先ほど、サルバトールモニターが水容器の中でウトウトしていたと思ったら、
容器から出てきて総排泄孔周囲を床に押し付けるようにしながら歩き始めました。
「排尿かな?」と思い見ていたら、総排泄孔の場所から白いものが出てきました。
それをズル・・・ズル・・・と引きずり床に押し付けながら歩いていると、
床に白い長い跡が付きました。

尿酸か、と思いその箇所の床材を取り除き、
出てきたものを何気なくしげしげと見ると・・・体節があります。

寄生虫です。
毎日の糞の中に山ほど虫卵と時に虫体があったことでしょう。
糞はいつも水容器の中でしていました。
つまり、体は常に虫卵まみれだったということです。

あー、連れ帰ってきた翌日、浴槽の中で遊ばせました。
浴槽の中で盛大に排泄をしていました。
「お風呂は気持ちいいだろう」と満足げに見ていました。

あー、糞尿の入った水容器の中に落ちている床材を浴室で洗って
リサイクルしていました。
「洗える床材はリーズナブルだしエコだなあ」と思ってニヤニヤしていました。

あー、それ以前に毎日たくさんハンドリングして、
布団の上でもたくさん遊ばせました。
枕の上に乗せながら、
「ウフフ、今日から一緒に寝たいくらい可愛いけど、
寝返りで潰しちゃたりしたらいけないから、
大人になったらぴったりくっついて寝ようね」
と思っていました。

予想はできたことですが、ちょっとショックです。
いろいろ「やってしまった」感が否めません。

2週間後にダイヤモンドバックテラピンの甲羅の感染症の定期受診の予約を取っており、
サルバトールモニターもその時検診をおねがいする予定でしたが、
もっと早めの予約を取ろうと思います。 

めげずに明日も一緒に遊びます。
サルバトールモニター、一緒に獣医さん行こうね