昨日怖さのあまりに失神しそうなことがありました。

キイロアナコンダの水槽の水替えをしていたのですが、 
キイロアナコンダの向いている側と反対側のガラスを歯ブラシで擦っていました。

向いているのが私のいる方向と逆だったのもあり、
私は少し水槽の上に身を乗り出していました。

と、突如何か反射的に体全体が後ろに引きました。
次の瞬間私の耳をキイロアナコンダがかすりました。

キイロアナコンダはさらにすごい勢いで水槽からざーっと出てきました。
革手袋をした手で、水槽の方にがーっと押し返しました。
するとまたキイロアナコンダは起き上がって水槽から出てこようとします。

互いに押しまくる攻防は続きましたが、
段々キイロアナコンダが体全体で出ようとするようになってきました。

キイロアナコンダの腹部を強く押すと、
そのまま全体で凄まじい水飛沫を上げながら落ちていきました。

水槽の中にキイロアナコンダが戻った後、
しばらく放心状態になりました。

(あれ、身を引くのが遅れたら耳全部持っていかれていた・・・)と思うと
今更失神しそうになりました。

その場で出来ることは救急車を呼ぶことくらいだったでしょうが、
「あー!耳にアナコンダがーーー!!いたいーーー!あーーーーーー!」

救急センターで逆探知で家を突き止め入ると、耳から大流血している私と、
横で私の耳を食べて知らんぷりしているキイロアナコンダ。

耳はなくなってしまったため、接合術もできず。
 
キイロアナコンダ、一瞬にして特定動物入り。

どこへ行っても(あ、アナコンダに耳齧られた人だ)と思われる。

バッド以上の、ワーストエンドでしょう・・・。 

来た当初はとても大人しい印象でしたが、
もしかしたら現地で繁殖期にあたる時期に入ってきて、
メスは身を守るためにいつもより攻撃的になっているのかもしれません。
今後が気になります。

2014年8月、家に来た当初です。
イエローアナコンダ全体像

以下は今日の写真です。
成長後のこのマッシブさがすごいです。
時々危険ですが、「アナコンダ」と日々を共にできているというのが
とても幸せです。
キイロアナコンダ、成長しています