以前、家で飼育している
ブラジルレインボーボアとガイアナレインボーボアをご紹介させていただきました。

ガイアナレインボーボアは
コロンビアレインボーボアとブラジルレインボーボアの交雑種と言われたり、
コロンビアレインボーボアの亜種と言われたりもしています。

ガイアナとは地域的にはまさにブラジルとコロンビアの間に挟まれた共和国の名前です。 

家の生体のブラジルレインボーボアとガイアナレインボーボアに、
コロンビアレインボーボアも加えて、どのように成長していくかが気になっていました。

ということで、コロンビアレインボーボアを家に連れてきました。

<コロンビアレインボーボア> 

コロンビアレインボーボアの顔のアップです
 コロンビアレインボーボアの顔のアップです

コロンビアレインボーボアの体幹の模様です
コロンビアレインボーボアの体幹の模様です
 

<ガイアナレインボーボア>

動きが早く、スマホのカメラ機能では
ハンドリング中のガイアナレインボーボアは追い切れません。
一眼レフで撮影した既出の画像を挙げさせていただきます。

ガイアナレインボーボアの顔のアップです
ガイアナレインボーボアの顔のアップです

ガイアナレインボーボアの体幹の斑紋です。
ガイアナレインボーボアの体幹の斑紋です

正直、どう違うかは私はよくわかりません。
が、気になった点をいくつか列挙させていただきます。

まず、コロンビアレインボーボアの方が色が薄く見えます。
経時的に追っていけば自ずと答えもでてくるはずです。

また、コロンビアレインボーボアの斑紋は
ところどころ点描のように色が抜けていることが目立ちます。 

お店で生体を選ばせていただいたとき、
点描はこの個体のようにはっきりと多数あるものとほとんどないものと様々でした。

ブラジルレインボーボアは今日は脱皮前のためお休みです。
ブラジルレインボーボアは脱皮前です


本日のグリーンパイソンです
2015年2月15日、グリーンパイソンです

 ベロベロベー
グリーンパイソン「ベロベロベー」「