カエル喰いの「変態ヘビ」として知られるオビハスカイが
私の家にやってきて1週間近く経とうとしています。

カエル喰いとのことですが、
まず餌が悩みどころでした。 

トノサマガエル、ダルマガエルなどは好んで食べるようなのですが、
水棲、樹上性のカエルには何の興味も示さないという話も聞きました。

生体をキープしていたショップに餌は何を使っていたかをお聞きしたところ、
「僕が春に自分で捕獲したトノサマガエルを冷凍したもの」とのことでした。
この時期、それは厳しい・・・。

ということで通販でも比較的手に入りやすい
ツメガエルとウキガエルを試してみることにしました。
どちらも地上性ではありませんが。
活餌をキープするのなら、「餌の餌」もいるだろうということで、
レッドローチのピンヘッドサイズも注文しました。

まずツメガエルを購入して試しましたが、全く反応なし。
顔の横でピョンピョンしていても意に介する様子もありません。
ナミヘビで目はいいはずなので、
「食べるに不向きなカエル」として認識されたのでしょう。

では、次のウキガエルです。
これは何故かヒットしたらしく、
丸一日の間にオビハスカイ2匹ともカエル3匹を食べきっていました。 
ヤシガラや水苔の影に隠れている可能性は否定できませんが・・・。

幸い、変態ヘビのお口に合う餌を見つけることができました。
同じカエル喰いでも、水棲のカエルにのみ反応するもの、
樹上性にのみ反応する場合などいろいろあるでしょうし、
個体の嗜好もあるかもしれません。

正直、「長期飼育という以前に餌付かないんじゃ・・・」という不安を抱えていましたが、
何とかこの問題はクリアできたようです。

メスです。
以前、手触りをスベスベなどと表現しましたが、
これはもはや絹の手触りです。
オビハスカイメス、絹の手触り

一方のオスです。
光の当たり方で、青紫にもグレーにも見える、
非常に独特な色です。
 オビハスカイオス、美しい色彩
これが、特徴的な「フードを広げる」という威嚇行動です。
オビハスカイオス、示威行動