とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: アオジタトカゲ

昨日グリーンパイソンの多頭飼育への憧れを記事にしたところ、
コメント欄にて多頭飼育の困難さを改めて指摘していただきました。

そういえば・・・アオジタトカゲもこんなことがあったなと思い出しました。

大人しいキタアオジタトカゲのケージに新しくアンボンアオジタトカゲを入れたところ、
キタアオジタトカゲがアンボンアオジタトカゲに咬まれてしまいました。
急いで引き離して、キタアオジタトカゲに問題がないことを確認しました。

彼らは歯が発達していないので、「咬む」というより「挟む」という感じなのですが、
カタツムリの殻を容易に噛み砕くその強靭な顎、
私も何度か咬まれて非常に痛かったです。

振り返ってみて、問題点をいくつかあげてみます。

その1:
 アオジタトカゲは異種に関しては無関心ですが、
 同種に対しては激しい敵対心を示すという傾向を理解していませんでした。

その2:
 CBのキタアオジタトカゲとWCのアンボンアオジタトカゲを
 一緒に飼育しようとしました。
 WCが不顕性に持っている病原体がCBに伝染して、
 問題になる可能性があります。

その3:
 アンボンアオジタトカゲの検疫期間が不十分でした。
 3か月程度設けるべきところを数週間で投入してしまいました。
 
アオジタトカゲの場合はその1が最も問題だったと思われます。

どのみち、グリーンパイソンも多頭飼育できるまでにはまだかなりの時間が必要ですから、
情報収集、検討をじっくり行っていこうと思います。

 2013年8月頃、家へ迎えたばかりのキタアオジタトカゲです
家に来た当初のキタアオジタトカゲ、全体像

2013年3月頃、アンボンアオジタトカゲが来た当初です
アンボンアオジタトカゲ、珍しく写真に納まる

サイズ的に困難だったため多頭飼育の対象にはなりませんでしたが、
ベビーサイズのキメラアオジタトカゲもいました 
キメラアオジタトカゲ

アンボンアオジタトカゲ、登場。

今までも何回か登場しているのに、「登場」とはこれ如何に。
数週間前にアンボンアオジタ用のケージを準備してやったのですが、
目撃頻度は1週間に1回程度。
その1回も、目が合うと凄まじい怒りの噴気音と共に消え去るため
なかなか写真を撮ることはできず。 

今日、久々に写真に納まってくれました。
アンボンアオジタトカゲ、珍しく写真に納まる

段々遠くなってゆく
この後噴気音と共に消え去りました。
段々遠くなってゆくアンボンアオジタトカゲ


ケージの床材として使用しているのは水苔です。
よく、潜りたがる種の床材はヤシガラと書かれているのを見ますが
(またショップでもそのようにキープされているのを見ますが)、
アオジタトカゲはしばしばヤシガラから発生する粉塵でくしゃみをしているのを見ます。
バークチップも粉塵が結構出ますね。

くしゃみが頻繁に出るような環境で飼われていることが到底個体によいとは思えず、
獣医さんに相談したところ、水苔を勧められました。 
水苔を床材に使用するなんてことはどの本にも載っていないけれど・・・
と言いつつ説明してくれました。 

まず、園芸用の圧縮水苔を準備します。
安くて済みます。
これをほぐしてケージ全体にふかふかにひきます。

ここから、例えば90cmケージなら、端の30cmは乾燥・温暖ゾーンにします。
この部分にはプレートヒーターなどを引きます。
そして真ん中30cmは乾燥・通常温度ゾーンにします。
さらに反対側の端30cmは湿潤・通常温度ゾーンにします。
この部分には水苔の湿り具合を手で確認しながら毎日霧吹きをします。
最後に真ん中のゾーンに水皿を置いて出来上がりです。
こうすることにより、自分で温度も湿度も自由に選べて、
特に冬の過乾燥によるダメージなどを防げる環境が出来上がります。

キタアオジタは冬の入り口辺りで調子を崩してしまったのですが、
この床材・ケージスタイルにしてから調子もよさそうです。 
「キタアオジタは湿度は関係ない、っていうけれども日本の冬は乾燥し過ぎだから」
と獣医さんに言われました。
キメラアオジタ、アンボンアオジタはキタアオジタよりも湿度を好むとよくいろんな本にありますが、
彼らも状態よく飼えています。

昨日ラップを誤食したイグアナは、餌欲しさに机の上の花瓶の中の葉を引っ張って倒したり、
今のところ問題なさそうです。 

爬虫類を飼っていると、当たり前ですが飼っていない時よりも大変なことが増えます。
まず、獣医さんのお世話になることが多いです。

小っちゃいトーマストゲオアガマは変わらず調子はいまいちなようですし。
トーマストゲオアガマ

グールドモニターは全部で19本の指が取れてしまいましたし。 
(本日はペットシーツの下に隠れていたので写真はお休みです。)

