ヒョウモントカゲモドキは今やフトアゴヒゲトカゲと並んで二大人気トカゲと言っても過言でないでしょう。
フトアゴヒゲトカゲと違って紫外線灯などが不必要という点もあり、フトアゴヒゲトカゲ以上の人気かもしれません。
元々夜行性の種であるため、紫外線灯を当てなくても生育できるのです。
逆に、フトアゴヒゲトカゲなどは昼行性のトカゲであるため、カルシウムの吸収に必要なビタミンD3を紫外線照射によって得るため、紫外線灯は必須になってきます。
さらに、ヒョウモントカゲモドキは色や模様にかなりのバリエーションがあるため、集めるのも楽しいというのがあります。
家のヒョウモントカゲモドキはこんな感じです。ヒョウモントカゲモドキ・ハイポタンジェリン・ゴースト・ハロウィンマスク

ハイポタンジェリンという品種の、さらにゴーストと呼ばれる色の薄い品種です。
猫のような目が可愛いと思います。
エクリプスと呼ばれる、全部が黒目になったような品種も存在するのですが、個人的にはこの瞳孔がはっきり確認できるような目が表情があって好きです。

さらに、この個体は頭部の上の模様が骸骨に似ていることから、「ハロウィンマスク」と呼ばれる一群に属します。
ヒョウモントカゲモドキ・ハイポタンジェリン・ゴースト・ハロウィンマスク
何だかあんまりよくわからないですね。

それより正面から見た時のナイトメアビフォアクリスマスのヒロインのような顔が可愛いと思います。
ヒョウモントカゲモドキ・ハイポタンジェリン・ゴースト・ハロウィンマスク
口が縦に縫い付けられているような。
そして、鼻がブタのような。

ウィンクしてます。

ウッフン
ヒョウモントカゲモドキ・ハイポタンジェリン・ゴースト・ハロウィンマスク