バポナを吊るして数日・・・
アンボンアオジタトカゲのケージに敷いてあるペットシーツ上に動いているダニもいなくなりました。
が、ケージのある部屋の隣室に置いてあったサソリが今日大量死していました。
コオロギやゴキブリは死ぬかもしれないが、サソリくらい頑丈そうな生き物だったら
同じ節足動物であっても大丈夫とたかをくくっていました。
全長20cm程度のダイオウサソリ3匹と3cm程度のイスラエルコガネサソリ1匹が死んでいました。
コオロギは離れた別室でしたが、サソリは隣室に置いたままにしていたのです。
ダイオウサソリの中には出産が楽しみな妊娠中の個体もいました。
出産間際になってくると腹部が大きく膨れ上がってきます。
サソリの中には「出産」する種がいて、ダイオウサソリもそういった種です。
以前、家で出産したサソリの写真をご紹介しておきます。
カメラで動画撮影したものをさらに撮影しているのでやや見づらいですが、まごうかたなき親仔サソリです。

ダイオウサソリ

こんな感じで、出産した仔サソリは1週間くらい母親の庇護下で暮らします。
1週間後には母親の背中から降りて自分で餌を探し始めます。
この時は18匹産まれて、湿度の問題や脱皮の問題、摂餌の問題など種々のトラブルを乗り越えて現在生き残りは3匹です。
その後も、妊娠個体が出産時なぜか出産できずにそのまま命を落とした事例などもありました。
今回は明らかに人災です。
一回バポナを撤去して、ダニとサソリの様子を見ることにします。