最近は、純血が保たれているカーペットパイソンが少ないらしいです。
高価なカーペットパイソンと安価なカーペットパイソンを掛け合わせて、
高価なカーペットパイソンぽく出てきた個体をその名前で流通させる。

こういったことがまかり通っているようです。

中でも、ジャガーカーペットパイソンとの掛け合わせは、
半分はジャガーカーペットパイソンの見た目、
半分はもう片親の見た目を持って産まれてきます。

もう片親の見た目を持って生まれてきた仔を「シブリング」と呼びます。

が、ジャガーカーペットパイソンは共優性遺伝ですから、
もう片親の見た目を持って生まれてきた仔にも
ジャガーカーペットパイソンぽさはうっすら出ます。

成長と共にそれは顕著になってくる場合が多いのですが、 
幼体のうちはそれがわかりにくい。

で、純血のセントラルパイソンの幼体と
ジャガーカーペットパイソンとのシブリング幼体、
これらを見分ける最大のポイントは「肌の質感」だそうです。

以上、店員さんからの受け売りですけれども、
確かにその渡された個体は肌触りがもちもちしていて 
家にいるカーペットパイソンのざらざらした手触りとは全く異なりました。

これがセントラルパイソンの純血種の特徴だ、とのことでした。

赤茶けたアリススプリングの崖に佇む伝説の赤いセントラルパイソンの純血種・・・!
顔もモレリアらしい独特の精悍な顔立ちです。

購入となりました。

「成長と共に赤味が増してくるから、写真を撮って記録に残しておくと楽しいですよ」
とのことでしたので、
これから記事毎に出来る限り「その日の」セントラルパイソンを載せていこうと思います。

「成長後がとても楽しみなので、ぜひ成長してきたところで僕にも写真見せてくださいね。
絶対綺麗な個体に育ちますから。」
とまで言っていただきました。

 落ち着いて給餌も安定してきたところですので、
ご紹介いたしました。

本日のセントラルパイソンです。
今日は給餌してしまったので、プラスチックケージの中の様子をちんまり撮りました。

セントラルパイソン、全体像です
 
セントラルパイソン、顔です
 
餌喰いもよく、非常に今後が楽しみであります。

そして、色変化といえば、グリーンパイソンは・・・まだ黄色です。
これからです。
グリーンパイソンベビーはまだ黄色です
脱皮不全の跡がややあります。
ここから霧吹きの回数を増やしました。

次の脱皮でまた失敗するようであれば
人為的にぬるま湯剥きすると共に、更に霧吹きの回数を増やそうと思います。
樹上性のヘビは自分で水入れに浸かるということをしないので、
綺麗に脱皮させるのがなかなか難しいと感じます。

体躯そのものは段々大きくなってきました。