先日、心が折れて管理をできなくなってしまってトカゲやカメたちを爬虫類ショップに引き渡しに行ったその際、
「綺麗なヘビを連れて帰りたいな・・・」と思いヘビコーナーに寄りました。

久々のヘビコーナーはいろいろ魅力的な種がいます。
先日ご紹介したアルバーティスパイソンのベビーなどもいましたし、
それだけで目を引くサンフランシスコガータースネークなどもいました。

いろいろ悩んだ末、特定動物外で最長と言われるパプアンパイソンにしました。
3~4m程度になり、太さはさほど出ないようです。

パプアンパイソンを選んだ理由は、
オリーブ色の体色がとても上品で魅力的だったこと、
そして「長く長く育ってくれるならその成長過程に新しい希望を見いだせるかもしれない」と思ったことです。

2m以上ある個体と1mと少しの個体がいました。

長さ以外にあまり大きな差はありませんでしたが、
迷わず小さい方の個体を選びました。
まだまだあどけない顔をしています。

その数日後に、他のお店からオリーブパイソンの入荷連絡をもらいました。
オリーブパイソンはパプアンパイソンとよく混同されるのですが、
オーストラリアの固有種で日本での流通は非常に稀です。
そういった意味では非常に価値のあるヘビではあります。

混同されやすいのは、同じようなオリーブ色をしていて大型化するからです。
また、オリーブパイソンの方が大人しい性格をしているという説もあります。

が、オリーブパイソンは吻端がすっと通っているのに対し、
パプアンパイソンは顔がどちらかというと楕円形で少し間の抜けた愛嬌のある顔をしています。

見ていると思わずニヤニヤしてしまうようなとぼけた顔です。

「お前と先に会ったのも、きっと何かの縁なんだよな」と思い、
オリーブパイソンの話は忘れることにしました。

こんにちは
パプアンパイソン、こんにちは


何かご用でしょうか
パプアンパイソン、何かご用でしょうか

 もう引っ込んでもいいですか
パプアンパイソン、もう引っ込んでもいいですか
 
ちなみに知能はヘビの中で最も高い部類に入るそうです。

ヘビの賢さってどうやって測定するんでしょうね・・・