とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

2015年01月

昨日、2015年1月30日をもちまして
当ブログ「とげ男の毎日」は無事1周年を迎えることができました。

「主にトゲオアガマの、生体たちの成長や出来事を綴っていきたい」
という思いで始めた当ブログ、
多くの方々のご閲覧、ご支援によってここまで来ることができました。

改めて心から感謝申し上げます。

今後も日々精進を重ねてよりよい生体管理を目指し、
また思い出の記録を残させていただこうと思います。

これからも、「とげ男の毎日」をどうぞよろしくお願い申し上げます。


昨日、グリーンパイソンの頭部の一部分に緑色が浮き上がってきたという記事を書かせていただきました。

ブレイクスルー、とはまさにこのことを指すのだと思います。
今朝見ると、緑のスポットは全身に広がっていました。

ブワッという擬態語が似合うほど、突然浮き上がり始めました。
 
ブワッ
 グリーンパイソンの緑のスポットが全身に出始めました

食餌中です
 グリーンパイソン、食餌中です

グネグネ
(陰になっている部分が緑が確認しやすいと思います)
グリーンパイソングネグネ1
 
グネー
グリーンパイソングネグネ2
 
グネグネ
グリーンパイソングネグネ3

テイルルアリング中

ピョッ
グリーンパイソンルアーテイリング中1

ピュッ
グリーンパイソンルアーテイリング中2

ピュルルルルル 
グリーンパイソンルアーテイリング中3
 
ピュッ
グリーンパイソンルアーテイリング中4
 
飼っていて本当によかったです、グリーンパイソン。
明日も楽しみです。 

ジャパンレプタイルズショー(ジャパレプ)もいよいよ明日に迫りました。
以前は夏のみでしたが、動物愛護法により爬虫類通信販売不可となりニーズが増したため、
冬も行うようにしたようですね。

そして、家のグリーンパイソンです。
最初の淡い頃よりも、少し蛍光色じみて全身が緑に近づきつつある・・・!
と毎日期待してグリーンパイソンのプラスチックケースを覗いています。

餌食いも非常によく、
頭部の脱皮不全を指摘してくださった獣医さんのお蔭で
また元気で美しい姿を見せてくれるようになりました。

今朝、プラスチックケースで床にはってある水が汚れていたので替えようとした時、
「 ・・・!」
頭頂部と上顎の一部にに小さくグリーンのスポットが現れていることに気づきました。 

小さいけれど単焦点でちゃんと写るだろうか・・・と思いつつ撮影しました。

本当に微細でお分かりいただき難いところなのですが、
以下がその写真です。 

グリーンパイソンが変色し始めました
 
生体の成長が見られるととてもうれしく 、
特に色が激変していくグリーンパイソンはまさにその先鋒と言えるでしょう。

これからどんどん緑のスポットが増え、
いずれは全体が緑色になる・・・!
ブルーコンドロの血も入っているから、
青のスポットの出現も見逃せない・・・!

あ、そういえばいつもお世話になっている店員さんに
「グリーンパイソンは多頭飼いできますよー」
と言われました。

実際、何匹ものグリーンパイソンが
並んで木にぶら下がっている写真を見たことがあります。 

多頭飼い、か・・・。
フフッ 

明後日からJRS(ジャパンレプタイルズショー(ジャパレプ))ですね。
ブログをご覧になっている皆さんは行かれるご予定でしょうか?
雑誌の記事など見ると「楽しそうだな・・・」と思いますが、
寒いor暑い、人が多い、遠いなどの理由で一度も行ったことがありません。
生体関連のグッズなども、うらやましい限りなのですが・・・。

