2月も終わりかけていたのに、
ここ最近急激に温度がひどく落ち込む日が何度かありました。

オビハスカイのプラスチックケースは飼育部屋の中でも
温度が低めのところに置いてあります。
「主食のカエルが元気に動ける温度」を意識していました。

温度計で20℃近くまで落ちる日もありましたが、
「カエルはこの温度でも問題なく活動できるな」と思っていました。

そして、数日前オビハスカイ のプラスチックケースを覗いた時、
衝撃的なものを見つけました。

メスのプラスチックケースの中に吐き戻されたウキガエルを
発見したのです。

元々メスの摂餌は不安定で、
前回の給餌の際も「渋々食べている」感がありました。
元々消化器官の調子が悪かったのかもしれません。

が、今回は吐き戻しが起きてしまいました。

ヘビは摂餌後消化に十分な温度がないと消化不良に陥り、
吐き戻してしまいます。

同じ日に給餌したオビハスカイのオスは消化できていたようだったので、
温度の問題だけではなかったかもしれませんが
いずれにしろメスは吐いてしまいました。

そして、恐れていた事態が起きました。

拒食です。

ボア・パイソン類に比べてナミヘビは一度拒食を始めると
戻りにくいと言われています。
特にオビハスカイのようなカエル喰いのヘビは、
マウスを消化できるヘビに比べて消化器官が弱くできているとも言われています。

数日前の給餌でメスは拒食に陥っていました。 

オスメスともに少し温度が保たれやすい場に移動しましたが、
メスが拒食から復活できるかはわかりません。

もうしばらく様子を見て厳しいようなら強制給餌も試みようと思っていますが、
また吐き戻すかもしれません。

オビハスカイのメスです
オビハスカイのメスです
 
吐き戻されたウキガエルです
オビハスカイから吐き戻されたウキガエルです
 
オスは元気に食べています
オビハスカイのオスは元気に食べています
 
元々オスの方が圧倒的に食欲があったので、
体格差もついてしまっています
オビハスカイ、雌雄で体格差がついてしまいました
 
悩ましいですが、できることをしていくしかありません。