現在オス一匹のオビハスカイです。

「カエル喰い」と言われますが、
現在は冷凍ウキガエルをよく食べています。

飼育下では長期飼育も繁殖も困難と言われていますが、
迎えてから気付けば半年経っています。 
うれしいことです。

給餌場面です。
モガッ
オビハスカイ、モガッ
 
モガーッ
オビハスカイ、モガーッ
 
あ”ーっ
オビハスカイ、あ”ーっ

フードを広げた姿です。
オビハスカイ、フードを広げた型です
 
フードを広げると、フード内のキールが光を受けて輝き、
硬質な美しさを見せてくれます。

コブラのフードは立体で魅せる感じがしますが、
オビハスカイのフードは色と輝きが魅力的です。

オビハスカイは他のヘビにはない不思議な色です。
上記の写真は「赤紫」とでも表現したらよいでしょうか。
「チャイニーズゴーストスネーク」と言われるのも納得です。 

フード仲間としてミズコブラモドキは見たことがありますが、
ハブモドキには出会えていません。
夏レプででも見られたらいいですねぇ。