とげ男の毎日

トゲオアガマ好きの爬虫類日記です。

カテゴリ: クサガメ

私が飼っているミズガメはダイヤモンドバックテラピン、クサガメ、スジクビヒメニオイガメです。
クサガメ、スジクビヒメニオイガメを混泳させている水槽はクサガメの分泌物により
3日程度で全体的に茶色いものが付着し、また怪しい臭いがしてきます。
水槽洗いの後は必ず手も怪しい臭いになり、数時間続きます。

昨日、ミズガメたちの水槽の水替え・水槽洗いをしていました。
水はミズガメたちの飲み水であり、皮膚に触れる生活の場そのものであり、
また排泄をする場でもあります。
週に2回のペースで水替えをしており、水替え中は、タッパーケースの中で待っててもらいます。

昨日水替え中に突如タッパーケースの置いてある私の背後から強烈な臭いがしてきました。
クサガメ臭、というより掃除のされていない公衆トイレのような臭いです。
覗いてみると、タッパーケースの中は黄色に変色して水浸しになっていました。
どうやら誰かが排尿したようです。


タッパーケースの中で誰かカメが排尿したようだ


誰なのでしょう、強烈に臭います。

が、そんな日に限って水槽はまだ水が温まっておらず、
なかなか彼らを移し替えることができません。
水が早く温まることを祈りました。

(掃除前ですが)クサガメの卍寝です。
カメは寛いで眠るとき、四肢を卍の形のようにすることがあり、
これを卍寝といいます。
茶色い分泌物で、水槽内のディスプレイが変色しているのがおわかりいただけるかと思います。
水替えの時にはスポンジや古歯ブラシを使って茶色い部分を落とします。
クサガメの卍寝


(これも掃除前ですが)意気揚々。
クサガメ意気揚々

ゼニガメことクサガメは、ふらりと立ち寄ったペットショップで購入しました。
キール (背中の甲羅の盛り上がりのことです) の色が他の個体と比べて赤っぽく抜けており、
綺麗だなと思ったからです。
しかし、お店の人には縁甲板 (甲羅のふちの部分です) を他の個体に齧られてしまっているので、
売り物にはしていないと言われました。
それでも、「具合が悪くなっても文句を言わない、可愛がる」的なことを主張して粘ったら、
他の個体の定価800円のところを500円でようやく譲ってもらえました。

ものおもいにふける
(クサガメ)
ものおもいにふけるクサガメ



実際、何ら健康上の問題は今までになく成長も爆発的な勢いで、
購入後3か月程度でほぼ同じ甲長で購入したスジクビヒメニオイガメの1.5倍サイズまで成長しました。

お気に入りのシェルターの下で
(スジクビヒメニオイガメ)
スジクビヒメニオイガメ、お気に入りのシェルターの下で


とにかく食欲がはげしいのです。
餌は一日一回、たまに二回あげていますが、絶対に食べ残しません。
一緒の水槽で飼っているスジクビヒメニオイガメは数粒食べて満足すると自分のシェルターに戻りますが、
クサガメは食べ尽くすまで水槽内をウロウロと泳ぎ回ります。
一回に食べる量はスジクビヒメニオイの5倍以上でしょうか。

ビュン
首が素早く動いているクサガメ

モガー
口を開けるクサガメ



それ以外のタイミングでも、食後のバスキング以外の時間は
終始ウロウロと動き回っていて、動く量もスジクビヒメニオイの5倍といった印象です。

そして、ぱっと一目惚れで買ったのですが、じっくり見ると
・しっかり高さのあるキール
・顔の細かな模様
・活発
など魅力的な点がたくさんあると改めて思います。

キールは老成過程において徐々に消失してしまうようですが、
ネットで画像検索をして見ると老成した個体もとても魅力的です。
黒化したオスも巨頭化したメスも、どちらもよいと思います。 

爬虫類を飼っていると、当たり前ですが飼っていない時よりも大変なことが増えます。
まず、獣医さんのお世話になることが多いです。

小っちゃいトーマストゲオアガマは変わらず調子はいまいちなようですし。
トーマストゲオアガマ

グールドモニターは全部で19本の指が取れてしまいましたし。 
(本日はペットシーツの下に隠れていたので写真はお休みです。)

フトアゴヒゲトカゲも、以前下痢と体調不良で蟯虫・コクシジウムの駆虫をしていますし。
フトアゴヒゲトカゲ
 
キタアオジタトカゲも 以前食思不振で飼育環境の指導を受けていますし。
キタアオジタトカゲ
それでも、こんな強い眼差しの輝きを目の当たりにできるのは飼育者ならではです。 

ミズガメも飼っています。
クサガメ・スジクビヒメニオイガメの水槽と、ダイヤモンドバックテラピンの水槽があります。
彼らの水替えもほぼ毎日しているので大変です。
クサガメ
 
クサガメ
 しかし、餌をねだる手足をばたつかせる動きはたまらなく愛らしいもので、こんな動きを堪能できるのも飼育者ならではです。

このページのトップヘ