大変固いチンゲンサイの芯を
我々がキュウリでも食べるかのように
軽快にボリボリ食べていきます。

激しい顎の力です。

ヒトの手とアルダブラゾウガメの大きさの対比にも
ご注目ください。