以前から、グリーンパイソンに関して気になっていることがありました。
頭部が部分的に脱皮不全を起こしているようなのです。

数週間前から、瞳孔の色に左右差があり口が常に若干開いているように見えていました。
頭部の脱皮不全が疑われましたが、目の上を指で擦るなどというのは、
かなり上級者のやることだと思っていました。

そもそもグリーンパイソンには何度か咬まれており、
また咬まれそうだとやや及び腰になっていました。
下手な自分がやると目潰ししてしまうかもしれませんし。

が、昨日ジャガーシブリングカーペットパイソンが目の脱皮不全を起こしており、
「この個体は大人しいからアイキャップ(目の脱皮不全殻)を外すのも大丈夫そうだな」と思い、
温浴をしばらくさせてから目の上を指で優しく擦ると、つるっと剥けました。

あまりに簡単に剥けたので、グリーンパイソンにも出来るような気がしてきて、
今日はグリーンパイソンを温浴させた後、振り向かれ咬みされないよう頚部を固定しつつ
顔の脱皮不全に指を添えると、これもつるつる取れてしまいました。

全身のところどころの脱皮不全殻をきれいに取り除き、終了としました。
両目は同じ色になり、口もきれいに閉じるようになりました。

そして、うれしいことが・・・・!
気のせいの域を出ないのですが、頭部にうっすらと緑色が出てきているような気がするのです・・・!

2014年11月4日
かつてのグリーンパイソン

 2014年11月24日、本日
今のグリーンパイソン
 
写真だとなかなかこのちょっとの緑色感が伝わらないもどかしさ・・・!