フトアゴヒゲトカゲも、以前下痢と体調不良で蟯虫・コクシジウムの駆虫をしていますし。
フトアゴヒゲトカゲ
 
キタアオジタトカゲも 以前食思不振で飼育環境の指導を受けていますし。
キタアオジタトカゲ
それでも、こんな強い眼差しの輝きを目の当たりにできるのは飼育者ならではです。 

ミズガメも飼っています。
クサガメ・スジクビヒメニオイガメの水槽と、ダイヤモンドバックテラピンの水槽があります。
彼らの水替えもほぼ毎日しているので大変です。
クサガメ
 
クサガメ
 しかし、餌をねだる手足をばたつかせる動きはたまらなく愛らしいもので、こんな動きを堪能できるのも飼育者ならではです。


キタアオジタトカゲ
アオジタトカゲは、好き嫌いが分かれるトカゲであるとよく雑誌などには書かれています。
「スキンク科」と言われる種族に属していますが、彼らはよく言えばツヤツヤ、悪く言えばヌメヌメして見えます。
眼光もやたら鋭いです。
ヘビが嫌いな人はあまり好きではないかもしれません。
日本の草むらの日向で見かける、銀色~青銅色のピカピカしたトカゲもスキンク科です。
私の父は、
「小さい頃大きいお祖父さんお祖母さんの田舎を訪ねると、道端にアオダイショウがいたりした。
怖くて怖くて、一歩一歩後ろに下がっていって、ヘビの姿が見えなくなると本当にほっとした。
田んぼのあぜのところにもいて、カエルが襲われたりしているのを見ると心底怖かった。
トカゲも、日向のところで妙にピカピカ光っていたりして、僕が見かけると同時に向こうも察して、さっと草むらの中に消えていくそんな姿が怖かった。
それが原風景になっていて、今でも爬虫類がとても怖いし苦手だ。」
という話をしていました。 
爬虫類が好きでない人には全く受けない、そして爬虫類好きの中でも好きな人は一群に過ぎない仲間たち、それがアオジタトカゲです。
「ツチノコ」みたい、という話もあります。
まあ誰も本物の確証のあるツチノコは見たことがないのでみんなの想像するツチノコに過ぎないのですが。
では、ツチノコはアオジタトカゲなのでしょうか。
ツチノコが頻繁に目撃されたのは1960年代で、アオジタトカゲが輸入されるようになったのはここ十数年の話ですから、飼育されていたアオジタトカゲが逃げ出して目撃されてツチノコと称された、というには残念ながら時代が違います。
では、あらためて私の飼っているアオジタトカゲたちをご紹介していきたいと思います。

以下、キタアオジタトカゲです。 
最も環境適応能力が高く、またアオジタトカゲの中でも最大の体長になるため多く販売・飼育されています。
キタアオジタトカゲ
申し訳程度の前肢がついているのがおわかりいただけるでしょうか。

アオジタトカゲの名前の由来になった、青い舌を出し入れして様子を窺っています。
顔だけ見ていると実にヘビのようです。
キタアオジタトカゲ・舌
手前にあるのはスプーンです。
スプーンを見せると怒って口を開けて威嚇してくるのが一般らしいのですが、彼はむしろ興味津々です。

ジロジロ
キタアオジタトカゲ

ベロー
キタアオジタトカゲ・舌=

次は、黒い四肢、黒いバンドの入った尾、頭の模様の乏しさが妙に「江頭2:50」を彷彿とさせるアンボンアオジタトカゲです。
アンボンアオジタトカゲ

アンボンアオジタトカゲ


顔はキタアオジタトカゲに比べ少し優しげに見えますが、実際は性格的に荒くケースの中を覗き込んだだけで「シューシュー」という威嚇の噴気音を出してきます。
また、以前キタアオジタトカゲと同じケージに入れたら、アンボンアオジタがキタアオジタに噛み付くという事件も発生しました。

次は、キメラアオジタトカゲです。
キメラアオジタトカゲ
アンボンアオジタ以上に神経質で、こっそり撮影するのに苦労しました。
一般的にも「キメラは荒い」と言われているようです。
まだ全長10cm程度の幼体なので体に帯状の模様が入っていますが大人になるにつれ段々と模様は薄くなっていきます。
薄くなる程度は個体差があります。
色は一般的に「シルバー系」と「ゴールド系」に分かれ、この個体はゴールド系です。
話が逸れますが、フロリダで毎年開催される爬虫類エキスポでは、「キメラおばちゃん」なるブリーダーが存在し、その人のブースで売られているキメラアオジタはやたら高いのだそうです。
が、高いのには理由があり、成長すると完全に模様が消え、完全なゴールドになるのだそうです。
我が家の個体もどんな風に育つのか、楽しみであります。
 

このページのトップヘ