昨日グリーンパイソンの多頭飼育への憧れを記事にしたところ、
コメント欄にて多頭飼育の困難さを改めて指摘していただきました。

そういえば・・・アオジタトカゲもこんなことがあったなと思い出しました。

大人しいキタアオジタトカゲのケージに新しくアンボンアオジタトカゲを入れたところ、
キタアオジタトカゲがアンボンアオジタトカゲに咬まれてしまいました。
急いで引き離して、キタアオジタトカゲに問題がないことを確認しました。

彼らは歯が発達していないので、「咬む」というより「挟む」という感じなのですが、
カタツムリの殻を容易に噛み砕くその強靭な顎、
私も何度か咬まれて非常に痛かったです。

振り返ってみて、問題点をいくつかあげてみます。

その1:
 アオジタトカゲは異種に関しては無関心ですが、
 同種に対しては激しい敵対心を示すという傾向を理解していませんでした。

その2:
 CBのキタアオジタトカゲとWCのアンボンアオジタトカゲを
 一緒に飼育しようとしました。
 WCが不顕性に持っている病原体がCBに伝染して、
 問題になる可能性があります。

その3:
 アンボンアオジタトカゲの検疫期間が不十分でした。
 3か月程度設けるべきところを数週間で投入してしまいました。
 
アオジタトカゲの場合はその1が最も問題だったと思われます。

どのみち、グリーンパイソンも多頭飼育できるまでにはまだかなりの時間が必要ですから、
情報収集、検討をじっくり行っていこうと思います。

 2013年8月頃、家へ迎えたばかりのキタアオジタトカゲです
家に来た当初のキタアオジタトカゲ、全体像

2013年3月頃、アンボンアオジタトカゲが来た当初です
アンボンアオジタトカゲ、珍しく写真に納まる

サイズ的に困難だったため多頭飼育の対象にはなりませんでしたが、
ベビーサイズのキメラアオジタトカゲもいました 
キメラアオジタトカゲ