寝室が、アルビノサルバトールモニターのお姫さまを住まわせるために、
室温30℃、湿度60%という設定になっています。
ベッドの足元は床の敷毛布と暖突上部から発せられる熱により
異常に暑くなっています。
当然、人間が快適に眠れる設定とは程遠く、
最近の夜間は人工芝をひいた居間にごろ寝しています。 

ごろ寝の利点もあります。
床の高さの生体を眺めながら寝られるという点です。
今まではキイロアナコンダの美しい模様を眺めてニヤニヤしながら寝ていました。

残念ながら、今日風邪をひきましたが。

昨日から、寝ながら見られるメンバーに新しい面子が加わりました。

エメラルドツリーボアです。

グリーンパイソンももちろん素敵ですが、エメラルドツリーボアのイケメン度合は
ちょっと並みでないと感じていました。
多分ピット器官の並び方による印象の受け取り方の問題です。

昨日、よく行く爬虫類ショップに行きました。
そこで、いつもお世話になっている店員さんに、
「とげ男の毎日」が私によるものであることに先日気付いたと言われました。
時々見てくださっているそうで、とても嬉しかったです。

で、その日のお勧めはダイヤモンドカーペットパイソンでした。
とても綺麗だったのですが、 私はまだエメラルドツリーボアに未練がありました。

いろいろ悩んだ末、エメラルドツリーボアにしました。
これでツギオミカドヤモリの時には生かされているとは言い難かった高さ90㎝のケージが生きます。

その日は他に買った生体もあったのですが、
とりあえずエメラルドツリーボアの話です。

残念ながらデジカメの電池が切れていたのでスマホで写真を撮りました。

まじイケメン
エメラルドツリーボア、まじイケメン

あれ? 
エメラルドツリーボア、妖怪人間
 
これ、妖怪人間ベムか公然わいせつカットかのどっちかじゃないか?

照明の当て方を考えないと、毎日妖怪人間を見ながら寝ることになります。