昨年(2014年)末に恰好よく登場したきり、
動向がなかったかのようなハルマヘラパイソンでしたが。

実は、当初準備していた通常のガラスケージでは全く摂餌しませんでした。

そこで敢えて、限界まで小さい、ハルマヘラパイソンのとぐろがようやく2個分入るくらいの
プラスチックケースに水入れとシェルターを入れて、
さらに周囲から受けるストレスが限りなく小さい置き場所にしてみました。

すると、置き餌を摂餌してくれるようになってきました。

その状態からさらに1か月様子を見て、
2日程前ようやく以前のガラスケージに戻しました。

まだハルマヘラパイソンが緊張していることが伝わってきますし、
焦ることもないので来週末くらいから給餌を再開しようと思っています。

久々です
ハルマヘラパイソン、シェルター内にて

茶と黒のバンド模様でも決して地味ではなく寧ろ上品な成り、、
そして頭頂部の厳めしい印象、
紅い虹彩、
本当に美しいヘビだと思います。
ハルマヘラパイソン、美しいです

いつかシェルターをどけて飼育できる日を楽しみにしています。


そして、久しくご報告が途切れていた、グリーンパイソンです。 
色彩変化は最初の頃ほど劇的でなくなりましたが、
頭部の緑色がより濃厚になってきている印象です。
2015年3月6日のグリーンパイソンです
 
と、この記事を書いている横でモルカンパイソンが脱皮を始めました。
脱皮後が楽しみです。