以前から、地味な体色に華やかなモザイク模様の散る
ジムグリパイソンはいいなあと思っていました。

また、購入するのであればぜひ繁殖にも挑戦しようと考えていました。

繁殖データの乏しい本種ですが、
いつか皆が「そういえば最近ジムグリパイソン見ないよね」となり、
捕り尽くされたジムグリパイソンはもう二度と見られなくなってしまうかもしれません。

また、発見された当初は頭骨の形状からパイソンに分類されましたが、
現在はラバーボアなどと近縁でボアに分類するという流れになっているようです。
ということは胎生で出産するので、卵の管理が不要です。

なかなかペアの取れるタイミングに出会えませんでしたが、
よくお世話になるお店で今回偶然ペアが揃うということがわかり、
受け取りに行きました。

実際のところ、オスは確実にオスなのだが、
メスはセックスプローブで見るとメスなのだけれど
蹴爪がしっかりしているので確信は持てないということでした。

が、せっかくのタイミングですから、ペアで戴いてきました。

華やかなモザイク模様はピンクベージュで、理想の色味でした。

意外と大きいです
ジムグリパイソン、意外と大きいです
左側の黒い部分は頭部ではなく尾部先端で、
危険を感じるとこの部分を立ち上げ頭部に擬態させて
危険を逃れようとします。

もう一方の個体もかなりボリュームがあります
ジムグリパイソン、もう一方の個体もかなりボリュームがあります

手に持つとずっしりとした重みが感じられます
ジムグリパイソン、ずっしりした重みが感じられます

ずっしりです
ジムグリパイソン、ずっしりです
 
これが飼育中の姿です
ジムグリパイソン、飼育中の姿です
ジムグリの名前通り地面に潜るのです。
そのため、頭部の吻端は少し尖っており、
掘り進むに適した形状になっています。

どこが顔なのかわからないような形態をしていますけれども、
よく見ると小さな目、そしてヘビらしい舌を出し入れする姿が愛らしいです。
茶色く丸い部分が目です
ジムグリパイソン、愛らしいです