一昨日にハルマヘラパイソンの写真を載せたばかりでしたが。
こんな早々に脱皮するとは。

いつもシェルターの中に頭を押し込んでいたので、
(色がくすんでいたのは気付いていたが、目の白濁には気付かなかった)と
言い訳させてください。 

一昨日のハルマヘラパイソンです  
ハルマヘラパイソン、ジーッ

ちょうど、昨日グリーンパイソンパウダーブルーのケージと
ハルマヘラパイソンのケージを入れ替えたところでした。

グリーンパイソンは横木さえ入れれば登ってくれるのですが、
ハルマヘラパイソンは木に登る一定の条件が必要らしく、
以前入れ替えをした時には木に登らなくなってしまいました。

(せっかくなら木の上で恰好良くとぐろを巻いて
恰好いい顔を見せてほしいなあ) と思い、
それぞれ元いたケージに戻したのです。

すると、ちょうど脱皮をするタイミングだったらしく、
昨日の朝にはハルマヘラパイソンは横木の上で燦然と輝いていました。

まだ顎に少し脱皮殻が残っています。
ハルマヘラパイソン、顎に脱皮殻が残っています

いつもの砲台ポーズです。
ハルマヘラパイソン、いつもの砲台ポーズです
 
あ、顎の脱皮殻が取れたようです。
ハルマヘラパイソン、顎の脱皮殻が取れたようです
 
美しいです
ハルマヘラパイソン、美しいです
 
ろくろ首です
ハルマヘラパイソン、ろくろ首です
 
横木の上で動いています。
ハルマヘラパイソン、横木の上で動いています

以前より、色のコントラストがくっきりし、
サンドベージュの地色に黒いバンド、赤味のある頭部などが
際立つようになってきました。

どんどん磨き上げられていき、見惚れる程美しいです。