前回の記事で、サルバトールモニターの総排泄孔から寄生虫が出てきた件をご報告しましたが、
幸いその翌日に獣医さんを受診することが出来ました。
結果、出てきた寄生虫は条虫で、排泄物の中からは線虫の虫卵も見つかりました。
条虫は中間宿主が必要なため飼育下で再感染するリスクは低く、
また線虫に関しても現在のところ健康への影響はないようだが一応駆虫しておく、
ということで駆虫薬を戴きました。

駆虫中は床材を砂利からキッチンペーパーなどに変更した方がよいかお聞きしてみましたが、
どうせ周囲をペロペロやってまた虫卵を拾って再感染したり、
餌の中に含まれていたりするのでそこまで気にしなくてもよいのではないかとアドバイスをいただきました。

ということで、床材も替えず、まああまり気にしてもしょうがないよねという結論で、
またサルバトールモニターと毎日遊び始めました。

今日は、夕方少しまとまった時間で寝室を猫遣らいをし、
サルバトールモニターをのびのび遊ばせました。 
猫はサルバトールモニターを襲うわけではないのですが、
手先でちょこちょこ触りたがるので念のためご退室いただきました。

今までは、部屋の中で体が冷えたらまたケージに戻し、
体が温まったところでまた部屋に出して遊ぶ・・・ということを繰り返していました。

が、いよいよ今日から本格的に部屋で遊ばせる体制を整えようと思い、
ベッド柵にパワーサンを設置し、ペットシーツの下にプレートヒーターを入れて
バスキングスポットを作りました。

遊ぶ時にいつも同じところにバスキングスポットを設置しておけば、
そのうち覚えて自分で温まりにくるようになるでしょう。
今日は、サルバトールモニターの様子を見ながら私が手動でバスキングスポットへ移動させました。

こんな感じです。
サルバトールモニター仕様のセッティングです


艶やかな流し目にやられます。
サルバトールモニターの艶やかな流し目です

ひとしきり遊んだあと、口に犬だか猫だかの抜け毛束が付いています。
サルバトールモニターにヒゲが生えたかのようです。
サルバトールモニターの口元に毛が付いています

部屋で自由に遊ばせることの利点は、
運動不足解消、人馴れへの期待などいろいろあります。
が、それ以上に今日感じたのは
全方向性にサルバトールモニターを観察しその魅力を感じられることだということです。

ケージの中とも、ハンドリング中ともまた違った方向から見ることができます。 
サルバトールモニターから見下ろされる感覚、
床に寝ころびサルバトールモニターと同じ高さで目線が合う感覚、
カーテンによじ登ったりして大きく四肢を動かす時の力強さの実感、
上からまじまじと全身を見る時のその大きさの実感・・・などなど枚挙に暇がありません。

改めて、その魅力に背筋がぞくぞくしました。

荷物や棚の合間に隠れたり顔を出したりする、様々な表情を楽しみながら
「彼岸島 最後の47日間」の最新刊を読みました。



サルバトールモニター仕様に室温を31℃まで上げたことを除けば、
静かで快適で贅沢な時間でした。 

最後に冷凍ワカサギをあげて、今日は終わりにしました。
冷凍ワカサギをくわえ直そうとして、
魚の汁がシーツ(ペットシーツではありません、人間のです)の上に飛び散ったのも、
こんな満足気な顔を見せられたらもうどうでもよくなります。

満足げなサルバトールモニター