題名がもはや総ての気もします・・・。

昨日、コーンスネーク「バブルガム」のメスに給餌しようとしていました。

コーンスネーク「バブルガム」はオスメスのペアで飼育しているのですが、
オスが大人しいのに対しメスは神経質ですぐに暴れ、プラスチックケースから脱走しようとします。

昨日も、プラスチックケースの中にピンクマウスを投下し、
暴れるコーンスネークを御しながらプラスチックケースの蓋を閉めようとしていました。

が、暴れ方が尋常でなく、また蓋を閉めようとしている指に若干の違和感を感じました。

見ると、コーンスネークの頭が蓋からはみ出し、
頭と首が挟まれかけていました。

もうあまりのことに声も出ず、失神しそうになりながら、
今度は蓋の端に最大限の注意を払いつつ閉めました。

幸いダメージはなかったようで、その後いつも通りに摂餌していました。

あそこでコーンスネークの頭と首を圧潰していたら、
心情的にもう二度とヘビは飼えなかったと思います。 

気をつけます・・・。

コーンスネーク「バブルガム」のメスです
コーンスネーク「バブルガム」のメスです

コーンスネーク「バブルガム」のオスです
コーンスネーク「バブルガム」のオスです
どちらも順調に成長しています。
色も揚がりつつあります。

オスとメスを並べてみました。
写真の上がオス、下がメスです。
成長に大きな差もなさそうです。
コーンスネーク「バブルガム」のオスメス比較です