ついにその日がやってきました。

脱皮不全の箇所があったのでそれを取り除こうとケージに革手袋の手を入れていました。

すると、首を抑えていた手が一瞬緩んだのか急激に頭が動き始め、
偶然エメラルドツリーボアの顔が無防備な右前腕に乗りました。

(頼むから、気付かないでください・・・!)

気付かれました。

一瞬の間のあと、エメラルドツリーボアの口は全開になり、
前腕に咬みつきました。

咬みつき、さっと離れていきましたが、
咬みついた時の、歯が筋肉や腱を断つ
ギョリギョリギョリという感触が鮮明でした。 

傷からはどんどん血が溢れてくるので
急いでシンクへダッシュしました。

今思えばまずティッシュを取って圧迫しながらシンクへ向かえばよかったのですが、
血を垂らしたままダッシュしたため、周囲一帯が血塗れになってしまいました。

受傷直後です
エメラルドツリーボアに咬まれた受傷直後です

洗いました
エメラルドツリーボアの咬傷を洗いました
写真だとうまくお伝えしづらいのですが、
皮膚、さらには筋膜が裂けて筋肉が見える状態になってしまいました。

こちらは腕の内側です
エメラルドツリーボアの咬傷の腕の内側です

脱皮殻を取り除くときの手際が悪かったのです。 
今右手を動かすと傷が猛烈に痛いので、左腕しか使えません。
グッタリしました。 

美しいんですがね
エメラルドツリーボアの横顔