キイロアナコンダは昨年(2014年)8月に迎え、
11月に冷凍ウサギを摂餌する場面をご紹介して
以後記事にしておりませんでした。

キイロアナコンダは食欲旺盛でいつでも元気に見えるため、
記事が後回しになっていたような気がします。

迎えてから半年経ちますが、みるみる大きくなりました。

2014年9月
家に来た当初は長辺60cmの衣装ケースにすっぽり収まっていました。
キイロアナコンダ、モジモジ

ちょっと不安げなキイロアナコンダ

ご飯を待つキイロアナコンダ

2014年11月

全体に水を張った120cm水槽へ引っ越しました。
歯にラットの毛が挟まったようですね。
キイロアナコンダ、歯に毛が挟まっちゃった

本日2015年3月11日

貫禄たっぷりです
キイロアナコンダ、貫禄たっぷりです

太さの比較です
キイロアナコンダ、太さの比較です

鋭い眼差しは強い圧迫感を感じます
キイロアナコンダ、鋭い眼差しです

物陰から出てくる時も得も言われぬ迫力があります
キイロアナコンダ、物陰から出てきました
 
虹彩の色が明るいため瞳孔がしっかりどこを見ているかがわかります
キイロアナコンダ、虹彩の色は明るいです
 
迫ってきます
キイロアナコンダ、迫ってきます
 
こちらを睨めつけながら
キイロアナコンダ、こちらを睨めつけながら
 
金色の虹彩です
体色と相まって美しく輝いています
キイロアナコンダ、金色の虹彩です
 
かつては「ネコのような顔つきで可愛いな」などと思っていましたが、
今は幼い時の面影は残るものの、鋭い眼差しに圧倒されます。

現在体長は2.5mというところでしょうか。
メスですのでもう少し大きくなるかもしれません。

現在流木を組み合わせて作った陸場が生体にとって小さくなってしまい、
どうしたものか考え中です。

180cm水槽が欲しいのですが、置き場所に困りそうです。

寝室のベッドを布団に切り替えて水槽の置き場所を作る、ということも考えていますが
ベッドの下はサルバトールモニターのアルビノがシェルターとして使っているので、
ベッドの撤去もやや憚られます。

WC個体のみの流通だった頃は気性が荒いものが多かったようですが、
昨今CB個体の流通が増えてきており、
性質も大人しいものが増えてきているようです。

私の家の生体もドイツCBでした。

餌に関してですが、現在、冷凍ウサギは中止して冷凍ラットに切り替えています。
というのも、冷凍ウサギは冷凍庫の中で場所を取り、
他のマウスやラットを入れるスペースがなくなってしまうからです。

サイズではオオアナコンダより圧倒的に小さいですが、
水中生活に適した風貌はオオアナコンダに限りなく近しいです。

キイロアナコンダ、風格と迫力、美しさ、
いずれの点においても 秀でた大蛇だと思います。