昨日、餌やりをしようとしたら、
バイパーボアが冴えない色になっていました。
よく見たら、目も真っ白です。

定常運行時
定常運行時のバイパーボアです
みっちりと黒と茶色がゴールドに近いベージュで区切られ、
なかなか高級感があると個人的には思っています。
 
冴えない現状
バイパーボアの冴えない現状です
白茶けたその姿にもはや高級感はありません。

目はもはや白濁というより蝋を塗り込んだかの如き質感です。
バイパーボアの白濁した目です
 
体も確実に大きくなってきているので、
脱皮後はさぞかし美しい姿を見せてくれるでしょう。
大いに期待します。 

久しぶりにアムールラットスネークを撮影してみました。

全体はこんな感じです。
食べているのはホッパーです。
だいぶ大きくなりました。
アムールラットスネーク、食餌中

顔はこんな感じです。
相変わらずベーレンパイソンのような顔です。
アムールラットスネークの顔です

 頭部、体幹のエナメル感が美しいと思います。
アムールラットスネークはエナメル感が美しいです

体幹の模様をじっと見ているうちに、あることに気づきました。

これ(サキシママダラ)や 
サキシママダラの模様です
 
これ(アカマタ)に
アカマタの模様です

これ(アムールラットスネーク)は
アムールラットスネークの模様です
側腹部の模様が似ている・・・! 

色のグラデーションこそありませんが、
近縁種でもない種がこれだけ似ている模様を示していることが興味深いです。 

皆、フカフカの中にもぐるのが大好きです。

サルバトールモニターも。
サルバトールモニターはフカフカが好きです

布団を剥がないでください
サルバトールモニター、布団を剥がないでください

犬用ベッドですがね
サルバトールモニター、犬用ベッドですがね

ウへへ
サルバトールモニター、「ウヘへ」

アルバーティスパイソン(ですら)も。
アルバーティスパイソンもフカフカが好きです
 
 

T+アルビノは本当に美しいと思います。

先日は、ショップで名前の付いていない美しい幼ヘビがおり、
トランスペコスラットスネークかな?と思い聞いてみました。
すると、シュウダのT+アルビノということでした。 
ソリッドな質感と淡い色、濃い眼の色が本当に美しかったです。

サルバトールモニターのT+アルビノです
美しいアルビノサルバトールモニターです

マラヤンブラッドパイソンのT+アルビノです
(元々オッドアイで、右は葡萄色、左はシルバーとのモザイク色になっています)
 美しいマラヤンブラッドパイソンのアルビノです

今日、上にあげたサルバトールモニターのアルビノ姫の写真を撮って、
アルビノのマラヤンブラッドパイソンをしげしげ眺めて、
改めて
「綺麗だな・・・」
と感動しました。

いつまでも、健康で美しく、これから先も長い時を共にしてほしいと思います。

すみません、ただの家の個体自慢です。

アカマタ。

マダラヘビの中では最も大きい種とされています。
写真で見ると、得も言われぬ模様と色の複雑さが美しい種です。
幼体の時は黒と赤のはっきりしたコントラストですが、
成長に伴い色も模様も複雑化していきます。

が、アカマタはその凄まじく神経質(=攻撃的)な性質から、ほとんどペットトレードに乗りません。
沖縄の固有種で、ハブも食すことから神聖視する向きもあるようです。
アカマタ本体は無毒です。

私の中ではマダラヘビの中でもこの抜群に秀でた美しい存在を、
荒くてもいい、このヘビを手にしてみたい・・・
と思っていました。

が、先ほどご紹介させていただいたように、
ペットトレードに乗ることは極めて僅かのようでした。

それが、偶然時々出向くショップの在庫にアップされていました。

サイズ的にはフルアダルトのようです。

どれ程の荒さかも不明ですし、非常に悩みましたが、
日本の爬虫類、両生類のアトラスを見て改めて美しさに魅かれ
「やはりアカマタを購入しよう・・・!」
と思いました。

人気がないからという理由からなのか、
FHのボールパイソンベビー並みの価格設定でした。

電話で在庫を確認し、店舗に行ったところ、
「アカマタ、そこのプラスチックケースに入っているよ」と言われました。

静かにとぐろを巻いていますが、
刺激が加わったらどんな激しい動きをするのか未知です。

店長さんにフタを開けてもらうと、
シーン・・・
微動だにしません。

「あ、ハンドリングしていいよー」と言われ、
やや戸惑いながらもさっと手の中にすくい上げると、
静かに体を伸ばしたり縮めたりし始めました。

非常に大人しい個体だったのです。
これは後付けの「都市伝説」に近いもののようですが、
アカマタは極めて限られた地域個体群にのみ、大人しい性質のものがいるようです。

