昨年の2014年5月に甲羅の感染症を指摘され、
月に1回部位の処置のために獣医さんのところへ通っています。

週2回だった水替えも毎日になりました。

「ダイヤモンドバックテラピンにありがちな、
自分の糞中の細菌感染だね。
長丁場になるよ。」
と獣医さんに言われました。

ふと気づけば一年近く通院しています。
逆に言えば、飼い始めて1年近くになるところです。

「だいぶ感染も落ち着いてきたようだね。」
と獣医さんには言われましたが、
むしろこれからです。

ずっとずっと水替えをしなくてはいけません。 

昨年8月大半の生体を手放した時に、
感染症の治療もあって手元に残すことにしました

感染症の治療部位のため腹甲がでこぼこになっており、
おそらくこの個体自体は商品価値はありません。

店員さんにダイヤモンドバックテラピンの話をしたところ、
「もしお店に連れてこられたら繁殖用になると思う」と言われました。

確かに、サイテス入りしたことによりアメリカからの供給は途絶え、
国内流通個体の繁殖に励まなくてはならなくなりました。

私の家でヘビが多勢を占める現況において、
たった1匹のカメです。

下顎に入る一本線がいつでも笑顔に見えます。 

2014年4月17日
水槽に比べて、まだまだ小さいです。
2014年4月17日、ダイヤモンドバックテラピンです
 
2015年2月3日
大きくなりました。
いつも笑顔です。
 ダイヤモンドバックテラピン、いつも笑顔です

卍寝もします。
ダイヤモンドバックテラピン、卍寝です

ふと気付きました。
「ダイヤモンドバックテラピン」には、「ダイヤモンド」という言葉が含まれているのですね。
背甲の年輪輪や模様がダイヤモンドに似ているからだそうですが、
美しい名前です。

これからもずっと一緒にいるつもりです。

そして、本日のグリーンパイソンです。

黄色と緑色の部分がほぼ同じ面積になってきました。
2014年2月4日のグリーンパイソンです