ついにやって来ました。

アルバーティスパイソンのキミカブラック、ブラックタイプのメスです

アルバーティスパイソンのキミカブラック、ノーマルタイプのメスです。

今まで家にはアルバーティスパイソンのキミカブラックの、
シルバータイプのオスメス、ブラックノーマルタイプのオスがいました。 

こちらがシルバータイプのメスです。
キレ気味アルバーティスパイソン

アルバーティスパイソンのキミカブラックには
・シルバータイプ
・ブラックタイプ
の2通りいるらしいことを以前ショップ店長さんに教えられ、
そういう眼差しで見てみると確かに違いがあります。

シルバータイプはシルバーに紫を少し混ぜたような色合いをしており、
質感はマットで、
性格はアルバーティスパイソンの荒々しさをそのまま残しています。

一方でブラックタイプは濃い茶色のような色をしており、
強い光沢感があります。
性格はハンドリングできる程大人しいです。
一般的にキミカブラックとして想起されるものがこのタイプだと思われます。

改めて、そういう眼差しで上記2点の写真をご覧ください。

今回ブラックタイプのメスを迎えたことで、
ブリーディングの際の組み合わせを増やすことができました。

シルバータイプのメスがまだ小柄なのに対し、 
ブラックタイプのメスはもうかなり大柄になっているので、
今年のブリーディングはメスはブラックタイプを使おうと思います。 

また、オスはブラックタイプの方がとりあえず扱いやすいので
子らの性質が想定しやすいことも含めて、
こちらもブラックタイプを使おうと思います。

ブラックタイプ×ブラックタイプです。

今回のブラックタイプのメスの写真をいくつかあげてみます。
こってりとした色合い、虹色の体、美しいです。
アルバーティスパイソンのキミカブラック、美しいです

 
ガラスを通すとかなりくすんでしまいましたが・・・
アルバーティスパイソンのキミカブラック、くすんでしまいましたが・・・
 
直に撮影すると、全身が虹色の光沢を伴う黒で覆われる姿はやはり圧巻です。
アルバーティスパイソンのキミカブラック、圧巻です