非常に美しいヘビでした。
ハブに擬態しているといわれる頭部の三角形の形も、
まるでボア、パイソンのような括れを成し、
総てが完成された美でした。

「飼い込み個体」だとのことでしたが、
これを手放した方はさぞ残念だったろうと思います。

アカマタ、全体像です
アカマタ、全体像です

アカマタの頭部です
アカマタの頭部です

頭部の括れがナミヘビらしからぬ力強さを見せます
アカマタの力強い頭部です

マダラヘビならではの模様、グラデーションです
アカマタの模様です

咬蛇姿勢です、がここからアタックすることは今までのところありません
アカマタの咬蛇姿勢です

屹立する咬蛇姿勢です
アカマタの屹立する咬蛇姿勢です

ハンドリングです
アカマタ、ハンドリングです


ここからは、生体とは直接関係のない旅行での話ですが、
アカマタが出てきたところで、沖縄へ行った時の体験を綴らせていただこうと思います。

医療関係者は「夏休み」を一斉に取ることができません。
皆で調整しながら1週間程度の休みを取ります。

以前、卒業旅行で沖縄本島に行った時に沖縄の美しさに心打たれ、
それからもほぼ毎年離島の石垣島、宮古島を中心に訪れていました。

その年は10月に休みをもらい、何となく5日程度本島を回ってみる計画を立てました。 

多くの観光スポットを回り、最終日前日
沖縄の聖地のひとつ、斎場御嶽(さーふぁーうたき)を訪れました。

オフシーズンのためか比較的観光客も少なく、静かでした。

静かな御嶽の中を歩いていると、得も言われぬ穏やかな心持ちになりました。
そして、中を歩いていると突き当りに当たる部分が現れ、
そこからは「神の島」と呼ばれる久高島(くだかじま)が見えるようになっていました。

最終日は久高島に行ってみよう、と思いました。

小さなフェリーに揺られて数十分、久高島に到着しました。 
周囲8㎞程度の小さな島です。

そこでレンタサイクルを借り、島の地図をもらって出発しました。
島の地図には「ここは聖地のため立ち入り禁止」区域が書いてあります。

地図には「サイクロード」が示してあり、それに則って走ることにしました。
集落はしんと静まりかえっています。

サイクロードとは言っても少し草や木がどけてあるだけで、
走っている途中に何度も木や草に纏わりつかれました。

走っているうちに、脇にそれる小路を見つけました。
10mの先で小路は途切れ、海岸へと降りていく階段が続いています。
地図を見ても、不可侵領域ではないようなので、海岸へと降りてみました。

降りると砂浜というより大きな岩がごろごろ転がっているような状態でした。

少し歩いてみようかな・・・と思い何気なく岩場の仄暗い奥を見た時です。
石が小さくいくつも並べられそして積まれ、その中央には人を模した絵が書いてありました。

それは祭壇というよりなにか呪いのような禍々しさを放っていました。
 「まずい・・・!」
何か見てはいけないものを見てしまいました。

うぁぁぁぁと小さい声で叫びながらたった今来た階段を凄まじい勢いで登り、
顔にクモの巣が付くのも厭わず自転車に乗り全力でその場から逃げました。

しばらく自転車を漕いでいるとちょっと心が落ち着きを取り戻し始め、 
フボー御嶽という聖地の一つを訪れることにしました。

フボー御嶽の近くまでくると、藪の中から
「ほー、ほー、ほー、ほー」
という音が聞こえてきました。

「鳥かな、あるいは人の笛の音かな・・・」などと思っていましたが、
不思議なことに一切移動する気配はなくその音は真横をついてきます。
鳥にしても人にしても一切葉が擦れる音などもなく移動してきます。
ほんの2mほどのところなのですが、姿は全く見えません。

