先日、サルバトールモニターのアルビノ姫を獣医さんへ連れていくのに
タクシーを利用しました。

家の近くにタクシー乗り場があり、たいていいつも2、3台停まっています。
一番先端の車に乗り、行き先を伝えてお願いしました。

アルビノ姫は犬猫用のケージに入れていました。
(運転手さんに何も言われませんように・・・)
と思うなり、

「それは、何が入っているの?」
といきなり聞かれました。

トカゲ、と答えたら強制下車させられるかもしれません。

咄嗟に、
「えーと、大きなハムスターみたいなもの、です・・・」
とボソボソ答えました。
 
幸い、運転手さんはハムスターは好きだったらしく、
小さい頃ハムスターを飼っていた話などをしてくれました。

ただ、お子さんが産まれてから喘息のため
何も飼えなくなってしまった、とのことでしたので、
「カメなんかは喘息にも悪さしませんしいかがですか?」
とお聞きしたら、
「あーカメなんかね、ダメだよダメ。」

(爬虫類の中でも最も一般人受けしやすいカメでこれか・・・)
トカゲと言わなくてよかったと改めて思いました。

あとは、生体見せてーと言われなくて本当によかったと思いました。

大きなハムスターみたいなもの
サルバトールモニターのアルビノ、「大きなハムスターみたいなもの」1

あー眠い
サルバトールモニターのアルビノ、「大きなハムスターみたいなもの」2

 
~~~~。
サルバトールモニターのアルビノ、「大きなハムスターみたいなもの」3

最近、とても元気なお蔭で狭い隙間に吻端を押し込もうとする動きがまた活発化してきています。
おかげで吻端がまた血が滲んでしまっています。
隙間という隙間を塞ごうと努力しています。
贅沢な悩みです。