サルバトールモニターとヒョウモントカゲモドキ、淡い恋

サルバトールモニター:「やあ・・・、初めまして。
               名前は何ていうの?
               (猫目美人だ。
               美人でいて、柄が可愛いな)」
ヒョウモントカゲモドキ:「あの・・・、ヒョウモントカゲモドキです。
               あなたは?
               (お顔がスマートで素敵な方・・・ドキドキ)」
サルバトールモニター:「いい名前だね。 
               僕はサルバトールモニター、またの名をミズオオトカゲっていうんだ。
               よかったら今度、コオロギ狩りにでも行かない?」 
ヒョウモントカゲモドキ:「 私、コオロギ大好きなの!!
               行きたいです!!
               (うわあ、デートだぁ!!)」

二人の間に芽生えた初々しく、瑞々しい感情。

だが、サルバトールモニターの成長と共に二人は捕食、被食関係になっていく。
淡い恋は、春の雪のように消え去る運命である。