フボー御嶽に到着しました。
大きな丸太が置いてあり、「丸太から先は立ち入り禁止」と看板が掲げられています。
丸太には一切近づかないようにして、全体を眺めます。

丸太の向こうは少し開けた森、藪、になっています。

静かな中に
「ほー、ほー、ほー、ほー」
という音だけが響きます。

何となく不安になり、自転車に乗ってその場をそっと立ち去りました。 

出発点に戻り、レンタサイクルを返しました。
気付けば手足はかなり日にやけており、体全体は非常に怠くなっていました。

次の連絡船が来るまでポカリスエットを飲み、
体を休めつつ日陰から海を眺めていました。

「御嶽や久高島は観光客が気軽に興味本位で行く場所でないな・・・」という印象でした。
そこは今でも沖縄の人々の崇拝の対象、聖地、神であり、
心の拠り所であります。

ちなみに、「アカマタ」という言葉そのものは解釈が分かれるものの、
現地における神の名の一つのようです。
アカマタを祭る祭事は住民ですら見ることが許されず、
アカマタが家々を回る間、
家に閉じこもって忌み憚ることが求められるそうです。

アカマタ、
今年一番の出逢いかもしれません。 

昨日、
「ヘビが脱皮した際は尾の先まできちんと確認すべき」
と当たり前のことを当たり前に書いた途端、です。

エメラルドツリーボアは購入時、お店でプラスチックケースから出された際、
床をすさまじい勢いでのたうち回り、店員さんの手に咬みつき、
店員さんの手は大流血しました。

摂餌中の様子を見ていると牙が3cmはあるので、
当然革手袋などは用を成しません。

そのエメラルドツリーボアの尾の先端を確認することになるとは・・・!

脱皮殻を見ると、尾の先端は綺麗に剥けているように見えますが、
「殻を見たら剥けているように見えた」などというのは戯れ言です。
尾を目視で確認しなくてはいけません。

スネークフックと糞尿を撒き散らかした時のためのペットシーツを周囲に準備しました。

準備は整いました。

ケージを開け、スネークフックをエメラルドツリーボアの体に引っ掛けます。
当然、彼女は振り返り憤怒の表情で口を開けこちらへ突進してきます。

スネークフックを返し、首元を抑え、
体をくねらせるに従って見えてきた尾の先端を確認しました。

「よし、剥けている!」

首元を抑えていたスネークフックを素早く外し、
ケージのガラスを閉めました。

フー・・・・

エメラルドツリーボアはその後もしばらく憤怒の表情、体勢を見せていました。

格好いい・・・!
痺れる・・・!

寛いでいる場合ではありません。
今度はシャッターチャンスです。
怒涛の展開です。

以下、同じように見える写真も、少しずつ違います。
目線、表情、口許、などなど。
恍惚の中でシャッターを夢中で切りました。

ちなみに、ガラス面が汚れているのはエメラルドツリーボアが暴れて
水容器の中の水が撒き散ったからです。
ご容赦ください。
憤怒のエメラルドツリーボア1

憤怒のエメラルドツリーボア2

憤怒のエメラルドツリーボア3

憤怒のエメラルドツリーボア4

憤怒のエメラルドツリーボア5

憤怒のエメラルドツリーボア6

個人的に、やはりヘビは咬蛇姿勢が至高です。

最後に、脱皮殻です。

脱皮殻全体像です。
エメラルドツリーボア、脱皮殻全体像です
 
 肝腎の尾の先端です。
エメラルドツリーボア、脱皮殻の尾の部分です
 
きちんと剥けているように見えますが、これだけでは安心できなかったのです。 

・・・最終的に、格好いい姿を見せつけられてものすごく得をしました。 

ブラジルレインボーボアの拒食は10月~11月頃から始まり、
床材交換、湿度調整などに気を遣い、
一旦は回復したかのように見えました。

が、その後は拒食が再発しました。

非常に困っていました。

そんな時、ふと「成長につれて水入れがもうだいぶ小さいな」と思い
水容器をかなり大き目のものに替えました。

替える際、ブラジルレインボーボア本体をまじまじと見ていると大問題を発見しました。
普段は拒食中の個体をハンドリングすることは避けていますが、
ふと気づきました。
尾の先端が1㎝程度が黒く完全に壊死していたのです。

明らかに脱皮不全により死んだ組織でした。
(なお、幸い総排泄孔よりはぐっと尾部先端に近く、
総排泄孔は特に異常は認められませんでした。)

