とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: 飼育環境

実は、我が家のボールパイソンはもう3か月餌を食べていません。
買ってきてから一度も餌を食べていないのです。
温度はサーモスタットで30度を下回らないようにしていますし、
霧吹きも1日最低1回はして、部分的にミズゴケを置いてそこを重点的に湿すようにしています。
ハンドリングはほとんどしていないので、
触られ過ぎストレスもないと思われます。
ボールパイソン


置いたらささっと人気を消して、電気も消して様子を見るという
置き餌も試しました。
ただ、本来ボールパイソンは臭いではなく
ピット器官というところで温度を感知して餌を採るはずなので、
あっという間に冷めていく置き餌がどれくらい有効かは不明なのですが・・・。

ショップではラットではなく、冷凍マウスをあげていたとのことだったので、
冷凍マウスを解凍していろいろな温度にしてあげてみています。
解凍も湯煎にしたり、プレートヒーター上で溶かしたり
いろいろな方法で試しています。
上げる前にはマウスのお腹の部分をぐりぐりして、きちんと冷たい部分がないことも確認します。 

ショップでは週2回、よく食べていたということです。
「活マウス試してみたらどうですか」とも勧められましたが、
生餌しか食べなくなったら困りますし、マウスが逆襲してヘビがケガをするということも時折あるようなのです。

繁殖にも使ったオスのボールパイソンということで、生後1年以上は経っているはずなので、
季節性拒食だと思いたいのですが、それでも不安です。 
獣医さんには「季節性拒食なら体重は全然減らないはず」と言われましたが、
入れ物に入れて体重測定しようとしてもグネグネ動いてしまって動きが制御できず、
測定できませんでした。

ボールパイソンは元々サバンナに棲んでおり、
乾季と雨季に合わせて乾季はほぼ拒食状態になるはずなのです。 
で、雨季の到来と共に摂餌を始め、繁殖も始まるというのが自然のスパンです。
下記の本を参考にしています。
 




上記の本はUromastyx(トゲオアガマ)バージョンも持っていますが、
このシリーズのよいところは、単に飼育書としてのみならず、
地球のどんな地域に棲み、どんな環境で暮らしているのかということが写真も交え
しっかり書かれているところです。 
その上で、どんな飼育環境を作ってやったらよいかということが説明されています。
訳書が出てほしいなあと思うシリーズの一つであります。

ショップで食べていたのが、連れて帰ってきたら食べなくなったというのは、
やはりショップほどの温度、湿度管理ができていないからなのでしょう。
数週間に1度のペースで給餌トライをしていますが、
あと1か月程度で摂餌を再開してほしいところです。

強制給餌は試していません。
「成体のボールパイソンで今まで食べていたなら、
環境を整えて食べるまで待つのがよい」とビバリウムガイドに書いてありました。

この号にその話が出てくるわけではありませんが。
この「ビバリウムガイド」は日本で数少ない両爬虫類専門雑誌であります。

ちなみに、ヘビはケージ内で写真を撮るのが結構難しいです。
一旦動き始めるとなかなか止まらないですし、顔を写そうとすると全体像が写りません。

頼むから食べてくれ
あ、すいません、人違いです
フトアゴヒゲトカゲ

肺炎で1週間入院し、退院したと思ったら 食欲不振と下痢で続いて入院していたヘルマンリクガメが
退院してきました。
今はレントゲンで腸管内にあったガス像も消え、
よく食べている結果として便塊像がしっかりと写っていました。
獣医さんに、
「温度、湿度が問題ないのであれば
ケージが広過ぎてかつ隠れる場所もないのが恐怖心から行動範囲を狭めてしまい、
結果餌までたどり着くことができなくなることが問題かもしれない」 と言われ、
勧められた方法でケージインケージを準備しておきました。
自然界において仔ガメが広いところを歩くことはなく、
草むらなどに隠れながら歩くのが本来の姿だからとのことでした。
具体的にはこんな感じです。
ヘルマンリクガメ・ケージ

サーモスタットで30度保証にした60cmの水槽に、
長辺40cmのプラスチックケースを入れ、水場を入れます。
そして下3分の1にプレートヒーターを当てます。
ただ、直に当てると溶けてしまうこともあるので、床のガラス越しに当てます。 
(先日はサソリのプラスチックケースが溶けてしまっていました。
以前、「暖突」という暖房器具を取り付けた時にも溶けてしまいましたし、
プラスチックケース は思いのほか熱に弱いようです。)
プラスチックケースの床にはペットシーツを敷き、
床面には新聞紙を短冊切りにしたものをクシャクシャにして入れました。
これも、色が付いているとカメが誤食する可能性があるため、
色がついていないところを使うようにと言われました。
これがシェルター、自然界で言う草むら代わりになります。
あとはバスキングスポットのおこぼれの光程度を隅の方に当てます。
後ろに新聞があるのは、なるたけ狭まった場所感をカメに与えるためです。
当初前面の引き戸ガラスは付けない予定でしたが、
イグアナが侵入してプラケース内をうろつき、餌を横取りしカメを踏んづけるという蛮行に及んだため
付けることにしました。
カメはひとしきり餌を食べたあとシェルターに潜って眠ってしまいました。

