以下に述べさせていただくのは、あくまで私自身のこだわりであって、
公式に何か研究がなされたり、成書で述べられているといったことではないことをご理解のうえ、
お読みいただければと思います。

サルバトールモニターの餌に関してはいろいろな議論がなされてきました。
マウスを多く与えていると肥満になり、やがて他の疾患を合併し死に至るということは
何となく皆の共通見解になりつつあります。

では、マウスを少なめに与えていたらいいのでしょうか?
成体サルバトールモニターは?
幼体サルバトールモニターは?

幼体サルバトールモニターに関しては、昆虫を与え、
成体になるにつれヒナウズラ、マウスといった餌に移行していくというのが
これも何となく皆の共通見解になりつつあるように感じます。

が、私は彼らの本来の生育環境が「水辺」であることを考え、
小さい方のサルバトールモニターは昆虫+魚介類で成育しています。

昆虫は冷凍コオロギ・イナゴ、活コオロギ・レッドローチなど、
魚介類は冷凍淡水魚・淡水エビ・ザリガニ・タニシ、活ドジョウ・小赤などです。
これらを毎日ローテーションで与えています。

買ってきた当初に健診で獣医さんに連れて行きましたが、
餌について上記の考えをお伝えしたところ、
「ピンクマウスとかどんどん与えてると突然死のリスクも高いっていうし、
いいんじゃないかな」
と言っていただけたので、日々実践しています。

上記に挙げたような餌で生き延びるよう進化してきているはずなので、
この餌が極端に大外れということはないはずです。

何のデータもないところからの出発ではありますが、
少なくとも今のところは大きな問題もなく順調に育っています。

ちなみに、家のアルビノサルバトールモニターは弱視のため、
餌の匂いを嗅ぐと口を開けてガーッと頭を振り回し
何か口に入るととりあえず咥えるという危険なスタイルです。
何度か手を咬まれそうになりました。
口に入った毛布をムニャムニャ噛んでいたこともあります。
実際にやってみたものの、小さい餌を与えるのが非常に困難です。
手を餌と思って咬まれたら間違いなく手の肉が削げ落ちるor指が取れるので、
やむを得ず給餌の動きが1回で済むマウスを与えています。

寝る子は育つ
サルバトールモニター、寝る子は育つ


追記:私はさらに自然界においては生体たちは1日中餌を探してうろついているだろうとの考えから、
紫外線不足にならない程度に、数時間可能な限り室内で完全に自由にさせています。
運動→餌→休眠のサイクルの繰り返しが健やかな生体を作ると思っています。