「これが拒食の原因だったのでは」と思い
日々のヘビの摂餌、脱皮について記録したノートで振り返ってみました。

「10月1日、ブラジルレインボーボア脱皮。
10月の20日頃から摂餌が激減。」
という経時的変化が明らかになりました。

これは時系列的に見ると尾の壊死というストレスがあって、
拒食に至ったものと考えられました。

今週末に獣医さんのところでダイヤモンドバックテラピンの定期処置の予約を取っていたので、
この壊死箇所も診てもらおうと思いました。
局所麻酔をして、壊死部分を切離、かな・・・などと考えていました。

とりあえず大きなサイズの水容器を入れたところ、
早々に水容器の中に移動しました。
今までの成長スピードを考えたら、もうとっくに水容器は小さかったのです。

全身状態は悪くないようでしたので週末の獣医さんまで経過を見守ろうと思っていたところ、
昨日脱皮した形跡を発見しました。

「これはもしかしたら」と思い見てみると、
やはり壊死部分でぴったりと脱皮殻が止まってしまっています。 

脱皮殻をそっと剥いていきます。
すると、壊死部分は何の抵抗もなく脱皮殻の方へくっついていきました。

その壊死組織が取れたところの箇所の写真です。
 ブラジルレインボーボア、壊死組織が取れたところの箇所です

出血も軽微なものでしたので、圧迫止血をした後、
イソジンで消毒しておきました。

30分おきに何度かチェックしましたが、
特にそれ以上の出血なども見られませんでした。 

とりあえず今日はこの処置がストレスになったでしょうから、
そっとそのまま置いておきました。

翌日、「多分、いける・・・」という期待と共に
軽い霧吹きを先行させてマウスを投入しました。

5分後・・・
食べている!!!

ブラジルレインボーボア、食べている!!!1

食べている!!!
ブラジルレインボーボア、食べている!!!2
 
食べている・・・!!!
食べ終わりそうだ・・・!!!
ブラジルレインボーボア、食べている!!!3
 
今回の症例で学んだことは、

・拒食に陥った時はまず最低限のハンドリングで全身に問題がないことを確認する。
  ヘビのチェックが終わったらそれから環境の見直しを行う。
  経過を観るのはこの2点を十分行った上でとする。

・ヘビの脱皮に際しては、脱皮後必ず尾の先端まで脱皮殻が抜けていることを確認する。

・湿度に弱い一部のヘビを除き、水容器は全身が浸かれるものを選ぶ。

といった点でした。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、
当たり前のことができていませんでした。

こういったピットフォールが本当に重要だと思い知りました。 

パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングがどんどん変化してきています。
以前もご紹介させていただいたかと思いますが、
変化スピードが速いのでまたご紹介させてください。

購入したての頃はパプアンカーペットパイソンそのものでした。

2014年11月5日
 2014年11月5日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングです1

2014年11月5日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングです2

全体的にピンクがかっている、ベージュと茶色の組み合わせという、
比較的パプアンカーペットパイソンの一般的な印象です。

それが、
2014年12月25日
2014年12月25日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリングです

徐々にピンクが消え、若干緑がかってきたような印象です。

さらに、
2015年1月20日(購入時から3か月近く経過しています)
2015年1月20日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリング全体像です
 
2015年1月20日、パプアンジャガーカーペットパイソンのシブリング頭部です

ピンク味はすっかり消え、緑色が全体に広がってきています。
斑紋も色が薄くなりました。
全体的にすっきりとした、涼やかな印象です。

パプアンカーペットパイソンぽさが残っているとしたら、
厚みのあるごつい頭部でしょうか。

サイズもすっかり大きくなってきました。

緑色のカーペットパイソンが現れるとは、
さすがシブリングです。
これからさらに緑色が濃くなるのか、あるいはまた違う変化をするのか、
楽しみな個体です。

実はこの個体はカーペットパイソンの大家、
Marc Menses氏の元で生まれた仔です。

モレリア属の中で最も好きな、カーペットパイソンです。 

このページのトップヘ