以前、「私は新しく導入した個体は1週間~10日程度置いてから給餌する」と
コメントをいただいたことがあります。

確かに新しい環境に晒された直後よりも、
消化、吸収などの総ての消化器系器官のパフォーマンスが
よくなっていそうです。 

が、私はせっかちなので、到着当日は我慢しても
1日経つとあげたくてムズムズが始まります。

今回のビアク産ベビーは非常に小さかったので予備能も低いと考えられ、
尚更でした。
しつこいくらい食べさせることを考えていました。

(さあ、早くテイルルアリングするんだ・・・!)
(さあ、隣のケージに給餌している時に羨ましそうにするんだ・・・!) 
(さあ、ピンクマウスに飛びつくんだ・・・!)

いずれも無反応でした。

今日で迎えて10日になります。
顔の周りでそっとピンクマウスを振ったりしていたのですが、
嫌そうに段々頭が後退していきます。

執拗にピンクマウスを振り続けて、
そのうちピンクマウスがペチペチ顔に当たるようになってきました。

突然、グリーンパイソンがキレました。

クワッと口を開けてピンセットに飛びかかってきました。

お、これはいけるのでは、と思いピンクマウスで顔をペチペチし続けました。

何ストローク目かで、ピンクマウスが口の中に入りました。
さっとピンセットを引くと、グリーンパイソン本人はしばらくそこで動きを止めていました。

と、摂餌スイッチが入ったらしく、モソモソと食べ始めました。
この方法が適切な場合と不適切な場合があるでしょうが、
とりあえず摂餌してくれたのは本当に安心しました。

ピンクマウスを咥えました
グリーンパイソン、ピンクマウスを咥えました

モグモグ
 グリーンパイソン、モグモグ

アガー
グリーンパイソン、アガー

鼻先の色の変化も仄かにわかります。

摂餌してくれてよかったです。