昨晩も、アカマタをゆるゆるとハンドリングし、
その重量感、鱗やナミヘビらしい硬さ、 美しさを堪能しました。
大人しいアカマタでした。
今日、アカマタが突然覚醒するまで。

今日、ペットシーツが汚れていたため、
替えようとしました。

ケージ内に入ってきた手に対して、
アカマタは咬蛇姿勢を取りました。 

「いつものことだ」と思いつつ、何か鋭い気配を感じました。

「気のせいだ」と思い、さらにケージ内の奥へ手を進めました。

今思えば気のせいに思えた気配は確かでした。

次の瞬間、左手に鋭い痛みが走り、
アカマタは私の左手に咬みついていました。

「ただぶつかるだけのヘビのアタック」ではなく、 
本当に咬んでいました。
そしてさらに、ねじ切るような回転力をかけてきました。 

ワニのデスロール状態です。
(ワニは水中で捕えた獲物を口に咥えつつ素早く回転します。
これをデスロールといいます。)

どうやってアカマタを手から外すかを考えているうちに、
幸い向こうが離れました。

とりあえず負傷した部分をしっかり血を絞りながら丁寧に洗い、
再度ペットシーツの交換を試みました。
今度は咬みに来ませんでした。

先日まではこんな微笑ましい給餌風景だったのですが。

冷凍ヒヨコを給餌中です
アカマタ、冷凍ヒヨコを摂餌中1

よく食べます
アカマタ、冷凍ヒヨコを摂餌中2

食後のくつろぎ
アカマタ、食後のくつろぎ

 今日
 今日のアカマタ
水の中に隠れています。
(生体にとって水の中は湿度維持のほかしばしばシェルターになります。)

今日改めてそっとハンドリングしてみましたが、
昨日とはアカマタの筋肉の硬さが違います。
おそらく、警戒し全身で周囲の様子を感じ取ろうとしているのでしょう。 

アカマタの頭近くを不用意な私の手が通過すると、
さっと咬蛇姿勢を取ります。
 
昨日までには全く見られなかったことです。

おそらく、時間の経過とともに縄張り意識が芽生えたのでしょう。

元々「アカマタは荒いのが普通」と思いつつ美しさに憧れていたので、
荒くても構いません。
むしろ辛うじてハンドリングをできる今の状態すら珍しいのです。

が、痛いものは痛いのです。
アカマタによる咬傷
 
アカマタのねこかぶり

ネコかぶりでした。

 
今日のグリーンパイソンです。
 2015年2月5日のグリーンパイソンです