もはやどこにいるのか写真ではわかりません。
甲羅のごくごく端が小さく写っていますが。
ヘルマンリクガメ・ケージ

そして、小さいトーマストゲオアガマは腸管に詰まっているものが何かをさかんに獣医さんが気にされ、
私自身も今後の他個体の管理の参考になると思ったので解剖をお願いしてきました。
数日後に連絡をいただいて、迎えに行く予定です。

カメラが好きな父が、カメラを始めたばかりの私に「店頭で見つけたから買った」と雑誌を送ってくれました。

確かに初心者の私でも苦なく読める内容で、ありがたいです。
そういえば、父は
「自分で言うのもあれなんだけどねー、ぼかァねー、
写真の夜間学校に通っていた頃ね、『きさい』と呼ばれていたんだ」と言っていました。
『鬼才』か『奇才』か、はたまた『奇祭』か確認するのを忘れました。

奇人
ツギオミカドヤモリ
 

本来の給餌予定日の本日が私の仕事上給餌できなかったため、昨日トゲオアガマ給餌日となりました。
一日しか間が空いていないせいか、前回ほどの熱狂はなかったです。

が、一昨日給餌日であったイグアナがおこぼれを欲しがりやってきました。
肩にしがみついてきたのでつい笑顔がこぼれ、小松菜をひとかけらだけあげました。

クレクレ
グリーンイグアナ
 

ちなみに、イグアナは専用の温室もあるものの出入り自由で、半ば放し飼いになっています。
もう少し暖かい気候になってから放し飼いにしようと思っていたのですが、
以前手の上で給餌している時に好奇心から食餌後に室内を走り回るようになってしまいました。
それならいっそ放し飼いに適するように外と中とを繋ぐコルク棒を付けたりして体裁を整えました。
放し飼いの体裁を整えてからは、
食餌後ちゃんと自分の温室に戻ってバスキングしたりプレートヒーターで腹を温めたりするので、 
まあ様子を見ています。

イグアナケージ 
ガラス面は、鼻から吹き出す塩水によって汚れてしまっています。
掃除しなくてはいけません。
 
食餌の後も含む、バスキングは重要です。
彼らは自分の体が必要な時に温まりに行って、代謝を上げて活動、あるいは消化などします。
トゲオアガマのケージのバスキングおよび一番温度が低いところの温度をそれぞれ測ってみました。

トーマストゲオアガマケージ
(使用バスキングランプ150W、ケージサイズ120cm)
バスキングスポット直下:65度
一番温度が低いところ:31度
トーマストゲオアガマケージ 

他アガマケージ
(エジプトトゲオアガマ2匹、ゲイリートゲオアガマ2匹、サバクトゲオアガマ1匹)

(使用バスキングランプ150W、ケージサイズ120cm)
バスキングスポット直下:68度
一番温度が低いところ:32度
(写っているのはエジプトトゲオアガマです)
トゲオアガマケージ
 

しかし一番大切なのは、そこに表示される温度ではなく、個体が
バスキングスポットで温まる→活動→また温まりに来る
というサイクルで動けていることです。
また、低いところの温度が適切に低くないと、
ずっと体が過剰に温まっていることになり今度は衰弱してしまいます。
温度が高いところから低いところまで存在することを、「温度勾配がある」といいます。

時に颯爽と
(トーマストゲオアガマ)
トーマストゲオアガマ

時に愛らしく
(ゲイリートゲオアガマ)
トゲオアガマ


ゲイリートゲオアガマ

時に険しく
(キタアオジタトカゲ)
キタアオジタトカゲ

 
時にこっそりと
(ヒョウモントカゲモドキ)
ヒョウモントカゲモドキ
 

今日、入院中の小さいトーマストゲオアガマが亡くなったと日中獣医さんから連絡がありました。
午前中、様子を見に行ったら既に亡くなっていたそうです。
一応レントゲンを撮ってみたら、砂の塊のようなものはそのまま全く動いていなかったらしく。
「トゲオアガマで元々強いはずだから、もう少し大丈夫かと思っていたんですが・・・」と言われました。
昨日行けなかった都合上、2月20日にヘルマンリクガメの退院迎えに行きますので、
その時に一緒に引き取ってくる予定です。

床材の誤食をして、腸閉塞になってそのまま誤食した物が動かず
全身状態が悪くなり死んでしまったのでしょう。
植物の種という写り方ではなく、ソイルが崩れたようなものが写っていました。
体の大きな個体であればそのまま腸管を通過できるはずが、
腸管も細く通過できなかったのだと思われます。
一応、使用していた水草用の土(アクアソイルと呼ばれるようです)の写真をアップロードしておきます。
mini_IMG_0712

