昨日、トーマストゲオ3匹のうち、大きい個体に突かれていた小さい個体を隔離したのですが結局新しいケージが用意できておらずプラスチックケースに入れざるを得なかったので、温度や給餌のことなどいろいろ条件的に悪い状態が続いてしまうと考え、本日もう一度同じケージに戻してみました。
本来ならば、複数飼育を行う場合はトラブルが発生した場合には直ちに分けて飼育できるような十分な準備を行うことが求められるのですが、同じ種なので大丈夫ではないかと認識が甘く準備不十分でした。
幸い特にトラブルはなく、小さい個体も問題なく過ごせているようです。

2014020101
 
重なり合うことによってメリットが発生するというよりも、同じ狭いバスキングスポットで押し合いへし合い暖まろうとする結果このようにお重のように重なり合う という事象が発生するのでしょうか。
他の方のブログでも同じような図を見たことがあるのですが、なぜここまでぴったりと重なり合うのか不思議です。
下の2匹は今年の冬クーリングして来年の春繁殖を試みてみたいと考えていますが、それまで半年強ほどしばしこの微笑ましい情景を 楽しむことにします。
今日は静岡で「ジャパンレプタイルフェスティバル」が開かれています。
日本で最も大きい爬虫類の即売会で昨年までは夏のみでしたが今年から冬にも開かれることになりました。
昨年9月から施行された改正動物愛護法により爬虫類の対面販売が義務付けられ、通販が不可能になったため地方の爬虫類ファンは個体を入手しにくい状況になっています。
このため、こういった即売会の需要は高まっていると考えられ冬にも行われることとなりました。
冬に遠方で個体を購入するのは、個体にとって移動に伴うストレスも多いと考えられ、そして何より私自身人の多いところが得意でないため今日は見合わせました。
新しい個体も最近複数購入したのでそちらのケアも抜かりなく行わなければ・・・と考えていたのですが、器材を購入に行った爬虫類専門店で結局「トッケイヤモリ」と「スジクビヒメオオアタマニオイガメ」を買ってしまったのであまり説得力がありません。
トッケイヤモリはその鳴き声が「ンエッコウ!!」と特徴的であり、英語でヤモリを意味するGeckoの音語源になっています。