久しぶりにアルバーティスパイソン、
キミカブラックを撮ってみようかと思いました。

特に家の生体はメスはオス以上に体格が大きく、
鋭い眼光からは圧倒されるような迫力を感じます。

アルバーティスパイソンは大きな頭部も魅力的です。
アルバーティスパイソン、大きな頭部も魅力的です

大正漢方との比較で、体幹の太さが少しお伝えできるかと思います。
側面に光る虹色のラインも美しいです。
アルバーティスパイソン、側面に光る虹色のラインも美しいです
 
体全体と比較すると、大正漢方がとても小さく見えます。
アルバーティスパイソン、大正漢方が小さく見えます
 
「シロクチニシキヘビ」という和名も納得です。
アルバーティスパイソン、「シロクチニシキヘビ」です
 
迫力にゾワゾワします。
アルバーティスパイソン、迫力にゾワゾワします
 
こんな顔もできます。
ベロベロベー
 アルバーティスパイソン、ベロベロベー