アルビノマラヤンブラッドパイソンが昨日私の後ろで脱皮を始めたことは
心ときめく出来事でした。
なぜなら、アルビノマラヤンブラッドパイソンが家に来てから
初めての脱皮だったからです。

脱皮前はいつになく不機嫌になりましたが、
何とか写真を撮りました。

脱皮前です。

体色のベージュも赤もくすんでいます
脱皮前、アルビノマラヤンブラッドパイソン全体像

虹彩の色も不鮮明です
脱皮前、アルビノマラヤンブラッドパイソン虹彩

 
この状態がおよそ2週間程続きました。

その間、体に触れると噴気音を上げ、
終いにはこの巨躯で飛び跳ねるという荒技を見せてくれました。

残念ながら記録には残せませんでしたが 、
ブラッドパイソンがFH、CB化が進み大人しい個体が多く出回る現状において、
素晴らしい体験になりました。 

昨日の脱皮を終えた姿です。

くすんでいた赤は元の赤茶色に戻り、
全体的に色が鮮やかになっています
脱皮後、アルビノマラヤンブラッドパイソン全体

体幹です。
T+アルビノ、T-アルビノ、それぞれ好みが分かれるところだと思いますが、
T+アルビノのこの少し淡いベージュを基調として色が展開していくところが非常に好きです。
アルビノマラヤンブラッドパイソンの色調

脱皮不全でないかのチェックのため尾部も観察しましたが、
特に問題はないようです。
むしろ、複雑な模様で赤からベージュへとグラデーションを描き消えていくという、
体幹とはまた一線を画する美しさに目を見張りました。
アルビノマラヤンブラッドパイソン尾部の色調

こちらが右目です。
T+アルビノの特徴、葡萄色の虹彩です。
アルビノマラヤンブラッドパイソンの葡萄色の虹彩です

反対側の左目です。
葡萄色とシルバーが混ざり、美しいオッドアイです。
アルビノマラヤンブラッドパイソン、オッドアイです

このオッドアイがこの個体の決め手でした。

おおよその全体像です。
アルビノマラヤンブラッドパイソンの脱皮後全体像です

ふとした思いつきで体重を測ってみたら3.5kgでした。

サルバトールモニターのアルビノ姫には及びません。