭が一気に覚め、「イグアナだ!!」と思いました。

イグアナは元と同じ場所、同じポーズでで昏々と眠っています。
惨状を見ながら、「またやってしまった・・・」と思うと同時に、
切っていたラップのサイズが20㎝×20㎝と今までになく大きかったことを思い出しました。

改めてよく見ても、ラップは残っていません。
「全部食べちゃったのか・・・」
非常に不安になりました。

無事に腸管を通過して欲しいと思いましたが、
昨日と今日の朝排出された便は泥状でラップは含まれていませんでした。

毎日、一応餌は食べていることがせめてもの心の拠り所でした。

そして今日の夕方、犬をいつものように室内散歩に出してやっていると、
犬が何かを見つけて大興奮しています。
犬をどうにか退けて見てみると、それはイグアナの糞です。

しかも、よく見るとそれは糞として排出されたラップの塊でした。

よかったです!
無事に腸管を通過したのです!

改めて、イグアナに非常に申し訳なく思うと同時に、
状況的にどんなに大丈夫そうであっても
イグアナが動き回る飼育部屋の中でコオロギを解凍するのは二度と止めようと思いました。

ラップの塊を含む糞
ラップの塊を含むイグアナの糞

犬のケージを棚に組み込み、棚の編成を変えたところで
新しくお気に入りの場所を見つけました。
いよいよ天上人じみてきました。
天上人、グリーンイグアナ