以前から気になっていたことがありました。

サルバトールモニターのアルビノの尾部が長年の脱皮不全を経て表面が角質化しており、 
いくらお湯に漬けたりしていても一向に浮き上がる様子はありません。

本来なら真っ白なはずの尾部が全体茶色になってしまっていました。

半年したところでようやく、脱皮補助剤を使用してみるか・・・というところに行きつきました。
何となく脱皮補助剤は胡散臭い気がして、使う気になれなかったのですが、
他に試せるものも思いつきませんでした。

脱皮補助剤もいろいろな種類があるようですが、
ここは、爬虫類用具の老舗zoo medから出ているREPTI SHEDDING AIDを使ってみることにしました。 

REPTI SHEDDING AID シェディング エイド 64ml 爬虫類 脱皮 スキンケア 関東当日便
REPTI SHEDDING AID シェディング エイド 64ml 爬虫類 脱皮 スキンケア 関東当日便 

これをサルバトールモニターのアルビノが水から上がって乾燥している時に
尾部を中心にスプレー、 塗り込みを行ってみました。

何日か経過したところで、温浴中のアルビノの尾部を何気なく触ってみると、
皮膚表面が動くような感触がありました。

まさか・・・と思いつつそっと擦ってみると、大きな脱皮不全の組織が取れました。

少しずつ尾部に向かっていくと、少しずつ古い組織が取れていきます。
下からは白い鱗が顔を出していました。

何日かかけて少しずつ剥き進めていきます。

写真の左側が剥けた後の部分、右側が剥ける前の部分です
サルバトールモニターのアルビノ、剥ける前後です

剥けた部分にも一部まだ剥けていない場所がありますが、
時間をかけて処置していけば綺麗になりそうです。 

脱皮不全は不適切な環境のほか、
全身状態の良し悪しを反映していることもあるので一概には申し上げられませんが、
明らかに皮膚それ自体の問題であれば脱皮補助剤を考慮してもよいかと思います。

サルバーるモニターのアルビノ、寝ています
 
よかったです
サルバトールモニターのアルビノ、よかったです