先日、「よんね」さんよりリクエストいただいた、
「ブラッドパイソンの近況です」と称して3匹のブラッドパイソンの紹介をさせていただいた
・・・つもりでした。

が、後半のアルビノマラヤンブラッドパイソンの記事を読み返して、
(咬まれた記録しか書いていない・・・)とようやく気付きました。

T+アルビノマラヤンブラッドパイソンは魅力的です。

全体像です。
煉瓦色とベージュ色を主体とした上品な色合いです。 
体格も頭に不似合な程がっちりしています。
T+アルビノマラヤンブラッドパイソン、全体像です
 
 この、右目の濃い葡萄色の眼差しは吸い込まれていくようです。
T+アルビノマラヤンブラッドパイソン、右目です
 
こんな顔もできます。
ベロベロベー
ベロベロベー
 
そして非常に美しいのが、
このグレーと葡萄色のモザイクになっている左目、
左右で色の異なるオッドアイです。
T+アルビノマラヤンブラッドパイソン、オッドアイです
虹彩の上方を中心に薄い青味を帯びたグレーが入っています。

当ブログにしばしば「オッドアイ」として登場する生体ですが、
撮影中も改めてその美しい眼差しに見惚れました。

動く度に光るグレーが見ていて飽きません。

あ、あと吻端に血液が付いているのは、
先日私の手から出血したものかと思われます。

追記(2015年6月21日12時)
:ブラッドパイソンのリクエストをくださったのは
「komama」さんではなく「よんね」さんでした。
投稿当初の本文にて誤って記載しておりました。
両お二方、大変失礼いたしました。