これが土の粒です。
mini_IMG_0710

粒にスプーンを当てて潰してみました。
粉々になっている部分とそうでなく大きく残っている部分が混在しています。
mini_IMG_0711

トゲオアガマは、基本的には金属トレイに入れたもので給餌しているのですが、
それ以外にも床に落ちている干からびた葉野菜や種を舌で口元へ手繰るように食べるのをよく見ます。
そういったタイミングで口の中に床材が入ってしまうのでしょう。
以前「トゲオアガマ、床材について一考」という記事の中でご紹介した
「UROMASTYX」という本の著者は砂を使用していると書いていました。
一方で、鳥の種でうまく育てているブリーダー達もいるとありました。
小さい個体は誤食した場合のダメージが大きいので、
誤食しても全く問題にならない床材を使用しているのでしょう。
ちなみにショップ店員さんには
「床のガラス面が露出しにくく、四肢の変形を来しにくいから」とアクアソイルを勧められましたが、
この本の中では特に議論されていません。


現在、鳥の餌用タネを取り寄せ中ですので、届き次第トゲオアガマたちの床材を総入れ替えします。
元気にいて欲しいです。
mini_IMG_0713 
 

小さいトーマストゲオアガマが入院になりました。
昨日まではかろうじてプレートヒーターの上にいたのですが、今日はプレートヒーターから離れたシェルターの中に隠れていました。
獣医さんから、「温まって代謝を上げて何とかしようとしているうちはいいけれど、寒いところを好むようになったら危険だから連れてくるように」と言われていたので、獣医さんに連れて行きました。
トゲオアガマは尾の根元の厚みで栄養状態を判定するらしいのですが、尾が薄くなってきてしまっているらしく、元の体のサイズも小さくてこのままでは危険なため入院となりました。
レントゲン写真では小さい何かのかたまりは腸管の中で移動しておらず、腸管の動きも落ちてきてしまっているようだと言われました。
何かが腸管に詰まって具合が悪くなったのか、環境が合わなかったのかはわかりません。
夜間の温度も、お店で無加温だったのが自宅で暖かくしたりすると調子を崩すことがあると言われました。

入院して、補液、消化管蠕動促進剤、電解質補正、肝臓保護剤の投与などいろいろしてくれるようです。

小っちゃい僕、元気になってほしいです。
あんなに小さいのに、いなくなるとケージがどうしようもなく閑散として見えます。
トーマストゲオアガマ

トゲオアガマの床材については、ショップの店員さんに「水草用土」と「鳥用タネ」をそれぞれ勧められたことがあります。
が、実際のところどうなのでしょう?
下記書籍を参考にしてまとめてみました。

Uromastyx (Complete Herp Care)
John F. Taylor
TFH Publications, Inc.
2012-12-01


まず、順番に使っていろいろ試してみるとよいそうです。
では、一番目の床材で「人工芝」あるいは「カーペット」です。
カーペットをケージに使おうとする人がいることにも驚きましたが。人工芝は彼らの穴を掘りたがる性質に一致しておらず、カーペットは手が繊維に絡まってちぎれてしまったり、首が絡まって死んだりするのであまりお勧めできません。
次に「園芸用土」です。これは、人工肥料が含まれていたり、保温性が低く保湿性が高いことからお勧めできません。(ただの土ならともかく、わざわざ園芸用のものを買ってきて使う人などいるのでしょうか。) 
次が「牧草ペレット」です。これは誤飲による影響もなく、むしろ栄養豊かですが、見た目が自然でない、排泄物を吸収した後の処理が大変などといったことが挙げられます。ので勧められません。
そして、「新聞」です。
新聞を短冊状に切ったものは以前から爬虫類業界では安心のクオリティです。
誤飲しにくい、あるいはしても問題にならないという利点もあります。
しかし、トゲオアガマでは掘りたがる性質に適さないことや インクが生体に影響を及ぼす可能性があるのでやはり勧められません。
そして次は「鳥用タネ」です。 これは、一部ブリーダーの間でも評判がよいそうです。
最後に著者本人が最も勧めるのが「砂」です。重いのが難点ですが、細かいタイプを選べば誤飲による腸閉塞も起こしません。爬虫類用である必要もなく、子供の砂場用の砂でよいと書いてあります。

現在は、水草用土と鳥用タネの混ざった床材のケージと、水草用土の床材のケージとあります。次に試すべきは砂ですかね。 

トゲオアガマはなぜか舌をヘビか何かのようにちょろちょろ出して床材を舐めながら歩いていることがあります。
グリーンイグアナでも同じような現象をよく見ます。
トゲオアガマの場合、ちょろちょろ口の中に入っていくこれが土だったりすると、ものによっては腸閉塞を起こしてしまうようです。
非常に可愛い仕草ですが、どうしたものか悩みます。 

このページのトップヘ