シュウダが、昨年(2014年)に迎えてから初の脱皮をしました。
シュウダは私の好きな黒と黄色の色彩コンビネーションなので、
脱皮前から楽しみで仕方ありませんでした。


2014年10月

体幹の中でもキールが際立つ部分、鱗の細やかさが際立つ部分がくっきりと分かれており、
その色彩と相まって一目で気に入りました。
眼の虹彩が紅いのも美しいと思いました。
性格は気難しく気に入るような環境を整えるまで、
吻端を擦ってしまったり咬まれたりなかなか労を要しました。
迎えた当初のシュウダです


2015年3月2日

脱皮タームに入りました。
眼が白濁しています。
脱皮前2015年3月2日のシュウダです

2015年3月4日

いよいよ眼が白濁してきました。
脱皮前2015年3月4日のシュウダです

体色もひどくくすんでいます。
脱皮前のシュウダ、体色もひどくくすんでいます


2015年3月6日

ヘビの脱皮のセオリー通り、
脱皮直前になると目が澄んできました。 
シュウダの目が澄んできました

 
2015年3月8日

起床すると、脱皮は終了していました。

脱皮殻です。
きれいに一本で脱げました。
シュウダの脱皮殻です

美しいです。
脱皮後のシュウダ、美しいです

息を呑む程、美しいです。
mini_IMG_5985
 
黒と黄色の美しいコントラストの中に、
紅い眼差しが輝いています。

その美しさには嘆息するばかりです。